Ns spirit 投資学・経営学研究室

経営学(経営戦略・ファイナンス・管理会計)、ロジカルシンキング、英語、キャリア、など、管理人のこれまでの経験に基づいて、ビジネスパーソン向けの記事を発信。

ロジカルシンキングを鍛える

【徹底解説】TOC制約理論とは、CCPMとは、ボトルネックに着目した問題解決

目次 TOCとは プロセスにおける制約(ボトルネック) TOCを適用するプロセス マルチタスクの排除 TOCで使うCRTとFRTという概念 CCPM(クリティカル・チェーン・プロジェクト・マネジメント) CCPMにおける工程表作成手順 CCPMのメリット まとめ TOCとは TOC…

【5分でわかる】8Dレポートとは 製品不具合で使われる問題解決手法

問題解決には、様々な手法があります。その代表例としてあげらるのは、ロジカルシンキングのカテゴリーでも紹介しているシックスシグマや、問題解決4つのステップです。 【5分でわかる】シックスシグマとは 5つの分析プロセスを解説 【5分でわかる】問題解…

【5分でわかる】シックスシグマとは 5つの分析プロセスを解説

目次 シックスシグマとは シックスシグマの由来 シックスシグマの原則 5つの分析プロセスDMAIC シックスシグマの資格 シックスシグマの注意点 シックスシグマとは シックスシグマとは、企業活動で発生するばらつきをおさえて、経営品質の改善を図るための経…

【5分でわかる】効率的な会議 運営・進め方 11のポイントを解説

効率的な会議の進め方 会議の効率で困っているビジネスパーソンは大変多いです。 「会議がいつも時間どおりに終わらない」 「会議ばかりで、自分の時間を作れない」 「会議をやったけど、何も決まらなかった」 「会議で決めたことが、いつの間にか無かったこ…

メール文書の作り方 ロジカルシンキングを活用してメールを作成する

ロジカルシンキングをメール文書に活用する 電子メールは、気軽に発信できるので、ついつい内容を軽視しがちです。しかし、ビジネスのメールを送る場合は、筋道だった報告はもちろん、読み手が速やかに理解・行動できるものでなければなりません。ここでは、…

【これでわかる】パレート図の作り方 エクセルを使ったパレート図の作成方法 

パレート図の作り方 ここでは、原因分析でよく用いられるパレート図の作り方を紹介します。(パレート図の解説はパレート分析 を参照ください。) www.nsspirt-cashf2.com 数値を計算する まず、グラフ作成の前に手元のデータを加工する必要があります。はじ…

【これでわかる】ウォーターフォールチャート(滝チャート)とは エクセルでの作り方

ウォーターフォールチャートの作り方 差異分析でよく使われるウォーターフォールチャートの作り方を紹介します。(ウォーターフォールチャートの使い方例はファクター分析を参照ください。) www.nsspirt-cashf2.com 数値を入力する 数値入力で重要なのは、…

【2分でわかる】チャート・グラフ作成テクニック 3つの工夫

チャート作成テクニック前のページで適切なチャート・グラフの選び方と5つのチャートについて説明しましたが、ここでは、チャートを見やすくするためのテクニックの一例を紹介します。 www.nsspirt-cashf2.com 1.矢印や図形などで補足をする 矢印や図形を…

【徹底解説】適切なチャート・グラフの選び方 5つのチャートと活用方法

適切なチャートの選び方 プレゼン資料や報告書を見やすく仕上げる上で重要となってくるのがチャート(表やグラフ)です。 特に、数字の変化や大きさを視覚的に説明できるグラフをうまく使えると、大変わかりやすい資料にすることができます。逆に、適切なグ…

【徹底解説】わかりやすいプレゼン資料の構成・作り方 8つのステップで完全解説!

わかりやすいプレゼンテーション資料の作り方 ビジネスの場面でプレゼンテーションを見る機会は、非常に多いのですが、残念ながらわかりにくいプレゼンテーションや、興味のもてないプレゼンテーションに出会うことも少なくありません。 プレゼンテーション…

【詳細解説】わかりやすい報告書の作り方 6つのポイント 簡易報告に向くYWTとは

報告書で悩んでいる人は多い ビジネスパーソンの困りごとの中で、報告書をうまく書けないという困りごとは多いです。 実際に、 「報告書がうまくまとまらない」 「報告書が分かりにくいと言われる」 「書いた報告書をいつも真っ赤にされて返される」 などは…

【3分でわかる】説得力を高めるために必要な2つのこと 課題の答えと根拠

他人を説得できない悩み 仕事を進めていく上で、欠かせないのが、他人を説得するということです。 ・上司に自分の仕事の進め方を承認してもらう ・部下や同僚に難しい仕事をやってもらう ・他部署に人員の協力をしてもらう ・質問に対する答えに納得してもら…

【5分でわかる】交渉に必要な4つのプロセス BATNAとは、ZOPAとは

交渉のプロセス ここでは交渉をする際のプロセス・フレームワーク、「交渉に必要な4つのプロセス」、「交渉結果5つのオプション」、「BATNAとZOPA」について解説します。 1.準備 2.雰囲気作り 3.条件のすり合わせ 4.クロージング 交渉結果 5つのオプ…

