Ns spirit ビジネスパーソンの心技体

ビジネススキル・知識・キャリアを中心にビジネスパーソンの心技体を磨くための情報を発信しています。心技体を磨いて80歳で後悔しない人生を目指そう。

【30代、40代サラリーマン必見】大企業が直面する課題と今やるべき5つのこと

 

私は、大企業に長年勤めてきて、かつ大企業に勤務する知人も多くいますが、大企業安泰の時代はとうの昔に終わったと感じています。

 

決して大企業をすぐに飛び出せというつもりはありませんが、大企業にいることに安心せず常に危機感を持って日々を過ごすことをおすすめしています。

 

この記事では、昨今の大企業を取り巻く環境と、今後30代、40代がいまのうちに何を考えておかないといけないかを書いていきます。

 

 

日本企業の年齢構成

多くの日本企業が今直面している課題があります。それは、日本の人口構成とも密接に関わっているのですが、従業員の高年齢化です。以下に総務省統計局が発表している2015年の人口ピラミッドがあります。

www.stat.go.jp

 

2015年現在でこの状態なので、本日2018年時点では、40代中盤(44-47歳)の層が大変厚く、30代、20代となるにつれて人数が減少しているのがわかります。当然ですが、日本の多くの企業も大なり小なりこの人口ピラミッドに沿った年齢構成になっていると思います。

 

近年特有の現象・課題

このピラミッドと、私の勤務経験から、従来には見られなかった現象や課題が起きています。

 

役職が年齢とともに上がらない

昔は理想的な人口ピラミッドだったので、年齢とともに役職は上がるものとして捉えられてきましたが、今それを望むのは無理があります。すでに企業の年齢構成のボリュームゾーンが40代中盤なので、昔だったら課長くらいにはなれた年齢でも、今は多くが平社員だということになります。

 

企業全体の活力低下

理想的な人口ピラミッドのときは、活力のある若い世代とそれを引っ張るベテランという構図が成り立ちましたが、現状は上述のように多くが40代です。こうなると、企業自体の活力も低減して、全体として成長意欲も少なります。加えて、大企業のように入社からずっとその会社で勤務している人が多いとなると、仕事にも飽きが出てくる中年世代が、年齢層の中心となっているわけで、活力を上げるのが大変難しい状態になります。

 

上記の状態はさらに深刻になる

人口ピラミッドというのは、基本的にその形状がそのまま上にシフトします。移民でも受け入れない限りは1年2年経って、いきなり30代の層増えるということにはなりません。そうなると、今中心となっている40代中盤の人は、やがて50代となり、定年延長もあって、下手をすると企業によっては、社員の半分以上が50代という時代もやってくるわけです。

 

実際、私も大企業で働く中で、中堅社員から以下のような声が聞かれました。

 

「仕事の中で目指すことが見えなくなってきた」

「同じことの繰り返しで、徐々に仕事に飽きを感じるようになってきた」

「このまま仕事をしていても出世できる感じがしない」

 

こうした状況を考えたときに、今30代、40代の人たちは、これから何を考えて仕事をしないといけないのか?

 

私の経験と観察によるポイントを年代別にまとめてみました。

 

40代の人がやるべき5つのこと

ç· æ¥æ¬äºº ç·æ§ ç·ã®äºº 40代 50代 壮年 ä¼ç¤¾å¡ ç¤¾é· é¨é· èª²é· ä¿é· ãã¸ãã¹ãã³ ãµã©ãªã¼ãã³ ã¹ã¼ã ãã¯ã¿ã¤ ç½é«ª ãç¶ãã æ°å¹ããã ç½ãã㯠ç½èæ¯ æ©ã èãã é¡ã«æãå½ã¦ã é¦ãã²ã­ã ææ¡ ãã¼ãº 中年 中é«å¹´ ã·ã㢠 mdjms013

会社内で自分の置かれている立場を理解する

まず、会社内でどのような立場に置かれているかを冷静に分析してみてください。自分は課長どまりか、部長どまりか、役員になれそうか、はたまたずっと平社員からは何となくわかってくると思います。

 

自分の目指すポジションを決める(場合によっては出世を諦める)

立場が理解できると、自分の目指すポジションが決まってくるでしょう。役員が目指せる立場にある人は、それを狙えばよいですし、平社員しか見えない人は、そのまま出世を諦めて平社員として生きていくと決めてしまった方が楽です。

 

50代になっても重宝される人材を目指す

どのようなポジションを目指すにしても、大事なことは50代になっても重宝される人材を目指すことです。例えば、平社員のままの人でも、特定の取引先との信頼関係を強固にしておくとか、何かの分野について社内で右に出るものがいないくらいの状況を作ることもあります。

 

一方で役員を目指す人も、単に役員という肩書になることを目指すのではなく、社外に広く人脈形成をしたり、部門改革などでリーダシップを発揮したりすることが大事です。 

 

