Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

【中国ビジネス知識】中国の増値税と付加税

中国でビジネスをされている方はよくご存じだと思いますが、中国には付加価値税として増値税というものがあります。これは日本の消費税のような間接税で、中国で取引されるもの全てにかかる税金です。中国の増値税の税率は2017年7月1日より品目によっては減税されていますが、標準税率は17%となっています(さらに2018年5月から製造業では16%に引き下げられています)。

 

この増値税の納税額は以下のように計算されます。

 

増値税納税額=売上にかかる増値税(売上金額×税率) - 仕入にかかる増値税(仕入金額×税率)

 

中国から輸出する商品の場合は、売上増値税は免除されます。しかし、仕入先には増値税を一旦支払ってしまっているので、その分は還付処理をする必要があります。この還付は全額のものあれば、品目によっては還付率が100%ではないものもありますし、還付なしのものもあります。

 

さて、この中国の増値税ですが、上記に書いた増値税とは別に付加税というものがかかってきます。

 

この付加税は、納税額に対してかかってくるもので、2017年4月時点では、都市維持建設税7%、教育費付加3%、地方教育費不可2%の合計12%が課税され、これらは売上原価として計上されます。

 

付加税 =増値税納税額×12%

 

ここに先ほど納税額計算式をあてはめると、

 

(売上にかかる増値税(売上金額×増値税率) - 仕入にかかる増値税(仕入金額×増値税率))×12%

=(売上金額-仕入金額)×16%×12%   ※製造業の場合

 

となります。売上金額に対して、仕入金額の割合が50%とすると、50%×16%×12%=0.96%とおよそ売上金額の1%に相当する金額を付加税として納めることになります。

 

中国で生産し販売する製品の原価計算をする際には、こうしたやや複雑な税体系について理解するとともに、中国は税体系が変わりやすいので、常に最新の状況を確認しておく必要があります。