Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

会社の組織構造 ラインとスタッフの違い 3つの基本構造を解説

組織とは、企業の戦略を効率的に実現するためのもので、誰が何をするのか、誰が誰に仕事をさせるのか、誰が誰仕事をするのかを決めるためのものです。組織を作ることで、指揮命令系統が決まり、仕事を分業でき、情報の伝達をスムーズにさせることができます。

ただ、一言に組織と言っても、形態は様々です。ここでは、主な組織の種類とそのメリット・デメリットについて解説します。

 

 

組織の基本形
組織の基本形としては、以下の2つがあります。

ライン組織
ラインとは、トップの指揮命令下によって動く組織のことです。例えば、工場で考えると、工場長、工場各課、各課係長という形で常にトップから命令が降りていく組織体系になっています。営業も同様に営業部長、支社長、営業所長、各営業所課長、係長という形になっています。いずれもピラミッド型の組織になっているのが特徴です。

ライン組織では、トップに権限が集中しており、各部門に対してトップが直接指示・命令を下すのが特徴です。小規模な組織で一般的に見られる形態です。


ライン・アンド・スタッフ組織
ライン組織にトップの情報処理や職能を助けるためのスタッフ部門を設けた組織形態です。スタッフは、会社全体で考えると、経営企画や人事、法務、広報などは経営トップを支える機能ということでスタッフ部門に分類されます。前述の工場で考えると、工場長を支える事務機能や秘書機能があるとすると、それは工場内のスタッフ機能となります。

スタッフ機能を設けることで、トップの負担を軽減できるというメリットがありますが、スタッフの権限が大きくなりすぎたり、スタッフの肥大化により仕事の効率が下がったりするデメリットがあります。(スタッフが増えると、増えた分だけ仕事を作りだすという事象が起こるケースが多々あります。)

組織の一般的な形態


一般的に会社の規模が小さいうちは人事や広報は社長が兼任しているケースも多く、スタッフ機能は必要とされませんが、大きくなるにつれて必要となってきます。

 

スタッフ増員には注意が必要
スタッフを増やす際は慎重になる必要があります。その理由は3つあります。

1.スタッフは売上を直接コントロールできない部門だから
したがって、人数が増えてもコスト負担が大きくなる一方です。

2.スタッフは自ら仕事を作り出す性格があるから
スタッフは人数が増えれば増えるほど(大して重要でもない)仕事を増やしていく傾向があります。例えば、広告部門の人数を増やすと、アピールしなくてもよいことまでアピールしようとすることが考えられます。また、他部門からの要望(それも優先度の低い要望)に対して人数が多いと答えてしまうことも考えられます。そのほかに、スタッフ間の情報伝達のための会議が増えることも考えられます。

3.スタッフが過度に権限を持つようになるから
スタッフが権限を持ってくると、会社の売上・利益の創出源であるライン組織がスタッフの言いなりなってしまいます。スタッフ部門には現場を知らない人が多い場合もあるので、現場で決めるべきことにまで干渉しだすと、組織の歯車が狂う一因になります。


一般的に、スタッフ部門の人数が多く、権限を持っている会社はうまくいかなくなるケースが多いようです。逆にスタッフ部門の人数を必要最小限に絞り、重要なことだけをやらせている会社はうまくいくケースが多いようです。また、そういう会社ほどスタッフは戦略的な物事の考え方をできるようになるようです。

組織が大きくなると、スタッフをついつい増やしがちですが、部門のトップは一人当たりの生産性が最も高くなるラインでスタッフの増員を止めるという意識を常に持っておく必要があります。

組織構造の種類
組織構造には、主に次の3つがあります。

1.機能別組織
開発、営業、生産など、どんなことをするかによって区切った組織のことです。急激な外部環境変化が少なく、組織の効率性・専門性を高めることが成功要因になり、かつ事業形態が単純な事業に適した組織です。

2.事業部制組織
会社の中で、製品別あるいは顧客別に事業単位を区切った組織のことです。顧客や製品の特性、ビジネスの仕組みが異なる事業を複数運営するのに適した組織です。

3.マトリックス組織
機能別と事業部制をマトリックスにした組織です。

 

 組織構造のメリット・デメリット

  メリット デメリット
機能別組織 役割分担を明確にできる

部門間での機能重複を防げる

従業員が個々の専門性を高められる

意思決定権を組織上位者に集中できる
全社利益よりも部門利益を追求してしまう

ゼネラルマネージャーが育ちにくい

組織間の連携が悪くなる
事業部制組織 1つの事業部で業務プロセスを完結できる

事業部に権限を分権でき、意思決定が迅速にできる

ゼネラルマネージャーを育成しやすい
全社的なベクトルあわせが難しい

経営資源の取り合いや情報の伝達漏れなど事業部間で軋轢を生じやすい

セクショナリズム、部分最適化が起こりやすい
マトリックス組織 機能別組織の特徴である専門性と事業部制組織の特徴である権限の分権を両立できる 意思決定のメカニズムが不明瞭になる

内部調整が多くなり、業務プロセスが複雑になる。その結果顧客に目を向けられなくなる。

 

完璧な組織は存在しない
機能別組織、事業部制組織のメリット・デメリットを見ればわかるように、完璧な組織というものは存在しません。それぞれにいいところ、悪いところがあるからです。では、組織は何を基準選ぶのか?

それは、経営学者のチャンドラーが「組織は戦略に従う」と言ったとおりで、戦略を実行する上で最も最適となることを基準として選ぶ必要があります。そして、どんな組織にも必ずデメリットはあります。そのデメリットを組織構造を変えることにより、解消しようとしても必ず別のデメリットを生じてしまうので、次ページに紹介する人事システムで補うことなどを考える必要があります。