ロジカルシンキング

【5分でわかる】問題解決手法【4つのステップによる解決方法を解説】

 

こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。

問題に直面したときに、その問題を漠然と眺めながら何となく思いついた方法を試すだけでは、なかなか解決に導くことはできません。

そのため、問題を解決する際には、論理的にステップを踏んでいく必要があります。

この記事では、問題解決をするための4つのステップを解説していきます。

 

問題解決ステップ1.問題の設定

問題がある状態とは、当初の目的や目標に沿った「あるべき姿」と「現状」の間にギャップがある状態です。

例えば、利益目標100億円というあるべき姿に対し、実際の利益が95億円だったとすれば、問題がある状態と考えることができます。

問題の設定 ギャップの特定

ここで、注意が必要なのは、問題を認識する際には、できるだけ大きく捉えることが必要ということです。

例えば、「バスの待ち時間が長い」という顧客の不満に対し、「待ち時間が長い」ことを問題とするより、そもそも「顧客が不満である」という状態を問題とすることで、幅広い選択肢から問題点を絞り込むことができます。

<問題設定の際のポイント>

  • あるべき姿と現実を具体的に表現して、ギャップも具体化する。例えば、誰が、何が、いつ、どの程度などといったことを具体化する

 

問題解決ステップ2.問題の特定

問題の設定ができたら、次に問題を特定する必要があります。

例えば、ここで利益が目標未達であることが問題と考えたときに、いきなり「売上が落ちているのが原因」とか「製造コストが上がっているのが原因」というような思考では、真の問題解決には至りません。

ここでは、まず、利益を少しずつMECEに分解していく必要があります。分解にはロジックツリーを用います。

問題箇所の特定

例えば、人件費が当初の予定より大きいということであれば、問題箇所は人件費ということになります。

ここから、人件費を間接部門、直接部門などの部署別で見たり、正社員、パートなどの職種別で見たりすると、さらに問題の真因に近づくことができます。

【徹底解説】ロジックツリーとは 作成方法 5つのステップと事例 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 ビジネスパーソンにとって、ロジカルシンキングの必須ツールともいえ...

 

<問題特定の際のポイント>

  • ひとつの切り口に頼らず、複数の切り口を使ってみて最も感度のよい切り口を探す
  • 感度のよい切り口を見つけたら、さらにその切り口を深堀りする

大きな問題を小さな問題に分解する切り口は、以下の記事にも書いています。

>>難しい問題を解決する肝は要素分解にあり

 

問題解決ステップ3.原因追求

ある程度問題箇所が絞り込めたら、次になぜその問題が起こっているのかを考えます。

先ほどの状況で、「正社員の人件費」が大きくなっていることが、問題のようだとわかったとします。

ここでは、なぜ正社員の人件費が上がったのかを考えます。

ここでも、いきなり「残業が多いから」という理由に飛ぶのではなく、なるべく人件費が上がっているという減少に主眼を置きながらロジックツリーを用いて、原因追求をします。

まずは、なるべく大きな概念でMECEに切り分けます。

問題の原因特定

ここであぶり出された原因の中には、いくつかのマイナス原因が複雑に絡みあっている場合があります。

そうした要因を分析するにはロジックツリーだけでは、不十分でコーザリティ分析を使う場合もあります。

この原因追求のステップでは、しつこく「なぜ?」を繰り返して真の要因を見つける必要があります。

<原因追求の際のポイント>

  • 個人的なスキルに帰着させずに、制度などの構造的な部分に着目する
  • 複数の原因が抽出された場合は、その因果関係を明らかにする

 