また、40代になると部下を持っている人もいるでしょうが、部下に仕事を任せきりにして実務能力が衰えてしまうと、誰かがサポートしてくれないと仕事ができない人材になってしまうので、実務能力が衰えないように意識する必要があります。

50歳の衝撃 はたらく僕らの生き方が問われるとき

50歳の衝撃 はたらく僕らの生き方が問われるとき

 

 

会社以外の楽しみを見つけておく

40代の人は、自分の時間を会社だけに使わないように注意しましょう。若い頃のように仕事に没頭していると、今いる会社で仕事ができるだけの人間になってしまいます。出世を諦めた人も、出世を目指す人も会社以外の楽しみ(ボランティア、副業、趣味など)を見つけておくことで、50代からの人生をより豊かにすることができます。

 

思い切ったチャレンジをしてみる

会社に長くいると、慣れも出てきますし、やり方もわかってくるので、比較的ラクに仕事をこなすことができるようになります。しかし、このラクにこなす状態というのは危険で、このような状態で仕事をしていると、ほとんど能力が伸びていくことはありません。

 

私は40代こそ思い切ったチャレンジを考えてみることをおすすめします。今までの実績を買ってくれる会社は意外とあるものだからです。実際、私は40代スタートアップに転職できましたし、私のまわりでも40歳を超えてから転職するケースが出てきてます。

 

まずは、転職サイトで自分の市場価値を確かめみてはいかがでしょうか。全て無料で登録できます。

 

初めての方におすすめしたいのは、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントパソナキャリアに登録することです。

 

これら大手4社に登録することで幅広い情報にふれることができる上に、様々なタイプのキャリアアドバイザーと接する機会を得ることができます。

  

30代の人がやるべき5つのこと

f:id:n_spirit:20181022212005p:plain

40代の人と違って、30代の人は、会社の中で地位を高めるチャンスが残っています。また、今から準備をすることで、仮に会社の地位は上がらなかったとしても、40代でもっともっと活躍できる人材になることができるでしょう。

 

英語とビジネスの勉強をする

このブログで取り上げるメインテーマでもありますが、英語とビジネススキルに関することはしっかり身につけましょう。英語の勉強法と、ビジネスの基礎知識はこのブログにも記載しているので、そちらを見て頂いてもよいかと思います。

 

英語の勉強 今後も英語が必要となる3つの理由

【英語の勉強】TOEIC500点以下の人はまず単語を覚える 単語学習におすすめの教材

【英語の勉強】TOEIC600点以上を目指す人はTOEIC教材をひたすらやり込むべし

 

専門性を磨く

自分は〇〇の専門家であると自信を持って言えるものを構築しましょう。例えば、企業法務のプロである、ベトナム市場のプロである、マーケティングのプロである等々、分野何でもOKです。軸とする専門性を磨くことで、将来的な人材の市場価値を高めることができます。可能な方は上記を掛け合わせて複数の専門性をもつのもよいでしょう。専門性を考える上での軸としては、以下の本も参考になります。 

世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人

世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人

 

 

 

仕事でチャレンジをする

失敗を恐れずにチャレンジしましょう。少なくとも30代のチャレンジは失敗しても、それを糧にして立ち直ることはできますし、そのプロセスそのものが貴重な財産になります。(私は何歳でもチャレンジして失敗できるとは思っていますが) 

30代の働き方には挑戦だけが問われる

30代の働き方には挑戦だけが問われる

 

 

社外に誇れる実績を作る

いくつかチャレンジしていると、社外に誇れる実績もできてきます。社外に誇れるというのは、職務経歴書に書いて、自分の実績は〇〇ですとアピールできるレベルのこと、例えば、新しい事業を立ち上げた、難しいプロジェクトをリードしたなどです。転職するしないに関わらず、社外の人にも誇れる実績は、40代でさらなるチャレンジをする際の自信になります。

 

市場価値の確かめ方は以下をご参照ください。

www.nsspirt-cashf2.com

 

体力をつけておく

やがて訪れる40代に備えて、30代のうちから体力作りをしておくことをおすすめします。水泳、ランニング、ジム、スポーツ等々、何でもよいです。自分に合った運動習慣をつけることで、体力の低下を食い止めることができます。

  

まとめ

従来の年功序列型では、年齢とともに地位が上がっていくというのが一般的な出世パターンでしたが、人口ピラミッドからも明らかなように、今後はそうした前提は成立しなくなります。そうなると、地位に関係なく日々の仕事を楽しんで取り組めるようになることが大事になってくるでしょう。みなさんも、まわりの状況に流されることなく、スキルを磨くことで、充実した生活が送れるのではないかと思います。

 

 

さらなる高みを目指す方は

www.nsspirt-cashf2.com

 

50代になったときの理想像を考えておきたい方は

www.nsspirt-cashf2.com