Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

ロジカルシンキング 4つの思考スタンス・心がけとは

ロジカルシンキングの基本思考
ロジカルシンキングは、学問上の理論とは異なり、課題の設定から実行可能な対応策の考案、そして実際の行動の管理までの一連のプロセスを経て成果を上げていくのに必要なものです。

現代のように過去の理論や経験が通じないことが多々としてある世の中において、ロジカルシンキングは必要不可欠なものになっています。

 

ロジカルシンキング 4つの基本スタンス
ロジカルシンキングには、是非とも心がけたい4つの思考スタンスがあります。それは次のものです。
・仮説思考
・ゼロベース思考
・ポジティブ思考
・フレームワーク思考

 

仮説思考
仮説思考とは「ある時点で考えられる仮説(仮の結論)をもとに行動する」という考え方です。その仮説を検証し、課題の解決策を導いていきます。仮説が間違っていたら、新たな仮説を立てて検証していきます。

闇雲に行動するより、仮説を立てて行動した方が、資源や時間を効率的に使うことができます。仮説がないまま行動すると、思いつくもの全てを実行に移そうとしたり、行動にモレが生じたり可能性があります。

ただし、仮説思考において重要なことは、仮説の検証に時間をかけすぎないことです。なぜなら、本来の目的は仮説が100%正しいことを証明することではなく、仮説の積み上げによって得られる迅速な対応策だからです。

「ビジネスにおけるロジカルシンキング」は、完璧に理論づけるような「学術的な論文」とは大きく異なるのです。

                   ※仮説思考のイメージ

ゼロベース思考
セロベース思考とは、「既成概念を取り払い、一から最善の答えを見つけ出す」という考え方です。環境変化の激しい現代では、1年前の当たり前が今日に通じないということが往々にしてあります。

前例の修正だけで、解決できる問題ならば良いのですが、それすら通じないことが起こり得ます。そのため、過去の情報は一度白紙に戻してゼロベースで考えるということが重要になってくるのです。

また、ゼロベース思考をすることにより、これまでより思考の枠が広がり、今までは考えもつかなかった解決法が見出せる可能性があります。

ただ、良いとわかっているゼロベース思考を人は嫌がることがよくあります。なぜなら一度システムが出来上がると、それによって恩恵をうける人が出て、そういった人がゼロベースでの対応に拒否反応を示してしまうからです。

さらに、ゼロベース思考を推進するのは大変なエネルギーがいるため、現在の延長線上で物事を考えた方が楽というのも、ゼロベース思考に拒否反応を示す要因になります。

だからこそ、一度ゼロベースに考えてみるということが重要になってきます。

 

ポジティブ思考
ポジティブ思考とは「いまよりも良い解決策が存在する」という考え方です。「次は良い結果になるさ」という楽観的な思考とは異なります。

ビジネスでは、ベストの答えは存在しません。なぜなら、その時点のベストは、環境が変わればベストな答えではないからです。このあたりは、仮説思考の場合と同じで、100%を目指すのではなく、あくまで限られた時間の中で、ベターな対応策を見つけることが重要になります。

 

フレームワーク思考
物事を考えるときに闇雲に考えると、重要なことが漏れていたり、重複して検討していたりという自体に陥ってしまいます。

そこで、フレームワーク、すなわち考えるための枠組みを使って考えることで、こうした漏れやダブリといったロスをなくすことができます。

フレームワークは、本来なら事象ごとに個別に考えていくべきものですが、広く一般に知られているフレームワークを活用することで、考える時間の効率化を図ることもできます。ただし、一般的なフレームワークを使う場合は、今考えている事象に対して適切なフレームワークなのだろうか?ということを常にチェックする必要があります。

 

ロジカルシンキングの活用ツール・フレームワーク

以下ページにて、重要フレームワークであるピラミッドストラクチャーとロジックツリーについて解説していきます。

 

【徹底解説】ピラミッドストラクチャーとは 作成方法 5つのステップと注意点

【5分でわかる】ロジックツリーとは 作成方法 5つのステップ