コーザリティ分析とは

コーザリティ分析とは、いくつかある問題の因果関係を明らかにして、真の原因を突き止めるための分析手法です。

例えば、次のような問題があるとします。

・利益があがらない
・顧客が減っている
・従業員のモチベーションが上がらない

これらは、それぞれ何らかの因果関係を含んでいるようにも見えます。そこで、この構造を明らかにするためにコーザリティ分析を用います。

コーザーリティ分析では、真の問題を見つけるために3つの問題の間に存在する問題も意識しながら因果関係を整理していきます。

例えば、コーザリティ分析の結果、下のように因果関係を整理できたとします。

この場合、3つの問題の根本的な原因は、「職場の雰囲気が悪いから」だったと考えることができます。

原因の因果関係分析

このようにコーザリティ分析を使うと、表面化しているいくつかの問題の根本的な原因を絞り込むができるメリットがあるので、ロジックツリーだけで問題がわからない場合は、コーザリティ分析を活用することをおすすめします。

 

問題解決ステップ4.解決策の立案

原因を究明できたら、次は解決策の立案が必要です。

上記の例で、「パートのスキルが不足」していて、正社員が仕事を振れずに抱え込んだあげく、残業が増えて、人件費を上げていることが原因だとした場合、それに対する打ち手をいくつか考えていきます。

ここでも、やはりロジックツリーを用います。そして、ここでも最初は、なるべく大きな概念でMECEに切り分けていきます。

解決策の立案

こうしてあがったいくつかの解決策を適切な判断軸で評価して、実行策を絞り込む必要があります。

例えば、次のようなものが考えられます。

  • 効果の大きさはどれだけになるか
  • 時間がどれだけかかるか
  • 費用がどれだけかかるか
  • 実行することによるリスクはないか

<解決策設定の際のポイント>

  • 複数のオプションに対する判断軸を明確にする
  • 短期、中期、長期など時間軸で分けて考える

 

問題解決プロセスのまとめ

以上が問題解決のプロセスでした。

  • 問題解決のプロセスは大きく4つある。
  • 最初に問題を定義する。問題とは、あるべき姿と、現実とのギャップである。
  • 次に問題箇所を特定する。様々な切り口で問題箇所を分解しながら、一番問題となっている部分を見つけ出す。
  • 問題箇所が見つかったら、なぜその問題が起こっているか?を分析する。問題箇所の特定と同様に、表面的な理由にとどまらずに、理由を深堀りしていく。いくつかの理由が出てきた場合は、コーザリティ分析を使って根本にある理由を見つけ出す。
  • 最後に解決策を考える。解決策も広く考えた上で、費用対効果を考えて、絞り込んでいく。

 

その他の問題解決法

ここで紹介したのはロジックツリーを活用した問題解決法ですが、これ以外の問題解決法で有名なものを紹介します。

 

プロジェクト単位問題解決を図る「シックス・シグマ」

シックスシグマとは、日本のTQM(Total Quality Management)を参考にしたモトローラにより生み出された手法です。

DMAIC(ディーマイク)というプロセスに沿って、問題を分析し解決に導く考え方で、プロジェクト化して進めていきます。

経験・レベルに応じて資格制度があることも特徴です。

詳細は以下の記事をご覧ください。

【5分でわかる】シックスシグマとは 5つの分析プロセスを解説シックスシグマとは、企業活動で発生するばらつきをおさえて、経営品質の改善を図るための経営改善手法のことです。 シックスシグマは、日...

 

対立を両立に変える問題解決法「TOCクラウド」

対立が起きたときに、対立を両立に変えるための思考法です。

クラウドという非常にシンプルな図を描くことで、一見対立しているように見える事象の中に、両立できる方法を見出すことができます。

詳細は以下の記事をご覧ください。

TOCクラウドとは【対立を両立に変える思考法】活用事例と合わせて紹介 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 世の中には、Aか?Bか?という議論をよく見ます。 ネット上...

 

ロジカルシンキングのおすすめ記事はこちら>>>

 

問題解決・ロジカルシンキングについてもっと知るには

【おすすめ】ロジカルシンキング・問題解決の本14冊【セーシン図書館】 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 ロジカルシンキング(論理的思考)・問題解決に関連する、おすすめの...
ABOUT ME
アバター
セーシン
元サラリーリーマン管理職で新規事業、海外駐在などを経験し、現在は独立して法人向けコンサル等、いろいろやっています。サラリーマン時代には15年間副業やっていました。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事