Ns spirit 投資学・経営学研究室

経営学(経営戦略・ファイナンス・管理会計)、ロジカルシンキング、英語、キャリア、など、管理人のこれまでの経験に基づいて、ビジネスパーソン向けの記事を発信。

財務諸表の見方、読み方をマスターする

粗利益、粗利益率、営業利益、営業利益率、限界利益について解説

このページでは、財務会計上の利益としてよく使われる、粗利益(売上総利益)、営業利益と、管理会計で重要となる限界利益について解説します。 目次 粗利益とは 営業利益とは 管理会計で使われる限界利益とは 粗利益とは 粗利益とは売上高から売上原価を差…

【5分でわかる】棚卸資産とは FIFO、LIFOなどの評価方法、評価基準について解説

目次 棚卸資産とは 棚卸資産の種類 棚卸資産の評価基準 棚卸資産の評価方法 棚卸資産の評価が利益に及ぼす影響(例) 評価基準・方法が与える影響 棚卸資産回転率とは 棚卸資産とは 棚卸資産とは企業の商品や貯蔵品、在庫を表します。貸借対照表では資産の欄…

【3分でわかる】減価償却費とは 定額法、定率法について解説

目次 減価償却費とは 定額法 定率法 定額法と定率法の減価償却イメージ 定率法 耐用年数と償却率 財務会計と税務会計による償却の違い 減価償却費とは 巨額の設備を購入した際に、一度に費用として計上するとその期の業績が大幅に悪くなる一方で、その後はそ…

売上原価とは、原価計算について解説

売上原価とは売上原価とは製品やサービスを構成するのに必要な原価のことで、小売業の場合、外部からの材料の仕入原価を売上原価に用います。メーカーの場合、仕入原価に製造ラインでの人件費、減価償却費や光熱費などが加算された製造原価を売上原価を用い…

【5分でわかる】売上債権(売掛金、受取手形)とは 買入債務(買掛金、支払手形)とは

ここでは、1.売上債権、2.買入債務、3.売上債権回転率、4.買入債務回転率について紹介します。 目次 1.売上債権とは 2.買入債務とは 3.売上債権回転率とは 4.買入債務回転率とは 1.売上債権とは 売上債権とは、得意先との間で生じた営業上…

財務諸表の日英対照一覧

貸借対照表の日英対照一覧 日本語 英語 日本語 英語 貸借対照表 Balance shreet 連結貸借対照表 Consolidated balance sheet 資産 Asset 負債 Debt 流動資産 Current assets 流動負債 Current liability 固定資産 Fixed assets 固定負債 Fixed liabilities …

財務諸表を見る際に気を付けておきたい2つのポイント

ここでは、財務諸表を見る際の注意点をあげます。 1.注記を読む 「注記」には、会計方針や偶発、後発の事象、リース取引などの詳細が記載されています。会社間の比較をする際はこの「注記」を見ることで、数字を単純比較してもよいのか、前提を少し置き換えて…

連結財務諸表について解説

連結財務諸表について解説 連結財務諸表とは、グループ化した企業をひとつの企業のように見なして作成した財務諸表のことです。単体の財務諸表だと、財務諸表の公開義務のある会社が販売不振の際、子会社などに在庫を売り付けて、あたかも真っ当に利益を出し…

【徹底解説】損益分岐点分析(CVP)とは CVPを使った企業分析

損益分岐点分析とは CVP分析とは 損益分岐点分析(CVP分析)とは、文字どおり損益が分岐する点を知るためのものです。損益が分岐する点とは、利益が出るか損失が出るかの分岐点、すなわち利益=0になるときの売上高のことです。 損益分岐点分析は企業全体や…

財務分析の例を解説

財務分析の例 ここでは簡単な財務分析の例を紹介します。 安全性分析 A社とB社の貸借対照表が、下図のようになっているときの、両社の安全性を比較してみます。 上記の貸借対照表を元に、主要項目を計算してみました。 項目 計算方法 A社 B社 目安 自己資本…

