人材管理・リーダーシップ

【経験からわかった】リーダーとして信頼されるために必要な10のこと

 

チームマネジメントにおいて、リーダーがチームメンバーから信頼されることは組織運営をする上で大変重要なことです。

  • 将来リーダーになることを目指している人
  • これからリーダーになる人

 

そんな方たちに向けて、リーダーがチームメンバーから信頼されるために必要なこと10項目をまとめみてました。

 

広告

謙虚に振る舞う

f:id:n_spirit:20180926085517j:plain

横柄な態度はリーダーの名声に傷をつけ、メンバーのモチベーションを下げる結果になります。自身の実績や成功体験を必要以上に強調することも避けるべきでしょう。謙虚に振る舞うのが結果的に自分を最もよく見せる方法なのです。

 

広告

能動的に動く

誰かからの指示を待つのではなく、能動的に動きましょう。例えば、中間管理職のリーダーが、上からの指示待ちの人だと部下に思われてしまうと、リーダーのために働こうという意欲を削ぐ結果となりますし、部下も指示待ちの人間になってしまいます。率先して動くことが、信頼と尊敬につながるのです。

 

約束を守る

約束を守ることは、信頼にもつながります。約束を破ってしまうことは信頼関係を壊す原因になります。もしその約束を守れないと感じるのであれば、安易な約束をするべきではないでしょう。あるいは、私にはできないかもしれないがトライするなど、結果を約束するのではなく、トライするというプロセスを約束するべきでしょう。そして、一旦約束したら、よく働き、動き、他部門を巻き込みながら約束を果たすようにしましょう。

 

広告

チームの成長をサポートする

f:id:n_spirit:20181004112934p:plain

チームに成長機会を与えて、チームメンバー自身が能力開発やスキル向上できるようにしていきましょう。そして、成長とは逆行する、やってはいけないことは、メンバーの時間を浪費することです。

例え部下であっても、彼らの時間を尊重することが、チームをうまくマネジメントするためには必要です。必要のない会議には出席させない、自分自身の行動が彼らの時間を邪魔しない、といった配慮がリーダーへの信頼につながります。

 

 ハンズオンとオフのバランスを保つ

権限委譲とハンズオンのマネジメントのバランスをとることが重要です。権限委譲という名の放置になってはいけないですし、ハンズオンでやり過ぎて、メンバーが指示待ちになるような状態を作ってもいけません。これはチームメンバーの成長促進にもつながります。

 

メンバーへの期待を言い続け、よいことは褒める

リーダーがチームメンバーに対して期待していることを言い続けましょう。それは特定のチーム目標かもしれないですし、何か行動規範のようなものかもしれません。いずにせよ、リーダーとしてこう合ってほしいということをはっきりメンバーに伝えることが、リーダーへの信頼にもなります。

そして、よい行動、結果は積極的に褒めましょう。言葉で感謝を伝える、ランチに誘う、何かちょっとしたギフトを渡すなど、褒め方はたくさんあります。

 

他人の批評を避ける

人は誰しも強み・弱みがあります。言い換えると、人は誰でも批判されるポイントがあるわけです。他者をあまり批判するような言動をとると、チームメンバーは自分も影では言われているのではないかと心配になります。メンバーからの信頼を保つためには、そうした言動は極力避けるべきでしょう。

 

真面目に働く

f:id:n_spirit:20180930153136p:plain

真面目に働くのは信頼を得るために当然必要なことです。自らが期待する行動規範(納期を守る、目標を達成するなど)を率先垂範することで、メンバーはリーダーを信頼することができるでしょう。

 

できないことをはっきり言う

いつも賛同したり、受け入れたりするばかりでなく、できないこと、違うと思ったことには、はっきり「NO」を伝えましょう。罪悪感にとらわれる必要はありません。逆に「YES」と言ったことに対しては、必ずそれを実行するようにしていきましょう。

 

感情をコントロールする

チームマネジメントをしていると、様々な問題が起きます。そこで感情を露わにすることなく、冷静に、できれば笑顔で様々な問題に対処していきましょう。特に怒りの感情を表に出すことは避けて、あらゆる場面でも努めて冷静に対処をするべきでしょう。リーダーが怒りの感情を頻繁に出すと、メンバーはリーダーに対してオープンに接することが難しくなります。

 

まとめ

いかがでしょうか。どれも当たり前のことだと感じるでしょうが、実際に行動するのはとても難しいものです。私自身も書いていて、行動を改めるべきだと感じることがあります。是非、みなさんもこの10項目を参考によいリーダーを目指してみてましょう。

また、リーダーとしての実力をさらに磨きたいという方は、転職してみるという選択肢もあります。まずは無料の転職サイトに登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

初めての方におすすめしたいのはリクナビNEXTです。登録するだけで様々な求人を見ることができますし、非公開案件のオファーがくることもあります。

また、プロのエージェントに気軽に相談したいという方は、リクルートエージェントへの登録もおすすめします。まずは情報収集だけしたいという方でも、きちんと相談に乗ってくれるエージェントです。

おすすめ転職サイト・エージェントの詳細をこちらにまとめたので、あわせてご覧ください

【おすすめ】10年の活動で役立った転職サイト・転職エージェント6選 私は社会人4年目のときから、転職サイト・エージェントを利用し始めて、以降10年以上に渡って転職サイト・エージェントを活用してきま...

 

リーダーに関する記事

【新任課長必見】経営幹部・部下から頼られる課長の役割とは この記事では、これから新たに課長になる方に向けて、私の経験も踏まえながら、どういう課長が頼られる課長になるかについて書いていきま...
【世界のリーダーから学んだ】グローバルリーダーの条件・資質【共通する3つのポイント】多くの日本企業が世界市場にその拡大余地を求めている中、日本だけで通用するリーダーシップスタイルだけでなく、グローバルで活躍できるリーダー...


 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら