仕事・キャリア形成・プラン

【社会人5~10年目必見】大企業は安泰ではない 会社にいるうちにスキルを磨いておけ

 

大企業に就職されて働いている方は、危機感を持っていないかもしれないですが、大企業はもはや絶対安泰と言えるようなものではなくなってきています。しかし、多くの方はそんな危機感が薄いまま日々を過ごしているのではないでしょうか。

そこで、この記事では現在の一般的な大企業勤めの人の特徴、今後のリスク、今のうちに磨いておいた方がスキルについて解説していきます。

大企業の人の一般的な特徴

大企業に勤めている人の多くは、新卒からずっと同じ会社に努めているという方です。

私の勤めていた会社も、昔に比べて中途採用は増えたとは言うものの、製造業だったせいか8割くらいの人は新卒で入ったまま一度も転職せずにキャリアを積んできたという人でした。

多くの大企業では、30歳前後でも、残業20時間程度の前提で、500-600万円程度の収入になります。会社にもよりますが、順調に役職を上げていけば、早ければ30代後半、遅くとも40代後半までには年収が1,000~1,200万円くらいにはなります。同じ大企業でも商社、金融系はもっと貰えているでしょうが、この金額でも平均水準を超えた生活は十分にできるレベルです。

30歳前後になると、仕事も一通り一人でできるようになり、社内外の人脈もある程度できてくるので、人間関係の軋轢も少なくなってきて、心地よく仕事ができる環境も整ってきます。(もし人間関係の軋轢があったなら、途中で辞めてしまっていることでしょう)。

私の経験でも、慣れない仕事で苦労した20代中盤くらいまでに比べると、30歳前後のときは、仕事の難易度の面での苦労はあっても、やりがいがあり比較的楽しく仕事ができていた時期ではありました。

一方でこの時期になってくると、人間関係がある程度固定化されてきて、自分にとって新たなチャレンジよりも限られた枠内でやれたり、ルーチンでやれたりする仕事が増えてきます。

そして40代に向かって、仕事の難易度からくる苦しさは多少あるものの、徐々にルーチンの割合が増えていく人が多くなってきます。

 

大企業のリスク

ã以ä¸ã®æ°è, å©ç, æ失ãªã¹ã¯, ã¦ã©ã¼ã«è¡, ã²ã¼ã , ã¬ãã¼ã

みなさんが、30歳前後のうちは問題ないのですが、これが40代を迎えてくるときに、大きなリスクに晒されるようになってきます。

以下の富士通の例でもあるように、いきなり5,000人の人が配置展開をされるケースもあります。

 

今まで一生懸命仕事をやってきたつもりでも、会社の事情で、このように(おそらく多くの人にとって意図せぬ)配置展開となってしまうこともあります。中には事実上のリストラとして窓際に追いやられる人もいるかもしれません。

また、このような大規模な配置転換ではなくても、競争環境の変化や経営方針の大幅転換、買収によって社内ルールが変わることもあり得ます。

加えて、私が以前に書いた以下の記事のように、今後は会社のあり方も徐々にではあっても大きく変わっていくと考えています。

理想の組織とは オープンでフラットなプロジェクト主体の組織組織構造に関する記事で、一般的な組織形態とその問題点、特に階層の深いヒエラルキー型の組織で問題を生じやすいということを書きました。 ...

 

仮に、会社自体は存続していくとしても、その事業形態はマーケットニーズにあわせて、変化をしていきますし、その変化のスピードも速くなります。

そうなると、同じ会社であっても、従業員に求められるスキルや経験に対する要求水準は変わっていくので、その要求に答えられないようになると、ポジションや給料のアップが厳しくなってくるという現実もあります。

例えば、グローバルでの買収や合併によって、社内で英語スキルができる人が重宝されるようになると、英語ができない人というのは出世することが難しくなってくるのです。

さらに、会社自体の存続とて、盤石というわけではありませんし、今いる部署が不採算事業として売却されて、その先でリストラされるということも十分に考えられます。

以下のツイートにも書いたとおり、大企業にずっといると、知らない間にこんな人間になってしまうかもしれません。

 

