Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

【解説】財務分析 収益性・効率性の分析方法

財務分析(収益性・効率性)
財務分析とは財務諸表を様々な観点から分析して、企業の経営状態の良否を判断することです。企業の経営者はもちろん、株式投資をする上でも重要な分析です。ここでは、財務諸表からわかる収益性指標を紹介します。

 

売上高利益率
損益計算書からは各々の利益を売上高で除した利益率を求めることができます。ただし税引き前当期利益率は一般的に用いられないようです。

■売上高総利益率
売上高総利益率は、販売している商品の利益率を表わします。マーケットの状況を反映しているので、企業の競争力がわかります。売上高総利益率が同業他社と比べて低い場合、コスト競争力に問題があると考えられます。売上総利益率が落ちている場合、原価の高騰か、値引き販売が原因と推測されます。


■売上高営業利益率
売上高営業利益率は、営業活動による利益率を表します。この比率を同業の会社同士で比較することで、販売・管理活動の効率性を測ることができます。

売上高営業利益率を費用の面から詳しく分析することで、その企業が広告宣伝に力を使っているのか、研究開発に力を使っているのかなど、バリューチェーンのどこを重視しているのかというのを判断することができます。

 




■売上高経常利益率
売上高経常利益率は、金融収支といった財務体質まで含めた総合的な収益性を表します。業績評価の指標として最も重要視されています。売上高経常利益率が売上高営業利益率に比べ、大きな差があるようだと、企業の財務体質を注意してみる必要があります。

金融収支が大きくプラスしているようだと財務面に力を入れていると判断できますが、現金や有価証券が多いことで株主からはその資産の有効活用を求められることになります。一方で、金融収支が大きくマイナスしているようだと、財務面での弱さがあると判断できますが、株主からは財務レバレッジを上げて積極的な戦略をとっているとして歓迎される場合もあります。


■売上高純利益率
売上高純利益率は、売上に対して企業の最終利益がどの程度残るかを表します。通常は売上高経常利益率に(1-実効税率)を掛け合わせれば売上高純利益率になりますが、あまりに売上高純利益率が乖離しているようだと、特別損益の内容をよく見る必要があります。(日本企業の実効税率は40%程度です)

利益率は、高ければ高いほどよいのですが、業種によって水準が大きく異なるので、分析の際は同業種間で比較するのがよいでしょう。

 

f:id:n_spirit:20181028235927p:plain

 

営業CFマージン
売上高営業利益率のキャッシュフロー版です。

 営業CFマージン=営業CF/売上高

 

ROA 総資本利益率
総資本利益率とは会社が運営している資本を利用していかに効率よく利益を上げたかを測る指標です。

 総資本利益率=当期純利益/総資産

 

ROE 自己資本利益率
自己資本利益率とは株主が拠出した自己資本を利用していかに効率よく利益を上げたかを測る指標です。日本では、この値は15%程度あると高い部類に入ります。

 自己資本利益率=当期純利益/自己資本
 (自己資本=純資産-新株予約権-少数株主持分)

www.nsspirt-cashf2.com

 

資本回転率
資本回転率とは売上高に対して資本がどれだけ回転しているかを表すもので、資本の利用効率を表します。資本回転率が悪いとキャッシュの流れが滞る原因になります。

・固定資産回転月数 (=固定資産×12/売上高)
・売上債権回転月数 (=売上債権×12/売上高)
・在庫回転月数 (=棚卸資産×12/売上原価)
・買入債務回転月数 (=買入債務×12/売上原価)


いずれも、期間が短い方が効率的に資産運用をしているということになります。

 

参考ページ

www.nsspirt-cashf2.com

 

 

こちらもあわせてご覧ください

グロービスMBAアカウンティング[改訂3版]

グロービスMBAアカウンティング[改訂3版]