Ns spirit ビジネスパーソンの心技体

ビジネススキル・知識・キャリアを中心にビジネスパーソンの心技体を磨くための情報を発信しています。心技体を磨いて80歳で後悔しない人生を目指そう。

大企業【20代後半~30代前半 必見】 自分の市場価値を簡単に確認する方法

 

みなさんは、自分の市場価値がどのくらいか気になりますか?

 

大企業でずっと勤務されてきた方は、自分の市場価値を考えることとは無縁で仕事をしてきたかもしれませんが、これからはそういう時代ではなくなります。

 

詳細は後に書きますが、安泰な大企業で仕事をしている人でも自分の市場価値を定期的に確かめることは必須になると思っておいたほうがよいでしょう。

 

私自身も大企業勤務でしたが、若いときから自分の市場価値を定期的に確かめるという積み重ねがあったおかげで、40代でのスタートアップへの転職につながっていると思っています。

 

 

この記事では、そんな大企業にいる方が自分の市場価値を認識する方法について書いていきます。

 

 

大企業30歳前後の人が考えておくべきこと

社会人5年目~10年目くらい、年齢でいうと30歳前後にもなってくると、経験が備わり、社内人脈が形成できてくるので、20代前半のときに比べると大きな成果を発揮できるようになってきます。そういう意味で20代後半~30代前半というのは、仕事へのやりがいが高まる時期なのです。

 

しかし、私は仕事にやりがいを感じ始めている大企業の20代後半~30代前半の方にこそ考えて欲しいと思っていることがあります。それは、自分自身の市場価値です。

 

私は、しばらく大企業に勤務していたので、ある程度内情がわかっているのですが、大企業というのは、その中で社会が形成されていて、文化に馴染めて社内外の特定の人脈ができてくると大変心地よく仕事ができるようになってきます。

 

これは決して悪いことではなく、こうしたパフォーマンスを発揮しやすい状況になるからこそ、仕事にもやりがいを感じられるようになるわけです。

 

では、なぜそんな状況で私はあえて市場価値を考えろというのか?

 

それは、今やりがいを持ってできている仕事も、そのままの延長でやっていると必ず飽きが出てきたり、スキルが頭打ちになってきたりするからです。多くの人はそういうことを感じるようになってから、自分はどうすべきか?となってしまいます。これは早い人だと30代中盤から、多くの人は30代後半~40代前半になると感じてくることです。

 

しかし、30代後半から40代前半で飽きを感じ始めたときになって、新たにスキルを身につけようとか、ましてや転職しようとなると、大変な労力がかかりますし、まず何をやろうか?と考えているだけ時間が過ぎていってしまいます。

 

そして、この富士通の例のように会社のために頑張ってきたつもりでも、突如意図せぬ方向に向かう可能性もあるのです。

富士通、配置転換5000人規模 ITサービス注力で :日本経済新聞

 

また、こちらのツイートには別の事例があります。

 

だからこそ、仕事にやりがいを持って働けている30歳前後のうちに次のステップを考えておくことが重要になるのです。

 

自分の市場価値を簡単に確認する方法

以前の記事で、今後何が起こっていくのか?そしてそのために身につけておきたいスキルは何か?について書きました。

 

www.nsspirt-cashf2.com


この記事で、30代のうちに身につけることとしてあげたのが、1.英語とビジネスの勉強をする、2.専門性を磨く、3.仕事でチャレンジをする、4.社外に誇れる実績を作る、5.体力をつける、の5つをあげました。

 

これらのことを愚直にやっていくと、30代後半~40代に向けてさらなる高みにチャレンジするための土台ができるようになるのです。

 

さて、ここでひとつ問題があります。こうしたことに取り組むにあたって、あるいは取り組んでいる最中に自分の立ち位置をどのように知るのがよいのでしょうか。

 

先ほども書いたように、大企業に勤めていると、仲間内の人が多くなっていくので、その中で「すごい」とか「できる」と言われても、

 

「本当に市場価値があるのか?」

 

「実際は市場からどのように評価されるのか?」

 

がイマイチつかめないことでしょう。

 

そうなると、社内だけでなく、社外からの評価が必要になってくるのですが、その一つの手段として社外の人脈を作って、もう少し客観的に評価をしてもらうというアイデアがあります。

 

私も、大企業勤務時代に、社外の様々な人たちとの交流の中で、自分の立ち位置を客観的に知ることに努めてきました。こうした中で、「社外でも通用する能力」、「社内でしか通用しない能力」、「市場価値を高めるために必要な能力」などがわかるのです。

 

しかし、最も効果的に自分の市場価値を知る方法が、もう一つあります。


それは、

 

転職サイトに登録してみる

 

です。


転職活動というと、大変ハードルの高そうなものに見えるかもしれません。

 

「今の仕事にやりがいがあるのに転職なんて考えられない」

 

という人もいるでしょう。

 

その気持ちはよくわかります。

 

しかし、実際に会社の面接を受けるかどうかは別として転職サイトに登録するだけでも、自分の市場価値を測ることができるのです。

 

