Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

人事システム 戦略との関係性、構築時の注意

人事システム
人事システムは、企業が人を動かすために設計する必要があるものとして組織構造と並んで重要なものです。人事システムは、大きく次の4つに分類できます。

・採用   ・配置   ・育成   ・評価

 

人事システムも戦略に従う
人事システムも組織と同様に戦略に従って設計されるものです。例えば、IT強化が戦略上重要であれば、ITに強い人材を採用したり、育成したりする必要があります。また、営業が売上確保が最も重要なミッションだと位置づけられれば、営業の評価指標を売上にします。ここで利益にしてしまうと、営業は利益確保のために、売上拡大を渋る可能性がでてきます。

つまり、戦略なきところに制度は生まれないということになります。

 

ãã¥ã¼ãã³ãããã¯ã¼ã¯ ãã¥ã¼ãã³ãªã½ã¼ã¹ ãã¸ãã¹ã㳠人è ã½ã¼ã·ã£ã« ã·ã³ãã« ãã¼ã  çµæ ãã¼ã ã¯ã¼ã¯ äººäº ã¿ããããã« ç¹ã çµç¹ ã¤ãªã ç¹ãã ã¤ãªãã ç¹ãã åå ã¤ãªãã ãªã³ã¯ ã·ã§ã¢ ã°ã©ãã£ã㯠ãã©ã³ã¶ã¯ã·ã§ã³ ãã¼ãã¬ã¹ ãã¼ãã¼ã¬ã¹ ã°ã­ã¼ãã«ä¼æ¥­ ã°ã©ãã£ãã¯ãã¶ã¤ã³ ç· ç¹ã¨ç· ã¢ã㪠æå ± ãã¸ã¿ã« ãªã¯ã«ã¼ã ç»é¢ ãã£ãã ãã¬ã¼ã³ å°±è· ææº ç· ç®¡ç ããã¼ã¸ã£ã¼ ãã¼ã±ãã£ã³ã° ã³ã³ã»ã³ãµã¹ 人ã 人 åå¼ ãªã½ã¼ã¹ çµ æ¥ç¶ ã·ã«ã¨ãã ã³ã¼ãã¬ã¼ã ã³ã¼ãã¬ã¼ãã¬ããã³ã¹ ã¬ããã³ã¹ çµç¹æ§é  åç· ãã¯ãã­ã¸ã¼ æ¡ç¨ è»¢è· éç¨ ã³ãã¯ã·ã§ã³ ãã§ã¼ã³ ä¸çå°å³ å°å³ ã°ã­ã¼ãã« ã¤ã³ã¿ã¼ãã·ã§ãã« ã°ã­ã¼ãã«ãã¸ãã¹ ãã­ãã¯ãã§ã¼ã³ ãã¸ãã¹ã¤ã¡ã¼ã¸ ã½ã¼ã·ã£ã«ãããã¯ã¼ã¯ sns ãã§ã¼ã³å±é ãµã¤ãã¼ã¹ãã¼ã¹ ã¯ã¼ã«ã ãã¸ãã¹ é信網 éä¿¡ ã¦ã¼ã¶ã¼ ãµã¤ã ã¢ã«ã¦ã³ã äº¤æµ ç¤¾ä¼ network ãã­ã° ä¸ç ã½ããã¦ã§ã¢ ã·ã¹ãã  ãµã¤ãã¼ ãµã¤ãã¼ç©ºé å人æå ± ããã­ã³ã° ããã«ã¼ ãã¼ã¿ãã¼ã¹ ã°ã«ã¼ãã¦ã§ã¢ ãã¬ã³ã ç»é² ä¼å¡ ä¼å¡ãµã¼ã㹠顧客 人é äººç© åºãã åºãã ã­ã£ãªã¢ 仲é ã©ã¤ãã« å®æ¥­å®¶ ä¼æ¥­ 起業 æµ·å¤æ ç¹ æ ç¹ ä¸çå±é æµ·å¤å±é ä¸çé²åº å¤è³ç³» å¤è³ç³»ä¼æ¥­ æµ·å¤åºå¼µ å¸å ´ éèå¸å ´ ãã£ã¼ã©ã¼ ãããã¯ã¼ã¯ ã¯ã¼ã« ã¹ã¿ã¤ãªãã·ã¥ ã°ã«ã¼ã 人æ ã¤ã³ã¿ã¼ãã§ã¤ã¹ ã¤ã³ã¿ã¼ãã§ã¼ã¹ ãã¤ã¢ã°ã©ã  å´å 人æè²æ ã¯ã©ã¦ã å´åå it ãªã³ã©ã¤ã³ ããã ã¤ã³ã¿ã¼ããã ããã¸ã¡ã³ã å°é家 ã³ãã¥ãã±ã¼ã·ã§ã³ ã³ãã¥ãã㣠ã³ãã¥ããã£ã¼ ã½ãªã¥ã¼ã·ã§ã³ å³ ã¢ã¦ãã½ã¼ã·ã³ã° ã³ã³ãµã«ãã£ã³ã° ã³ã³ãµã« 人ææ´¾é£ ã³ã³ãã¥ã¼ã¿ã¼ ã³ã³ãã¥ã¼ã¿ ãµãã¼ã mokn23 

 

人事システムは組織構造を補完できる
前のページで書いたように、完璧な組織構造というものはありません。そうすると、組織構造のデメリットを補えるのは、人事システムになります。

例えば、機能別組織のデメリットである、部門最適視点を緩和するために、自部門外の課題への貢献を評価する制度を作ったり、事業部制組織のデメリットである、事業部間の情報遮断を緩和するために、事業部間を定期的に何名かが異動する制度を作ったりすることが挙げられます。

 

人事システムは、運用できる仕組みにする
人事システムを設計する際に重要なのは、そのシステムが運用できるかという視点です。組織構造やそれぞれのシステムのデメリットを打ち消すために、どれだけ複雑精緻なシステムを作っても、それが正しく運用されなければ全く意味がありません。そういう意味では、システムは必要最小限のものでなるべく単純なものがよいということになります。

また、何か問題起きたときも、それが組織やシステムそのものの問題ではなく、運用上の問題である可能性も考慮に入れておく必要があります。