国際貿易の知識

スリーウェイマッチング(3 Way Matching)とは 国際取引における3点確認方式

 

こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。

この記事では、貿易実務で重要なスリーウェイマッチングについて解説していきます。

 

スリーウェイマッチングとは、その方法

スリーウェイマッチングとは、仕入先からの請求書が正確であることを保証するための手順で、購買プロセスにおける3つの重要な文書(PO(注文書)、納品書、Invoice(請求書)の3点が一致していることを確認することを示します。

 

PO(注文書)

購買者から仕入先に出される正式な発注で、POには商品またはサービスを購入する会社の名前、日付、商品、サービスの名前とその内容説明、数量、価格、送付先住所、支払いのための情報、請求書住所、PO番号が含まれます。

 

納品書

これは仕入先が購買者に物を納品したという記録になります。

 

Invoice(請求書)

仕入先から購入者に送られる、購入物に対する支払を要求するものです。請求書には、POに記載されている情報と、参照するPO番号と請求書番号が記載されます。

 

なぜスリーウェイマッチングをするのか

スリーウェイマッチングをする理由は、

  1. 実際に取引がされたものだけに対して確実に送金手続きが可能なこと
  2. 購買担当者とベンダーの信頼性を確認できること
  3. 財務監査の際の説明が適切かつ簡易にできること

があげられます。

スリーウェイマッチングができていないと、購買担当者とベンダー間で起こる不正(空発注など)を見つけられない(あるいは見つけるのに時間がかかる)可能性があります。

また、国際間の取引をする場合、このマッチングが適切に行われていないお金のやりとりは不正な金銭の授受・マネーロンダリングなどの可能性を疑われることにもなります。

 

ABOUT ME
アバター
セーシン
元製造業のリーマン管理職。海外駐在や新規事業を経験後、40代で独立し複数の会社から業務を受託するフリーランスにキャリアチェンジ。国内外の仕事を受けています。ウェブサイト運営歴15年、20代からの学びをこのブログにまとめています。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事