グローバル・異文化・英語

【TOEIC500点以下の人へ】まず単語を覚える 単語学習におすすめの教材

前回の記事で英語学習の重要性を記載しましたが、どのように英語を勉強すればよいのかとお悩みの方もいることでしょう。現在の英語レベル別に私が考える学習方法を書いていきます。

https://www.nsspirt-cashf2.com/entry/2018/10/12/010000

まずこの記事では、TOEICが500点以下の方に向けて書きます。

f:id:n_spirit:20180930155530p:plain

1にも2にも単語を覚える

まず英語ができるようになるには、単語を覚えないことには始まりません。なぜなら、わからない単語は聞けないし、読めないからです。そのためには、単語をひたすら覚えるという地道なことが必要になってきます。

まずは最低限中学生レベルの単語をある程度覚える必要はありますが、そこまでは何とかできているとして、次のレベルに進むために単語を覚える教材として、おすすめの教材は以下「Duo3.0」です。

私も英語があまりできないときは、これをひたすら聞いて覚えました。この教材の素晴らしいところは3点あります。

1点目は、レベルがTOEIC600点から780点レベルを目指す人向けということで、単語のレベルが極端に高いものではない、かつ実務でよく使われる単語が収録されているところです。

2点目は、ひとつの文例で複数の単語が覚えられるように工夫されていることです。よくある単語帳のように一単語につき一文章ではなく、収録されている560の文章の中に重要英単語・熟語2,600が収録されているので、560本の文章を覚えると、必然的にこれら単語・熟語2,600を習得することができるのです。

3点目は、別売しているCDを買うと日本語文章⇒英語文章⇒それぞれの単語⇒最後にもう一度英語文章という形で順番に聞けるので、聞いているだけでも頭に定着しやすいということです。CDにはこのように順番に流れる基礎用と、文章だけが流れる復習用があります。と評判です。

単語は発音と一緒に覚え、文章で音のつながりを意識する

次に大事なのが、単語を覚えるときに、前述のCDなどで、発音と一緒に覚えるということです。カタカナ発音で単語を覚えてしまうと読むときにはよいのですが、実際会話になるとほとんど使えないものになってしまいます。

もう一点は、ひとつひとつの単語を音で覚えるだけでなく、文章にしたときのつながりも意識するということです。なぜなら、英語は単語を文章にしたときにリエゾンという音の消失や結合が起きるからです。例えば、Do have a time to talk with us?という文章では、「ドゥ」「ユー」「ハブ」「ア」とそれぞれの単語の発音をするのではなく、have a time toは「ハバタイトゥ」という感じになりますし、with usも「ウィザス」のようにつながるのです。

こうしたことからも、文章で覚えられる上述の「Duo3.0」はよい教材なわけです。

f:id:n_spirit:20180930160730p:plain

単語を習得できたら英語を使う機会を作る

単語が習得できてきて、ある程度例文が頭に入るようになってきたら、英語を使う機会を作ってみましょう。なぜなら、使えば使うほど英語が頭に定着してくるからです。

そうした意味では、ある程度の単語が頭に入ってくるようになった段階で、英語学習のモチベーションを高めるためにも英語レッスンを受けるという選択肢も視野に入ります。

英会話教室でこのレベルの人におすすめするのはGABAです。オンライン英会話という選択肢もありますが、GABAなら対面マンツーマンで丁寧に指導をしてくれるので、初心者におすすめです。まずは無料体験レッスンから始めることができます。

対面式だとどうしても地理的な問題があるという方は、スタディサプリ ENGLISHもおすすめできます。数分のスキマ時間を活用して、スマホを使って英語を勉強できます。文法、単語だけではくTOEICの解法までサポート。月額3,000円未満なので、英会話教室に比べると手軽に申し込みできます。スタディサプリ ENGLISHにも無料体験(1週間)があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まずは単語を覚えて、音慣れをする、そして使う機会を増やすというのが初心者が目指すべきターゲットです。これをやっていくと、早ければ半年程度でTOEIC600点を超えることも可能になるでしょう。

 

もっと学びたい方にはTOEIC公式問題集

 600点が狙えるレベルになってきたら、こちらもご参照ください

【TOEIC600点以上を目指す人へ】TOEIC教材をひたすらやり込むべし前回の記事で、英語の勉強はまず単語からと書きましたが、単語を一通り覚えることができた人は、次にどのように勉強を進めていけばよいのでしょう...