Ns spirit 投資学・経営学研究室

経営学(経営戦略・ファイナンス・管理会計)、ロジカルシンキング、英語、キャリア、など、管理人のこれまでの経験に基づいて、ビジネスパーソン向けの記事を発信。

国際貿易の基礎を知る

スリーウェイマッチング(3 Way Matching)とは 国際取引における3点確認方式

スリーウェイマッチングとは、その方法 スリーウェイマッチングとは、仕入先からの請求書が正確であることを保証するための手順で、購買プロセスにおける3つの重要な文書(PO(注文書)、納品書、Invoice(請求書)の3点が一致していることを確認することを…

DDPとは 売り手が買い手に届くまでの全ての輸送リスクを負う取引

国際貿易の基礎となる取引条件用語を紹介します。本日はDDPです。 DDPとはDDPとは、Delivered Duty Unpaidの略で、輸送中にかかる船積み費用、輸出入関税、保険など全ての費用と、全てのリスクを売り手が引き受ける取引のことです。運送業者を通じての輸送も…

ロイヤリティとは 国外子会社に対する技術供与への対価

ロイヤリティとは 企業の国際取引を拡大する際の移転価格の重要性を前のページに書きましたが、子会社で物を生産したり、販売したりする際に親会社から技術供与をする場合はロイヤリティという形で回収するケースもあります。 参考ページ www.nsspirt-cashf2…

移転価格税制とは グループ会社間の国際取引で配慮すべき税制度

移転価格(Transfer Pricing, TP)とは、同一企業グループ内における取引価格のことです。この移転価格は税務面で大変重要な価格になります。 移転価格の例 X社のA国、B国間での取引を考えてみます。通常、図1のような取引をしていたとします。次に図2のよう…

輸入関税 HSコードとは 国際取引における品目分類 関税率の例

製品の輸入関税を決める際にHSコードというものが用いられます。 HSコードとは、「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)に関する国際条約(HS条約)」に基づいて決められた商品分類を示す番号の…

FOBとは 売り手が本船で貨物を渡すまでの費用を負担する取引

国際貿易の基礎となる取引条件用語を紹介していきます。次はFOBです。 FOBとは FOBとは、輸送中に破損または破壊された商品に対して買い手が責任を負う取引になります。「FOB出荷地」とは、売り手が商品を出荷すると、買い手がその危険負担をすることを意味…

CIFとは 売り手が仕向地の港までの費用を負担する取引

国際貿易の基礎となる取引条件用語を紹介していきます。まずはCIFです。 CIFとは CIF(Cost, Insurance, Freight)とは、インコタームズと呼ばれる13の国際商業用語のうちの1つです。インコタームズとは、1936年に国際商工会議所(International Chamber of …