人材管理・リーダーシップ

人材流出を防止するための4つの方法・対策

人材が定着せずにお悩みの方は多いかと思います。

この記事では、そんな方に向けて人材流出を防止するための4つの方法・対策について解説していきます。

広告

人材流出を防止する必要性

f:id:n_spirit:20181004112934p:plain

従業員にいかに会社に長く留まってもらい、活躍してもらうかということは会社にとって大変重要なファクターになります。もし、従業員が辞めてしまい、代わりの人を採用した場合、採用・教育にかかるコスト、ポジションを埋めて一定のスキルが身に着くまでの期間に生じる仕事の生産性低下など、会社は様々なコストを支払う必要があるからです。

また、従業員のノウハウが重要な要素を占める産業の場合、ノウハウを持った従業員が辞めたり、競合他社に移ったりするようなことになれば、会社にとっては損害にもなってしまいます。

 

広告

人材流出を防止するための方法・対策

f:id:n_spirit:20181006123622p:plain

効果的な従業員引き留め戦略として、以下のようなものがあります。

1.目標と期待を明確にする

まず目標と期待を明確にすることです。従業員は職務そのものや職務を通しての期待が何であるかが不明な場合に不満を募らせてしまいます。彼らの期待が何であるか、そして彼らの責任が何であるかをチームと明確に伝え、さらにチームとして目標をまとめることで、彼らは自分たちのゴールを明確に意識しモチベーションアップにもつながります。

2.従業員がメリットを感じる待遇にする

従業員が会社を離れる最大の理由として上げられるのが給料です。もし会社が同業他社と比べて給与面で競争上のメリットがない場合、それは従業員が会社を離れるきっかけになるかもしれません。もちろん給与のみが従業員が離れる理由ではありませんが、大きな要因であることは間違いないです。

 

3.従業員が楽しいと思える企業文化を確立する

様々な研究を通して企業文化が組織の業績に影響を与えることが証明されています。つまり、従業員がそこで働くことを楽しいと思える企業文化を確立することが大事なのです。 例えば、勤務時間や、作業ロケーション、勤務時の服装の制約、組織階層を極力無くすなどにより、従業員がよりオープンなコミュニケーションをできる文化を醸成できます(フレックス勤務、リモートワークなど)。

従業員が会社を離れる多くの理由は、給料ではなく、マネージャーのためだとも言われます。フラットでオープンな文化の醸成はマネージャー起因による離職を防ぐひとつの手立てになるでしょう。

4.従業員の価値を評価する

最後に何よりも従業員の価値を評価することが大事です。ある従業員が週40時間働いているとすると、その従業員は自分の時間の約24%を仕事に費やしていることになります。その従業員が夜8時間睡眠をとっている場合、その週の約57%が働いているか寝ている時間になります。残りの43%は食事や家族や友人との時間となります。

このように考えると、たとえ週40時間勤務であっても、従業員は会社のためにかなりの時間を費やしていることになるので、その時間を使ってくれている分の価値をきっちり評価することが大事になるのです。(残業している場合は、もっと多くの時間を割いていることになります)

まとめ

いかがでしたでしょうか。冒頭に述べたように人材の流出は会社にとって大変コスト負担の大きいものです。また、部署の主要な人材が抜けるというのは、マネージャーにとっての負担も大きくなります。

上に書いた4つの人材流出防止策を参考に、優秀な人材が喜んで職場に残る職場つくりを目指しましょう。

 

関連情報をもっと知りたい方は

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 Twitterアカウントはこちら