Ns spirit 投資学・経営学研究室

投資・経営の基礎を網羅した「投資学・経営学研究室」のブログ版です。ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信していきます。

RPAとは Robotic Process Automation オフィスワーカーの業務効率化手法

RPAとは
Robotics Process Automationの略で、オフィスワークの自動化のためにデザインされたソフトウェアによって、これまで人間が行なっていた単純作業を効率化することを示します。オーダー処理やエクセルの数値入力など繰り返しを伴う単純作業を置き換えることが可能になります。
 
RPAは工場での生産工程の自動化とは異なり、実際に人間を置き換えるロボットは不要で、ソフトウェア上で人間のタスクを代替えしてくれます。
 

f:id:n_spirit:20181007143152p:plain

RPAのメリット
ディープラーニングとは異なり、RPAソフトは人によって成される単純作業を代替えしてくれます。ソフトはAIによるビッグデータ解析のように、自動で学んだり、新しいやり方を見つけ出したりくれるわけではないので、AI機能を有するシステムよりシンプルなシステムで、シンプルな分だけAI搭載のシステムよりは安価に提供することができます。この安価なところが、多くの会社にとって魅力的なシステムだと言えます。
 
RPAは、金融機関のような多くの数字を間違いなく処理する必要性が高い産業で導入が試みられてきました。近年では、金融機関だけでなく、多くのバックオフィスを抱えるような会社、例えばコールセンターやアフターメンテナンスのデータ処理・解析などするような場面でも使われるようになってきています。
 
RPAを導入することで、オフィスワーカーは単純作業から解放されて、より付加価値の高い仕事に集中できるようになります。
 
RPA導入にあたっての注意点
RPAを会社に導入する場合、いくつかの注意点があります。
 
RPA導入人材の教育
RPAに精通した人材教育です。各部門でRPAマスターのような人材を作り、導入のサポートが必要です。
 
部門意思決定者への理解促進
往々にして大企業の部門意思決定者は、この手の技術に疎く、導入意義の理解が浅い場合がありますので、そうした人たちに理解を促進することも大事になってきます。
 
従業員への説明
従業員に対してRPA導入意義を理解してもらうように説明するのは、部門意思決定者への説明と同様に大事ですが、従業員への説明には注意を要します。なぜなら、RPAの導入は、人件費カットというメッセージとセットで伝わることが往々にして起こるためです。RPAの説明の際には、変わりにどんな業務ができるようになるのか、どのようにオフィスワーカーのキャリアにプラスなっていくのかを合わせて説明しないと、単に人員カットの手法だと見られてしまうと、RPA導入の抵抗勢力になってしまうのです。
 
RPAの威力

RPAの威力

 

 

 

___