Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

フレームワーク思考の応用例 報告書とアンケートの事例

事例1 報告書に生かす
次の2つの報告書の構成を見てみます。

■報告書1

 A事業への新規参入について

 ・当社には既存技術がA事業で応用可能である
 ・A事業に対する市場の成熟度は低く、成長性がある。
 ・同業他社はA事業に参入していないため、
  当社が参入すれば大きなアドバンテージに繋がる。
 ・既存の営業ルートがA事業に生かせる。

 結論
 以上の理由からA事業に参入すべきである。
 


■報告書2

 A事業への新規参入について

 結論
 A事業に参入すべきである。

・当社には既存技術がA事業で応用可能である
・既存の営業ルートがA事業に生かせる。

・同業他社はA事業に参入していないため、
 当社が参入すれば大きなアドバンテージに繋がる。

・A事業に対する市場の成熟度は低く、成長性がある。
 


上の報告書を比較すると、報告書2の方が読みやすいと思います。

報告書1では理由を散々述べたあとに結論が最後に出てきます。そのため、読み手は理由を一つ一つ吟味する必要があるのです。

報告書2では構成がピラミッドストラクチャーになっていて結論が先に来ているため、書き手の一番主張したいところが読み手に最初に伝わります。そのためその後の理由をすんなり理解して読むことができます。

 

www.nsspirt-cashf2.com



さらに報告書2では理由を3Cの観点から区切っている(上から自社、競合、市場)ので、同じ理由を書いていても読み手に安心感を与えられます。
(この例では簡単にするために大雑把な理由を書いていますが、実際の報告書では数字を交えて客観的に書く必要があります。)

 

www.nsspirt-cashf2.com

 

f:id:n_spirit:20181028235927p:plain

 

 

事例2 アンケート分析に生かす
アンケート分析にフレームワークを生かす例です。
ある飲食店Zで、顧客に対するアンケートを実施したときの回答が次のように出ました。

■アンケートの結果

1.丼物がおいしい
2.従業員の愛想が悪い
3.店内の飾りつけが綺麗
4.飲み物がおいしくない
5.料理が出てくるのが遅い
6.メニューが少ない
7.店長の雰囲気がいい
8.トイレが綺麗
9.他に比べ値段が安い
10.テーブルが狭い


このアンケート結果を分類する方法を考えます。


SWOT分析する

「強みは1、3、7、8、9」
「弱みは2、4、5、6、10」


競合の情報が少ないので、自社の強みと弱みにしか分けられませんでしたが、ここに競合の調査結果を加えるとさらに分析に深みが増します。
また、この中で弱みを克服したいのであれば、さらに掘り下げて分析していく必要があります。例えば
「4.飲み物がおいしくない」の原因として「保存方法が悪い」「メーカーが悪い」といったことが考えられます。

www.nsspirt-cashf2.com




「人、料理、その他」のMECEで分ける

人    2、7
料理   1、4、5、6、9
その他  3、8、10



7つのSから考える
7つのSから考えるとアンケート結果は次のように分類されます。

組織(Structure)    なし
戦略(Strategy)     6、9
システム(System)    6、9、10

人材(Staff)      2、7、5
スキル(Skill)     1、4、5
スタイル(Style)    2、3、8
価値観(Shared Value)  なし


すぐに変化させられるハードの要因「6、9、10」と変化に時間を要するソフトの要因「1、2、3、4、5、7、8」に分けられます。

www.nsspirt-cashf2.com




アンケート結果をフレームワークに沿って様々な方向に分析することで、次の戦略方針を決定づける重要な情報とすることができます。