キャリア形成・プラン

自分の市場価値を簡単に知る方法【大企業の若手・中堅はまず市場価値を把握すべし】

 

みなさんは、自分の市場価値がどのくらいか気になりますか?

大企業でずっと勤務されてきた方は、自分の市場価値を考えることとは無縁で仕事をしてきたかもしれませんが、これからはそういう時代ではなくなります。

詳細は後に書きますが、安泰な大企業で仕事をしている人でも自分の市場価値を定期的に確かめることは必須になると思っておいたほうがよいでしょう。

私自身も大企業勤務でしたが、若いときから自分の市場価値を定期的に確かめるという積み重ねがあったおかげで、40代でのスタートアップへの転職につながっていると思っています。

この記事では、そんな大企業にいる方が自分の市場価値を認識する方法について書いていきます。

 

自分の市場価値には早いうちから関心をもつべき

若手から中堅に差し掛かるとき、年齢でいうと30歳前後にもなってくると、経験が備わり、社内人脈が形成できてくるので、20代前半のときに比べると大きな成果を発揮できるようになってきます。

そういう意味で30歳前後というのは、仕事へのやりがいが高まる時期になります。

しかし、私は仕事にやりがいを感じ始めている大企業の30歳前後の方にこそ考えて欲しいと思っていることがあります。

それが、自分自身の市場価値です。

大企業というのは、その中で社会が形成されていて、組織文化に馴染んで、社内外の特定の人脈ができてくると、大変心地よく仕事ができるようになってきます。

これは決して悪いことではなく、こうしたパフォーマンスを発揮しやすい状況になるからこそ、仕事にもやりがいを感じられるようになるわけです。

では、なぜそんな状況で私はあえて市場価値を考えろというのか?

それは、今やりがいを持ってできている仕事も、そのままの延長でやっていると必ず飽きが出てきたり、スキルが頭打ちになってきたりするからです。

多くの人はそういうことを感じるようになってから、自分はどうすべきか?となってしまいます。これは早い人だと30代中盤から、多くの人は30代後半~40代前半になると感じてくることです。

しかし、30代後半から40代前半で飽きを感じ始めたときになって、新たにスキルを身につけようとか、ましてや転職しようとか考えると、大変な労力がかかりますし、何をやろうか?と考えているだけ時間が過ぎていってしまいます。

そして、以下にあげた大企業の例のように、会社のために頑張ってきたつもりでも、突如意図せぬ方向に向かう可能性もあるのです。

富士通については、ツイッターでこのようなことがつぶやかれています。

 

さらにトヨタ自動車の社長もこのような発言をしています。

「今の日本(の労働環境)を見ていると雇用をずっと続けている企業へのインセンティブがあまりない」と指摘。現状のままでは終身雇用の継続が難しいとの考えを示した。

日本経済新聞記事より引用

だからこそ、仕事にやりがいを持って働けている30歳前後のうちに次のステップを考えておくことが重要になるのです。

 

大企業にいると自分の市場価値がわかりにくい

以前の記事で、今後何が起こっていくのか?そしてそのために身につけておきたいスキルは何か?について書きました。

【30代、40代サラリーマン必見】大企業が直面する課題と今やるべき5つのこと私は、大企業に長年勤めてきて、かつ大企業に勤務する知人も多くいますが、大企業安泰の時代はとうの昔に終わったと感じています。 決して...

この記事で、30代のうちに身につけることとしてあげたのが、以下の5つです。

  1. 英語とビジネスの勉強をする
  2. 専門性を磨く
  3. 仕事でチャレンジをする
  4. 社外に誇れる実績を作る
  5. 体力をつける

これらのことを愚直にやっていくと、30代後半~40代に向けてさらなる高みにチャレンジするための土台ができるようになるのです。

さて、ここでひとつ問題があります。こうしたことに取り組むにあたって、あるいは取り組んでいる最中に自分の相対的な立ち位置をどのように知るのがよいのでしょうか。

先ほども書いたように、大企業に勤めていると、仲間内の人が多くなっていくので、その中で「すごい」とか「できる」と言われても、

「本当に市場価値があるのか?」

 「実際は市場からどのように評価されるのか?」

がイマイチつかめないことでしょう。

そうなると、社内だけでなく、社外からの評価が必要になってくるのですが、その一つの手段として社外の人脈を作って、もう少し客観的に評価をしてもらうというアイデアがあります。

 

自分の市場価値を簡単に確かめる方法

私も、大企業勤務時代に、社外の様々な人たちとの交流の中で、自分の立ち位置を客観的に知ることに努めてきました。こうした中で、「社外でも通用する能力」、「社内でしか通用しない能力」、「市場価値を高めるために必要な能力」などがわかるのです。

しかし、最も効果的に自分の市場価値を知る方法が、もう一つあります。

それは、

転職サイト・エージェントに登録してみる

です。

転職活動というと、大変ハードルの高そうなものに見えるかもしれません。

「今の仕事にやりがいがあるのに転職なんて考えられない」

という人もいるでしょう。

その気持ちはよくわかります。

しかし、実際に会社の面接を受けるかどうかは別として転職サイトに登録するだけでも、自分の市場価値を測ることができるのです。

自分の市場価値が転職サイト登録でわかる5つの理由

f:id:n_spirit:20181028134235p:plain

市場で何が求められているのかがわかるから

求人情報を見ると、今どのような職種、能力が市場で求められているのか、それは大体どれくらいの年収水準なのかを知ることができます。

そうしたスキルと求められている年収水準を比較してみるだけでも、自分の立ち位置がわかってきます。

 

