Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

企業買収・合併による効果 事業シナジーとファイナンシャル面での効果

企業買収の際の買収価格は、市場で取引されている価格よりも高めに設定されることが一般的です。これは、市場価格よりも高くなければ、誰も買収に応じてくれないということもありますが、買収によって発生するプラスアルファの効果(シナジー、節税効果、マネジメントの改善など)がプレミアムとして価格に上乗せされるからです。

ここでは、企業買収によって生まれるプラスアルファの効果を解説します。

 

事業シナジーの効果
1.コスト削減効果
最も一般的で、予測が容易なシナジーです。例えば、買収した際に、本社機能などの間接部門がまるまる全て必要になるということは少なく、ある程度既存の間接部門で代替できます。そうすると、間接部門は、「1+1=1.5」のようなイメージで削減されることになり、結果、コスト削減につながるというわけです。

また、規模の経済性が働く事業では、買収による規模化を図ることで、購買コスト、製造コストを低減させることもできます。

 

www.nsspirt-cashf2.com



2.売上増強効果
買収する側と買収される側の統合により、それぞれ単体で活動するときよりも高い売上成長が望める場合に考えられるシナジーです。例えば、買収する側の製品を買収される側の流通チャネルでも売れるようになると、単体で活動するよりも大きな売上成長を見込めます。

ただし、売上増強効果は予測が難しいため、あまり大きく算定してしまうと、高い買い物になる可能性があるので、経済効果を計算する上では大きく割引いて考えることも必要になります。


3.プロセス改善効果
買収した企業、された企業のお互いが持っている優れたノウハウを移転することで発生するシナジーです。企業内においては業務の非効率性は少なからず存在しますが、ある部分は他社よりも優れた効率性を発揮しているということもあります。

買収の際に、両者が優れた効率性を有する部分をノウハウとしてお互いに移転しあえば、内部の業務効率が改善することができます。また、現場レベルの効率改善のほかに、トップマネジメントの改善によるシナジー効果が期待できる場合もあります。(例えば日産を傘下に入れたルノー)

 

発生するシナジーの例
一般的にシナジー効果の算定は、企業活動におけるバリューチェーンを軸に検討されます。ここでは、製造業におけるシナジーを例として挙げてみます。

 

www.nsspirt-cashf2.com



■シナジーの例

調達 購買集中によるコスト低減
購買業者の共有化(ex.取引業者拡大による品質・コストの最適化)
開発 開発業務の最適化(ex.互いの強みに片寄せする)
開発商品の集約(ex.重複をなくす)
開発手法の合理化(ex.互いのプロセスのよいところを真似る)
開発拠点・設備の共有化
重複した部門の人員削減
生産 生産業務の最適化(ex.互いの強みに片寄せする)
生産の集約(ex.重複をなくす)
生産手法の合理化(ex.互いのプロセスのよいところを真似る)
生産拠点・設備の共有化
余剰生産能力の活用
在庫の合理化(ex.在庫の相互融通)
物流 物流業者の集約(ex.重複をなくす)
物流設備(車両・搬送設備)や物流網の共有化
販売
販促
商品ラインナップの強化(ex.互いの得意分野に片寄せ)
クロスセル
ブランドの選択と集中(ex.互いの得意分野に片寄せ)
規模化による価格下落の防止
販売チャネルの拡大、選択と集中
広告宣伝の一元化
営業人員・拠点の最適化
アフターサービス 営業人員・拠点の最適化
管理 間接部門の集約
人材育成方法の共有化
人材交流による人材スキルアップ

 

f:id:n_spirit:20181029000820p:plain

 

ファイナンシャル面での効果
1.余剰資金の獲得
買収対象がもつ余剰資金を、買収する企業が有効活用することにより生じる経済価値が増大する場合があります。多大な余剰資金を持っている会社が買収対象になるのは、このためです。


2.節税効果の顕在化
借入金比率が低く、安定的にキャッシュフローが見込める買収対象の場合、多額の借入金を調達して買収するケースがあります。主にLBOのような形で実施されます。借入金を増やすことにより生じる節税効果がプラスアルファ分になります。ソフトバンクによる日本ボーダフォンの買収では、この節税効果の顕在化が大きなプラスアルファ分だったようです。

 

www.nsspirt-cashf2.com



また、のれん(営業権)の償却が発生する場合、その償却費によって生じる節税効果も見込むことができます。

 

バリューチェーン強化による効果
主に、垂直統合をする場合に発生する効果です。川下だけでなく、川上の事業を取り込むことで、価格コントロールをしやすくしたり、原材料購入額を低減させたして経済効果を増大させます。