国際貿易の知識・基礎

輸入関税 HSコードとは 国際取引における品目分類 関税率の例

製品の輸入関税を決める際にHSコードというものが用いられます。

HSコードとは、「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)に関する国際条約(HS条約)」に基づいて決められた商品分類を示す番号のことです。このHSコードによって、どこの国でも統一して輸入品の品目管理ができるようになります。

HSコードは貿易対象となる品目を最初の6ケタの番号で分類されています。この最初の6ケタが世界共通で運用できるコードです。さらに末尾に国ごとに運用できるコード3ケタがあり、この9ケタをHSコードと呼んでいます。

www.toishi.info

さて輸入関税は一般的には、このHSコードによって決められます。例えば、HSコード3922.10のようなプラスチック製品や8481.80のような金属製品の場合の関税は以下のようになります。(2014年時点)

HSコード3922.108481.80
日本⇒中国10.00%7.00%
日本⇒インドネシア7.30%0.00%
日本⇒ベトナム23.00%9.00%
日本⇒タイ8.18%0.00%
中国⇒インドネシア0.00%0.00%
中国⇒ベトナム22.00%5.00%
中国⇒タイ0.00%0.00%

これらの関税率は当事国間のFTA(Free Trade Agreement:自由貿易協定)などで決められていきます。近年話題になっているTPPのような多国間の貿易協定もこのHSコード別の関税を決める大事なファクターになってきます。

国際取引の関連記事

https://www.nsspirt-cashf2.com/entry/2018/10/04/010000

FOBとは CIFとは DDPとは 国際貿易における取引条件を示す用語説明 国際貿易に携わっていると、取引条件の中にアルファベット3文字の言葉をよく見かけます。 実際、 「FOB横浜」...
広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら