Ns spirit 投資学・経営学研究室

経営学(経営戦略・ファイナンス・管理会計)、ロジカルシンキング、英語、キャリア、など、管理人のこれまでの経験に基づいて、ビジネスパーソン向けの記事を発信。

経営戦略の基礎を学ぶ

【5分でわかる】ポーターのダイヤモンドモデル とは 国の競争優位に関する理論

ポーターのダイヤモンドモデルとは ポーターのダイヤモンドモデルとは、特定の国において、ある産業では競争優位を持てても、他の産業では競争優位を持てないということを説明したモデルです。あるいは、ある国では特定の産業でしかイノベーションが起きず、…

KSFの例 KSF:Key Success Factor 事業の重要成功要因

KSFの例 ここでは、ビジネスで成功するための要因(KSF:Key Success Factor)の例をバリューチェーンの一例に沿って紹介します。 KSFとなる要素 業界 調達 石油 研究開発 (基礎研究、設計技術) 医薬品、航空機、精密機器 生産 (設備規模、製造技術) 鉄…

【解説】競合分析フレームワーク 手法 項目

競合分析フレームワーク3C分析のひとつ競合分析について、手法、フレームワークの一例を紹介します。ここでの紹介例では、次のプロセスに沿って、競合分析の例を紹介します。 1.競合の定義 2.競合プロフィールの整理 3.自社との比較 1.競合の定義 競…

製品市場戦略(PMS)とは 戦略策定の5つのステップ 解説

製品市場戦略(PMS)とは 製品市場戦略とは、戦略対象を製品と顧客の2軸に分けて、戦略立案するためのツールです。製品市場戦略は、いかなる製品・サービスの戦略立案にも対応できる汎用性の高いフレームワークです。 PMSは以下の5つのステップに沿って策定…

【解説】事業環境分析のプロセス 活用できるフレームワークの紹介

環境分析のプロセス 企業の戦略を立案する上で、企業のおかれている環境を分析することは大変重要です。ここでは、代表的なフレームワークを用いた、企業の環境分析プロセスの例を紹介します。 ※代表的な環境分析の流れ 外部環境分析 ■マクロ環境の分析 マク…

【徹底解説】デルタモデルとは 企業戦略、事業戦略を構築するためのフレームワーク

デルタモデルとは デルタモデルとは、アーノルド C.ハックスと、ディーン L.ワイルド2世が考え出した企業戦略、事業戦略を構築するためのフレームワークです。 デルタモデルは、業界構造と競争ポジションから戦略構築を考えたポーターの戦略論(5つの力、バ…

【5分でわかる】7ドメインズ 新規事業成功における重要要素・条件

7ドメインズ ビジネスロードテストとは、ジョン・W・ムリンズによって書かれた新規事業成功において重要となる7つの要素から構成されるフレームワーク(7つの成功条件モデル)を紹介した書籍です。(英語では、このフレームワークをSeven Domainsと呼んでい…

【3分でわかる】PDCAサイクル 計画、実行、点検、是正のサイクル

PDCAサイクル PDCAサイクルとは、計画(Plan)から実行(Do)に移し、点検(Check)を行い、是正(Action)する、そしてまた計画(Plan)に落とし込むといった一連のサイクルのことを言います。 経営レベルから現場レベルまで、あらゆる場面において使われる…

SWOT分析とは 強み、弱み×機会、脅威の分析

SWOT分析 SWOT分析とは、事業戦略立案のためのフレームワークで、環境分析のスタートとなる分析ツールとしてよく使われます。 自社の強み(Strength)、弱み(Weakness)といった内部要因と、市場や顧客獲得の機会(Opportunity)、脅威(Threat)といった外…

【5分でわかる】3C分析とは 市場・競合・自社の分析 活用方法と留意点

3C分析とは 3C分析とは、企業の事業環境分析や企画立案において定番とされている手法です。3C分析では事業全体像を以下の3つの点から分析していきます。 ・自社(Company) ・競合(Competitor) ・市場、顧客(Customer) 3C分析は、市場と競合の分析から導…

【1分でわかる】経験効果とは 習熟により発生するコスト低減

経験効果とは 事業の経済性を考える上で、もうひとつ重要なものに経験効果というものがあります。 経験効果とは、過去から現在に至るまでの累積の経験量からのコスト低下により、経済的な事業運営を可能にすることをいいます。 具体的には、ある事業を長年運…

【徹底解説】事業の経済性分析 範囲の経済、規模の経済、密度の経済

事業の経済性分析 事業の運営において経済性の分析は欠かせません。そして事業の経済性を高めるものとして、主に範囲の経済性、規模の経済性、密度の経済性の3つがあります。 経済効果発揮の前提 これらの3つの経済性ですが、その効果を発揮できる前提条件は…

技術戦略(MOT) MFTフレームワークとは 研究・開発マネジメント

技術戦略(MOT) 限られた資源を有効に使い競争相手との技術競争に打ち勝つためには、研究開発部門任せにはせずに、経営者(たとえ技術に対する知見が少なくても)が積極的に技術をマネジメントしていくことが重要になります。 ここでは、技術戦略立案、技術…

テクノロジー・ライフサイクルとは キャズム理論 新技術浸透プロセス

テクノロジー・ライフサイクルとは テクノロジー・ライフサイクルとは、新たな製品が市場でどのように受け入れられていくかを理解するためのモデルです。テクノロジー・ライフサイクルは、米国ビジネス界のコンサルタント、ジェフリー・ムーアによって考案さ…

PLC(プロダクト・ライフ・サイクル) 製品ライフサイクルに応じた戦略

PLC(プロダクト・ライフ・サイクル) PLCとは、製品のライフサイクルを4つのステージに分けたモデルのことです。それぞれのステージにおける市場成長率と、資金需要、マーケティング戦略の関係は概ね次のようになります。 ■導入期 製品が導入されて、消費者…

