Ns spirit ビジネスパーソンの心技体

ビジネススキル・知識・キャリアを中心にビジネスパーソンの心技体を磨くための情報を発信しています。心技体を磨いて80歳で後悔しない人生を目指そう。

ペネトレーションプライシング 価格戦略の事例  Huami社 ウェアラブル Amazfit

 

9/28の記事で、ペネトレーション・プライシングの例としてXiamiの「Mi Band3」を紹介しました。今回はペネトレーション・プライシングの例として同じシャオミが出資しているファーミー社が作っている「Amazfit」を紹介します。

 

前回のMi Bandの記事

www.nsspirt-cashf2.com

 

Amazfitとは 製品紹介

こちらもウェアラブルデバイス、スマートウォッチとして格安の値段で販売されているモデルです。

 

「Amazfit」にはいくつかモデルがありますが、いずれもAppleのApple Watchのような他のウェアラブルよりも安価なことと、充電の持ちがよくて充電スパンが長いことです。

 

Apple Watchが2-3日なのに対して、「Mi Band」でも普通に使っていれば3週間くらいは持ちますが、「Amazfit」の場合は後述のとおり1ヶ月程度もつモデルもあります。

 

Amazfit Pace

Mi Bandに比べると電池の持ちは短いですが、それでも1週間程度は持つようになっています。Mi Bandより価格が高い分、高機能で、表示ディスプレイが大きいこと、音楽の保管・再生機能があります。 

 

Amazfit Bip

こちらはAmazfitの廉価版ですが、電池は何と1ヶ月持ちます。そして廉価版にも関わらず、心拍数センサーやIP68といった防水性能などAmazfit Paceよりも高機能だったりします。 

価格は本場中国だと399元、Amazonだと多少割高にはなりますが、それでもApple Watchに比べれば格安になります。そして、何よりも電池の持ちが1ヶ月と格段に長いのが特徴です。

 

Amazfit Stratos

「Amazfit」の中ではハイエンドのモデルです。私のまわりでも愛用者の多いモデルです。円形ディスプレイを搭載、電池の持ちはPaceと同じく約1週間です。

値段は少々高いですが、その分作りもしっかりしていて、GPS、心拍数計測、歩数計測、コンパス、睡眠時間計測など機能は盛りだくさんです。

 

f:id:n_spirit:20181117164917p:plain

 

Amazfitの価格戦略

Mi Bandがおもちゃの時計のような感じに見えるのに対して、Amazfitは以下にも時計らしい感じに見えます。しかし、前述のようにウェアラブルの中では、安価な価格での提供で、まさにペネトレーション・プライシングの一例として挙げられるでしょう。

 

しかし、Amazefit Stratosのように、対象年齢層を意識してビジネスシーンでの活用を視野に入れたモデルを出して単価UPを狙っているあたり、同じウェアラブルでもMi Bandとはやや異なるシリーズ展開・価格戦略をとっているという印象です。

 

ビジネスパーソン向けはこちら