職務経歴書から自分のキャリアの棚卸ができるから

転職サイトに登録すると、職務経歴書を登録するように求められます。

これは少し面倒ではありますが、是非一度書いてみることをおすすめします。なぜなら、職務経歴書を書いて、自分でそれを眺めてみることで、自分だったらこの人間を欲しいと思うのか、要らないと思うのかが何となく見えてくるからです。

ちなみに、以下の記事にも書きましたが、職務経歴書はサラリーマンの最も重要なプレゼン資料なのです。

サラリーマンにとって一番大事なプレゼン資料は職務経歴書だ!サラリーマンが作るプレゼン資料には、様々なものがあります。例えば次のようなものです。 お客様への提案資料 経営会議の資料...

 

以下は関連ツイートです。

本当にそのとおり

今転職する気がない人も、転職サイト・エージェントに登録して、世の中の求人状況を知り、職務経歴書を作ると自分の市場価値が見えてくる

大企業にずっといて、外の世界をほとんど見ていない人には、特におすすめしたい!

僕も若いときに登録して、自分の身の程を知ったのがよい刺激になった

 

エージェントから自分の市場価値を確かめられる

転職サイトに登録すると、エージェントから声がかかることがあります。このときに、今すぐ転職するつもりはなくても、一度会ってみるとよいでしょう。エージェントに会うと、様々なことがわかります。

例えば、エージェントからは旬の職種、能力は何か、ジョブマーケットでどのような人材が流通しているか、どこの業界、どのような人材を求めているかがわかります。そして、会話の中から自分に足りないものも見えてきます。

 

面接でさらにリアルな現実がわかるから

もし、どこかの会社の面接まで漕ぎつけると、さらに多くの実情がわかります。上記にあげた1から3のことをリアルに実感する場面になります。

私は転職意思がないときでも、エージェントに会ったり、面接を受けたりして、自分の市場価値を常に確かめてきました。それによって、強みや弱みを見出してきました。

昔はエージェントや企業との面談を受けた後に凹むことが多かったです。エージェントからは足りない能力や経験を率直に言われますし、応募してみた採用面接で落ちたことも何度かあります。転職する気はないとはいっても、やはり凹むのです。

しかし、こういう経験のおかげで、市場で求められるスキルを伸ばそう、市場価値を常に確かめて仕事に取り組もうと思えるようになり、今は大企業を離れて仕事ができるようになりました。(ちなみに、私は決して大企業を辞めることだけがステップアップとは考えてはいません、念のため)

(参考記事)40代で大企業からベンチャーに転職した話

【経験からのまとめ】40代で大企業からベンチャーに転職できた3つの理由 私は、大手メーカーに15年以上勤務し、そのうち課長も5年ほど経験して退職、ベンチャー企業に転職しました。しかも、年収を上げながら...

 

大企業が恵まれた環境であることがわかるから

大企業というものが、いかに給与面、福利厚生面で恵まれているかもよくわかります。

今所属している大企業と同じ年収水準で転職しようとすると、相当の成果を出さないといけないわけで、言い換えると大企業の名前の分だけ、給料が上乗せされているのです。

しかし、市場価値と実際の給料のギャップが大きくなればなるほど、会社に依存しなければならなくなりますが、冒頭に書いたように大企業と言えども安泰ではありません。

自分の市場価値を高めておけば、どこに行っても通用しますし、そもそも企業の側が、そんな市場価値の高い人を手放そうとしなくなります。

 

大企業のメリット・デメリットを書いた関連記事

勤務15年の経験者が感じる 大企業のメリット・デメリット 私は、従業員が1万人を超える大企業に15年以上勤務していました。 その大企業は現在は辞めていて、退職後のスタートアップ転職...

 

まずは転職サイト・エージェントに登録してみよう

これまで書いてきたとおり、今は転職する気はない人でも、転職サイトへの登録は大変メリットが多いです。

登録無料で自分の市場価値を認識できるだけでなく、サイトの使い方に慣れておけば将来転職を考えることになったときに役立つかもしれません。

少しでも市場価値が気になっているのなら、まずはアクションを起こして実際に確かめて見るべきでしょう。仕事が忙しいからといって放っておくと、面倒になって気がついたら数年過ぎていたということにもなりかねないので。

初めての方におすすめしたいのはリクナビNEXTです。登録するだけで様々な求人を見ることができますし、非公開案件のオファーがくることもあります。

また、プロのエージェントに気軽に相談したいという方は、リクルートエージェントにも登録しておきましょう。まずは情報収集だけという方でも、きちんと相談に乗ってくれます。

その他のおすすめ転職エージェントをこちらにまとめていますので、あわせてご覧ください

おすすめの転職サイト・エージェント>>>

キャリアを考えるのにおすすめの記事はこちら>>

 

ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することを発信しています。