マーケティング思考・戦略

製品差別化戦略 AfterShokz TREKZ AIR 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 体験レビュー

製品差別化戦略の一例として、After shokz社の骨伝導ワイヤレスヘッドホン「TREKZ AIR」を紹介します。

【3分でわかる】ポーターの事業戦略類型 コスト・リーダーシップ、差別化、集中戦略論の中には、戦い方の類型がいくつかあります。マイケル・ポーターは、著書の中で、戦い方類型として3つを説明しています。 この記事...

After shokz社とは

2011年にアメリカで設立されたスタートアップです。CEOはBruce Brestein氏、本社はニューヨークに登記されています。非公開企業のため詳細な企業情報はわかりませんが、あるサイトによると売上は約10億円、従業員は140名とのことです。クラウドファンディングを使って資金調達をしています。

会社HP: AfterShokz

TREKZ AIRの特徴

AfterShokzは主にイヤホンを展開している会社でして、今最も話題になっているのが、こちらのTREKZ AIRです。

f:id:n_spirit:20181013204347p:plain

この商品の特徴は、耳を使わず、骨伝導を使って音を届けることができるところです。骨伝導を使うことで、耳を塞ぐことなく、音楽や動画を楽しむことができます。つまり外の音を聞きながら、音楽を聴くこともできますし、逆に音楽を聴くときに外界の音に邪魔されることも少なくなります。

その他、軽量で柔軟な本体、運動時の使用(雨天でも可)、2年間の品質保証がついています。(一般的にこの手商品は1年でしょう。)

TREKZ AIRの使い方

使い方は非常に簡単、スマートフォンとBluetoothで接続して、音楽再生をするだけです。電源ボタンの5秒押しでペアリングモードになり、スマートフォン側でデバイスを選択してペアリング完了。電源ボタンの3秒押しでON/OFFができ、再生中はイヤホン側から音量調整と一時停止と再生も可能です。(全てマニュアルどおりにやるだけです、ちなみYOUTUBEは一時停止できましたが、イヤホン側からの再生はできませんでした)。充電もフルの状態で6時間はもつそうです。

f:id:n_spirit:20181013204436p:plain

TREKZ AIRの使い道

筆者は電話会議で活用しています。耳が塞がれていないので、電話会議を自席でやりながら、隣の同僚と会話なんて使い方も可能でしょう。ワイヤレスなので、何か作業をしながら、音楽を聴くのにも最適です。

私はジムでトレーニングをするときに、このスピーカーを活用しています。

ただ、音量が大きいと音漏れがあるので、電車内や図書館での使用は音量を下げるか、もしくは諦めて使わないということにはなりそうです。

TREKZ AIRの価格戦略

値段は会社ホームページによると149.95USD、日本で購入するともう少し高くなっています。普通のイヤホンに比べると高いですし、原価から考えると149.95USDはかなり高いと思います。

しかし、その技術の先進性とデザインを考えると妥当な価格設定とも言えるでしょう。イヤホンという技術が成熟している中で、新技術による製品差別化戦略をとり、ブランド構築と高い粗利益率を狙いにいくスキミングプライス戦略により市場参入してきています。

【徹底解説】価格戦略 新商品・複数商品・消費者心理での価格設定以下のページで価格戦略の基本を解説しましたが、実際には特定のケース別に様々な価格戦略があります。この記事では、より詳細な価格戦略を解説し...