転職サイトに登録すると何がよいのか

f:id:n_spirit:20181028134235p:plain

 

市場で何が求められているのかがわかる

求人情報を見ると、今どのような職種、能力が市場で求められているのか、それは大体どれくらいの年収水準なのかを知ることができます。

 

そうしたスキルと求められている年収水準を比較してみるだけでも、自分の立ち位置がわかってきます。

 

職務経歴書から自分のキャリアの棚卸ができる

転職サイトに登録すると、職務経歴書を登録するように求められます。

 

これは少し面倒ではありますが、是非一度書いてみることをおすすめします。なぜなら、職務経歴書を書いて、自分でそれを眺めてみることで、自分だったらこの人間を欲しいと思うのか、要らないと思うのかが何となく見えてくるからです。

 

ちなみに、以下の記事にも書きましたが、職務経歴書はサラリーマンの最も重要なプレゼン資料なのです。

 

www.nsspirt-cashf2.com

 

エージェントから自分の市場価値を確かめられる

転職サイトに登録すると、エージェントから声がかかることがあります。このときに、今すぐ転職するつもりはなくても、一度会ってみるとよいでしょう。エージェントに会うと、様々なことがわかります。

 

例えば、エージェントからは旬の職種、能力は何か、ジョブマーケットでどのような人材が流通しているか、どこの業界、どのような人材を求めているかがわかります。そして、会話の中から自分に足りないものも見えてきます。

 

面接までいくと、さらにリアルな現実がわかる

もし、どこかの会社の面接まで漕ぎつけると、さらに多くの実情がわかります。上記にあげた1から3のことをリアルに実感する場面になります。

 

 

転職サイトに登録して、さらにわかること

転職サイトに登録することで、さらに以下のようなことがわかってきます。

 

  • 自分の強み・弱み、足りないもの
  • 大企業という恵まれた環境にいる自分

 

自分の強み・弱み、足りないもの

私は転職意思がないときでも、エージェントに会ったり、面接を受けたりして、自分の市場価値を常に確かめてきました。それによって、強みや弱みを見出してきました。

 

昔はエージェントや企業との面談を受けた後に凹むことが多かったです。エージェントからは足りない能力や経験を率直に言われますし、応募してみた採用面接で落ちたことも何度かあります。転職する気はないとはいっても、やはり凹むのです。 

 

しかし、こういう経験のおかげで、市場で求められるスキルを伸ばそう、市場価値を常に確かめて仕事に取り組もうと思えるようになり、今は大企業を離れて仕事ができるようになりました。(ちなみに、私は決して大企業を辞めることだけがステップアップとは考えてはいません、念のため)

 

以下は関連ツイートです。

 

大企業という恵まれた環境にいる自分

大企業というものが、いかに給与面、福利厚生面で恵まれているかもよくわかります。

 

今所属している大企業と同じ年収水準で転職しようとすると、相当の成果を出さないといけないわけですが、そうした現実を知ることで、大企業の中での仕事への取組み方も変わってくるわけです。

 

大企業でも5年、10年経ったときにどういう状態になっているかわかりません。だからこそ、世間の一般的な水準と自分の置かれている環境を理解し、仕事を一生懸命やり、スキルアップの努力をしておくことが大事なのです。

 

そうしてスキルアップした結果、自分の市場価値を高めておけば、どこに行っても通用しますし、そもそも企業の側が、そんな市場価値の高い人を手放そうとしなくなります。

 

職務経歴書を定期的にアップデートする

 

f:id:n_spirit:20181028134325p:plain

転職サイトに登録して、職務経歴書を作ったら、それを放置せずに定期的にアップデートすることをおすすめします。それによって、「自分の経験・スキルの棚卸しができ」、「転職サイト内でも新らたな情報を入手しやすくなる」からです。

 

職務経歴書を書き慣れてくると、次の1年で何を経験として付け足すべきかといった、未来のスキルアップの方向性も見えてくるようになります。

 

転職サイトからも職務経歴書の更新を催促されますが、最新の状況にしておくと、エージェントからも声がかかりやすくなります。

 

このあたりは、先ほども紹介した以下の記事にも書いています。

www.nsspirt-cashf2.com

  

まずは気軽に転職サイトに登録してみよう

これまで書いてきたとおり、今は転職する気はない人でも、転職サイトへの登録は大変メリットが多いです。登録無料で自分の市場価値を認識できるだけでなく、サイトの使い方に慣れておけば将来転職を考えることになったときに役立つかもしれません。

 

初めての方におすすめしたいのは、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントパソナキャリアに登録することです。

 

これら大手4社に登録することで幅広い情報にふれることができる上に、様々なタイプのキャリアアドバイザーと接する機会を得ることができます。

  

転職についてもっと知るには

『35才限界説』なんて関係ない! 30代40代のための転職完璧ガイド

『35才限界説』なんて関係ない! 30代40代のための転職完璧ガイド

 
最新版! 30代40代の転職 採用される履歴書・職務経歴書

最新版! 30代40代の転職 採用される履歴書・職務経歴書