フレームワーク思考の応用例 報告書とアンケートの事例

事例1 報告書に生かす 次の2つの報告書の構成を見てみます。 ■報告書1 A事業への新規参入について ・当社には既存技術がA事業で応用可能である ・A事業に対する市場の成熟度は低く、成長性がある。 ・同業他社はA事業に参入していないため、 当社が参入すれ…

ROAツリー 売上高の分解 経営指標に適用するロジックツリーの事例

ロジックツリーを使った経営指標の分解例として、ROAツリーと売上高分解を紹介します。 1.ROAツリー ROAツリーとは、総資本利益率(ROA)をツリー上に分解するもので、ロジックツリーの例としてよく用いられます。ROAを向上させたい場合、このROAツリーを…

統計の基礎的手法 必要サンプル数とグラフ化する際の階級

統計の基礎的手法 ここでは、統計の基礎的手法である、サンプル数の取り方と統計データの階級の取り方を紹介します。 サンプルの取り方 ある集団の傾向を掴む場合、その集団の数があまりに膨大な場合、すべてを調査することは効率的ではありません。そこで、…

【徹底解説】4つの分析手法と可視化方法 ファクター・マトリックス・パレート・感度分析

4つの分析・可視化方法を紹介 このサイトでは、様々なロジックツリーやシックスシグマなど、さまざまな分析手法を紹介していますが、分析の方法は、さらに細かく分けていくと、様々なものがあります。さらに、最終的にはそれらを報告の聞き手が見やすい形に…

【5分でわかる】相関係数・回帰分析とは 複数事象の相関がわかる定量分析手法

相関係数・回帰分析 2つ以上の変数の相関をみる指標に、相関係数があります。また、それをグラフで表現する方法として、回帰分析があります。 相関係数 相関係数とは、2つの変数の相関関係を示す指標です。相関係数は必ず-1~1の範囲に収まり、0.7以上あれば…

【5分でわかる】問題解決手法 4つのプロセス 解決方法を解説

問題解決手法 問題解決とは、文字通り問題を解決することをいいます。 問題解決の方法には、大きく分けて次の4つステップがあります。 目次 1.問題の設定 2.問題の特定 3.原因追求 4.解決策の立案 全体を通して その他の問題解決法 いずれのステップ…

【5分でわかる】仮説思考とは 要約解説 よい仮説の条件・作り方

目次 仮説思考とは よい仮説の条件 よい仮説の作り方 仮説ができたらピラミッドストラクチャーを活用 仮説は8割程度実証できれば合格点 集めたファクトは組織の力になる 仮説思考とは 仮説思考とは、ある論点に対して、その時点で考えられる仮説(仮の答え)…

フレームワーク思考 ロジカルに考えるための思考法

フレームワークとは フレームワークとは、文字通り枠組みのことです。ここでは考える枠組みとなります。フレームワークは、通常MECEに分類された枠組みになっていて、様々な問題を考えるときの切り口となる役目を果たします。 フレームワークを用いることに…

【徹底解説】ロジックツリーとは 作成方法 5つのステップと事例

ロジックツリーとは ロジックツリーとは、文字どおり論理を構成するツリー上のものです。ロジックツリーは、表層に見えている問題から、真の問題を発見する上で、大変役に立ちます。 目次 ロジックツリーの例 ロジックツリーのメリット ロジックツリー作成方…

【徹底解説】ピラミッドストラクチャーとは 作成方法 5つのステップと注意点

ピラミッドストラクチャーとは ピラミッドストラクチャーとは、主張とその根拠の構造のことで、通常は主張を頂点として根拠がピラミッド上に配置されるためピラミッドと呼ばれます。ピラミッドストラクチャーの構成要素はMECE であることが基本です。 www.ns…

【3分でわかる】MECE(ミッシー)とは ロジカルシンキングの基本 解説と例

MECEとは MECEとはモレなくダブりがないという意味の英語(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)の頭文字をとったものです(直訳すると「相互に排他的で共同して徹底的である」という感じでしょうか?)。例えば、人間を男と女で分けるとMECEに…

【5分でわかる】論理展開のパターン 演繹法とは 帰納法とは 活用例

目次 論理展開のパターン 演繹法 演繹法を用いる際の罠 演繹法の図式化 隠れた前提、飛躍した論理に注意 論理展開のパターン 帰納法 帰納法を用いる際の罠 帰納法の図式化 論理展開のパターン 演繹法 演繹法とは、一般論やルールに観察事項を加えて、必然的…

ロジカルシンキング 4つの思考スタンス・心がけとは

ロジカルシンキングの基本思考 ロジカルシンキングは、学問上の理論とは異なり、課題の設定から実行可能な対応策の考案、そして実際の行動の管理までの一連のプロセスを経て成果を上げていくのに必要なものです。 現代のように過去の理論や経験が通じないこ…

本の紹介 ロジカルシンキング・戦略思考に おすすめ6冊を一挙紹介

ロジカルシンキング・論理思考でおすすめの6冊を紹介します。 まず始めに紹介するのが、こちら「ロジカル・ライティング-論理的にわかりやすく書くスキル」です。この本は、その名のとおりロジカルな文章を書くための基本スキル・思考法をまとめたものです。…