PEST分析 マクロ環境分析 政治、経済、社会、技術を分析

PEST分析 PEST分析とは、マクロな外部環境分析をするためのフレームワークです。PESTは、マクロな変動要因である、政治、経済、社会、技術の頭文字を取った造語です。 ・政治(Politics) ・経済(Economics) ・社会(Society)) ・技術(Technology) 通常…

VSPROモデル マネジメントシステムを考える際に有効なフレームワーク

VSPROモデル VSPROモデルとは、マネジメントシステムを考える際に有効なフレームワークで、コンサルティング会社「アーサー・D・リトル」が開発したフレームワークです。VSPROには、マネジメントの構成要素であるビジョン(V)、戦略(S)、プロセス(P)、…

【3分でわかる】7Sとは 7Sからわかること 適用事例

7つのS(7S)とは 「7つのS」とは、マッキンゼーによって提唱されてフレームワークで、次の七つのSを頭文字とした経営資源を表したものです。7つのSは、企業戦略にあった最適な組織運営を考える際に適したフレームワークです。 7つのSのイメージ 優れた企業…

【2分でわかる】リソース・ベースト・ビュー(RBV) 内部資源から競争優位を築く

リソース・ベースト・ビュー(RBV) リソース・ベースト・ビューとは、企業が競争優位を保てるかどうかは、企業の経営資源やケイパビリティ(経営資源を活用できる能力)の開発次第であるとしてバーニーが提唱した戦略論のことです。リソース・ベースト・ビ…

【3分でわかる】サービス・プロフィット・チェーンとは サービスの付加価値源泉

サービス・プロフィット・チェーンとは サービスプロフィットチェーンとは、ハーバード・ビジネススクールのヘスケットらによって提唱されたモデルで、サービス企業における、売上や利益の成長の成果を達成する上で関係する主要な要因の関連性を示したフレー…

【徹底解説】バリューチェーン分析とは スマイルカーブ・再構築例 使い方

バリューチェーン(価値連鎖)分析とは バリューチェーンとは、原材料の段階から最終顧客で消費される段階において、各段階における付加価値(value)の流れのことです。 バリューチェーンは、自社の事業活動の中で、競争優位性の構築に寄与しているのはどの部…

【3分でわかる】 戦略ポジショニング分析 どのようにユニークにするか

戦略ポジショニング分析 戦略ポジショニングとは、その業界におけるそれぞれの企業の立ち位置のことです。通常、各プレーヤーは何らかの領域の軸足を置いていて、その強弱を相対的に示すのが戦略ポジショニングになります。 企業分析や戦略立案において、戦…

【3分でわかる】アドバンテージ・マトリックスとは 事業のタイプ分類

アドバンテージ・マトリックスとは アドバンテージ・マトリックスとは下の図のように、「業界の競争要因の数」と「優位性構築の可能性」によって事業のタイプを4つに分けて分析するものです。 それぞの事業タイプ別に「規模」と「ROA」の関係を描いてその事…

【5分でわかる】5つの力(ファイブフォース)分析とは 業界構造分析 使い方

5つの力(ファイブフォース)分析とは 「5つの力」分析とは、業界に影響する5つの力から、その業界がどういう特徴を持っているか?、どの程度儲かるか?、どの程度投資がかかりそうか?など業界の収益構造や競争におけるキーポイントを判断するためのフレー…

チャレンジャーの逆転戦略 業界NO.1にどのように戦いを挑むか

チャレンジャーの逆転戦略 チャレンジャー企業がリーダー企業と戦う場合に、リーダーと同じ戦略で真っ向からぶつかっていくと、経営資源の少ないチャレンジャー企業は勝てる見込みが少ないのが一般的です。 そこで、チャレンジャーは競争の軸をずらして戦っ…

ブルーオーシャン戦略とは 未開拓な市場で競争なく戦う戦略

ブルーオーシャン戦略 ブルーオーシャン戦略とは、競合と血みどろで戦っている市場(レッドオーシャン)での競争から抜け出し、まだ生まれていない市場(ブルーオーシャン)で戦うための戦略です。ブルーオーシャン戦略は、W・チャン・キムとレネ・モボルニ…

業界地位と戦略 業界内の地位に応じて戦略を考える

業界地位と戦略 マーケティング戦略を考えていく上で、業界地位を考慮しておくことは大変重要です。業界の地位に見合った戦略をとることで、企業の体力の消耗や顧客満足への阻害を防ぐことができるからです。 企業の業界地位は大きく次の4つに分けられます。…

価値基準による戦略類型 企業の内在価値から考える戦略類型

価値基準による戦略類型 価値基準とは、マイケル・トレーシーとフレッド・ウィアセーマが提唱した、成功する企業が顧客に対する価値を創造する方法のことです。 ポーターの事業戦略類型では、差別化、コストリーダーシップ、ニッチへの集中という3つの戦略を…

ポーターの事業戦略類型 競争戦略の方向性

ポーターの事業戦略類型 事業戦略構築の上で基本となる3つの競争戦略を紹介していきます。3つの競争戦略とは、次のものになります。 ・コストーリーダーシップ戦略(コスト競争で勝っていく戦略) ・差別化戦略(差別化で競争相手より優位に立つ戦略) ・集…

【解説】グローバル戦略4つのパターン リーバス・イノベーションとは 組織形態

目次 1.グローバル戦略 4つのパターン 2.グローバル市場へのエントリー方法 3.リバース・イノベーション 4.グローバル企業・4つの組織形態 1.グローバル戦略 4つのパターン 一言にグローバル戦略と言っても、持っている経営資源やその国の状況によ…