【5分でわかる】粉飾決算 よくある粉飾の3つの基本パターンを解説

粉飾決算の3つの基本パターン 粉飾決算とは、人為的に決算書の数字を操作(粉飾)した決算のことです。粉飾は、主に利益を過大に見せるために行われます。利益を過大に見せることで、会社あるいは経営者の信用失墜を防ごうとするわけです。(なお、税金逃れ…

税効果会計とは何か

税効果会計 税効果会計とは、会計上の利益と費用、税法上の益金と損金の考え方の違いを調整する会計処理のことをいいます。 収益・費用と益金・損金の違い 会計上、純利益は税引前利益から税金を差し引くことで求められます。大まかに捉えると、税金は利益に…

会計方針によって売上や費用はどう影響を受けるか

会計方針による影響 日本では、会計方針がいくつかある場合、企業の任意によって選ぶことが認められています。会計方針によって、売上や費用は大きく変わる場合があります。したがって、財務分析の際は(特に他社との比較の際は)、会計方針を確認しておく必…

業種・業態別に見る財務諸表の特徴

業種・業態別に見る財務の特徴 業種や業態によって財務の内容は千差万別です。ここでは、業種・業態別に見た一般的な財務内容の特徴を紹介します。 小売業 小売業は、現金商売が基本なので、流動資産の中の売上債権(売掛金や受取手形)が少なく、棚卸資産も…

財務分析 成長性の分析方法を解説

財務分析(成長性)どれだけ、収益力が高く、財務体力があっても成長性のない会社は、魅力に欠けるものです。ここでは、企業の成長性について説明します。 成長性を調べるには、財務諸表から得られるデータを時系列(3~5年くらい)に並べてみる必要がありま…

【解説】財務分析 生産性の分析方法 労働生産性とは 労働分配率とは

財務分析(生産性) ここでは、企業の生産性について説明します。生産性を見ることで企業の投入した経営資源に対するアウトプットを知ることができます。 付加価値 付加価値とは、企業のヒト・モノ・カネを使って新たに生み出した価値を意味します。付加価値…

【解説】財務分析 安全性の分析方法 流動比率とは 自己資本比率とは

財務分析(安全性) ここでは、財務の安全性について説明します。安全性を見ることで企業の財務が健全で倒産することがないかを知ることができます。安全性は、企業体力と言い換えることできます。 流動比率流動比率とは、流動資産によって流動負債をどの程…

【解説】財務分析 収益性・効率性の分析方法

財務分析(収益性・効率性) 財務分析とは財務諸表を様々な観点から分析して、企業の経営状態の良否を判断することです。企業の経営者はもちろん、株式投資をする上でも重要な分析です。ここでは、財務諸表からわかる収益性指標を紹介します。 売上高利益率 …

【一目瞭然】財務3表B/S、P/L、CF計算書の関係性と項目

B/S、P/L、CF計算書の関係 ここでは、3つの財務諸表、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書がどんな関係になっているか、わかりやすいように図示してみます。 貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)の関係 貸借対照表と損益計算書は、純利益の中…

【5分でわかる】キャッシュフローの読み方・見方を解説

キャッシュフロー計算書とは キャッシュフロー計算書とは企業の一定の期間における、実際の現金、預金の流れすなわちキャッシュフローを表すものです。日本の企業では、2000年3月以降に決算ではキャッシュフロー計算書の開示が義務付けられるようになりまし…

【3分でわかる】損益計算書の読み方・見方を解説

損益計算書とは 損益計算書とは、ある期間に企業がどれだけの利益、損失を出しているかをまとめた計算書です。 損益計算書の一例 損益計算書から会社の利益構造(売上に対し、どれだけのコストがかかっているか)を知ることができます。損益計算書では段階ご…

【3分でわかる】貸借対照表の読み方・見方を解説

貸借対照表とは 貸借対照表とは、資本の調達先と運用形態を表した表のことです。下の表に貸借対照表の概要を示します。貸借対照表では資産の部と負債、資本の部が必ず釣り合うように作られます。そのため、貸借対照表のことをバランスシートとも呼びます。 …