Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

CEATEC シーテック アジア最大級のITとエレクトロニクスに関する国際展示会

CEATEC(シーテック)とは

10/16-19の日程でCEATEC(シーテック)が開催されます。CEATECとは、Combined Exhibition of Advanced Technologiesの略称で、2000年に前身となる2つの展示会が合体し2000年から開催されている展示会です。元々家電製品の見本市ということでスタートし、初期のころは液晶テレビやLED照明などが注目集めていましたが、近年はCEATECの日本語訳である「先進技術の統合展示会」という名のとおり、IoTをはじめとしたIT技術を中心とした展示に様変わりしていきます。

 

f:id:n_spirit:20181010120540p:plain

展示概要

展示会場は幕張メッセで、会場時間は10時~17時までです。入場料は当日入場で1,000円(学生は500円)で、WEBでの事前登録者は出展者から招待を受けた方などは無料となっています。

 

2017年実績は、来場者数は約15万人、667社だったそうです。多くの人が最新技術・製品の情報収集、業界動向把握の目的で来場しています。

 

出展者はパナソニックや日立といった大手家電メーカーをはじめ、工作機械のファナック、通信大手のNTT、三井住友銀行などの金融機関、日本総研のようなシンクタンクの他、山梨大学やインド工科大学といった教育機関も出展しています。

 

出展企業詳細はこちら 

www.ceatec.com

 

近年のCEATEC展示

近年の展示でいくと、「顔認識・耳認識技術」、「スマート都市構想」、「ロボットによるおもてなし提案」などが展示されていました。2016年からは「CPS、IoT」、「Society5.0」という全体コンセプトで開催されてきています。

 

CPSとは

Cyber-Physical-Systemの略で、実世界にある様々なデータを収集し、サイバー空間上でのデータ処理技術などを使って分析/知識化をして、それに創出された情報や価値によって、経済発展や社会問題の解決を図っていくものを示します。IoTのひとつの活用形態という見方もあります。

 

IoTとは

Internet of Thingsの略で、あらゆる「物」がインターネットにつながり、インターネットを介して情報活用する概念のことを示します。

 

Society5.0とは
実際の世界と、サイバー上の空間が相互に連携した状態(CPS/IoTが具現化している社会)では、インターネット空間の接点はスマートフォンのような端末だけでなく、あらゆる物や生活空間に広がっていき、それを介して収集されたデータは、それぞれが密接に連携し、従来では実現できなかった、またはできなかったレベルの効率性で問題解決できるようになっていきます。「Society5.0」とは、こうしたCPSやIoTを活用することで、経済的発展と社会的問題の両方を解決して、人間が質の高い生活を送れるようにするという国家ビジョンのことです。

 

CEATEC2018

2018年は「つながる社会、共創する未来 (Connecting Society, Co-Creating the Future)」をテーマに開催されます。このブログでも実際の展示内容に触れてみたいと考えています。