スキルアップに必要な心構え

大企業に勤めている人は、会社に依存的になっている人がかなりの割合でいます。

「会社が何とかしてくれる」

 

「会社が教育してくれる」

 

「会社が変わってくれる」

大なり小なり、このような感覚になってしまっている人が多いのです。

しかし、このように思っている人に以下の質問をすると、回答に詰まってしまう人も多いのです。

 

  • あなたは会社への貢献に対して、それに見合う報酬をもらっているか?
  • 会社が明日無くなったとして、あなたを今と同じ給与で雇ってくれる会社があるか?
  • 上記のことにYesと答えられるように、社内外でスキル・経験を磨く努力をしているか?

 

これらの問いに答えるためには、会社に頼りきらずに常に自分の市場価値を考えて、会社は自分のキャリア目標にあわせて利用するという発想で仕事に取り組む姿勢が必要なのです。例えば、以下のようなことです。

  • 会社への所属は手段であって、自分のキャリア目標を達成するため、またはスキルを日々磨くために会社に来ている
  • 会社の経営方針転換やリストラに遭遇しても、今と同じ給与で生きていける自信がある

 

スキルアップのための会社の利用方法

大企業(特に日系)には、よいところがたくさんあります。

例えば、以下のようなところです。

  • 中小企業ではできないお金をかけたプロジェクトを動かせる
  • 大人数で金額規模の大きなプロジェクトを動かせる
  • 社内に蓄積した様々なノウハウを活用できる
  • 失敗に対する許容度が大きい(失敗しても会社がすぐには傾かない、給料がいきなり下がらない)
  • 研修が充実している

 

大きな規模の人とお金を動かせるプロジェクトで仕事をすることは、大企業の醍醐味ですし、各分野の優秀な人が多く吸収すべきことも多いです。そして、個人の失敗が大問題にならずにフォローしてもらえる体制も整っています。定期的にスキルを上げるため研修も充実しています。

こうした大企業だからこそできることを徹底活用して、自らのスキルを上げるようにしておきましょう。

逆に、大企業であるにも関わらず、こうした経験ができないのだとしたら、それは考え物です。

 

なぜなら、それは、

「会社(または部署)の風土に問題がある」

か、

「自分に大きな経験をさせてもらえるだけのスキルが足りない」

のどちらかだからです。

 

もし前者なら、会社(または部署)離れることを考える必要がありますし、もし後者なら、以下に記載するスキルを磨くことを考える必要があります。

 

スキルアップすべき領域

f:id:n_spirit:20181203125713p:plain

以下のページにも一部書きましたが、スキルアップの方向性には、大きく2つがあります。

【社会人5~10年目必見】 大企業でもキャリアアップできるスキルの磨き方 先回の記事で、大企業勤務の若手(社会人5年目~10年目、年齢でいうと20代後半~30代前半)の人が自身の市場価値をどのように測る...

 

ビジネススキルの習得

このサイトには、戦略、マーケティング、ファイナンス、人材マネジメントなど、ビジネススキルに関する情報を満載しています。サイト内を一通り読むだけでも、基礎的なスキルを理解してもらうことができるようになっています。

ビジネススキルに関しては、リクルートが運営する社会人のための大学院検索サイトスタディサプリで自分の学びたい分野を検索してみてもよいでしょう。資料請求は無料です。

 

英語の勉強

英語の勉強についても、レベル別に以下のページに記載しています。これから英語を本格的に始める人は、まずはTOEICの得点を目安にするとよいでしょう。

【TOEIC500点以下の人へ】まず単語を覚える 単語学習におすすめの教材前回の記事で英語学習の重要性を記載しましたが、どのように英語を勉強すればよいのかとお悩みの方もいることでしょう。現在の英語レベル別に私が...
【TOEIC600点以上を目指す人へ】TOEIC教材をひたすらやり込むべし前回の記事で、英語の勉強はまず単語からと書きましたが、単語を一通り覚えることができた人は、次にどのように勉強を進めていけばよいのでしょう...

 

TOEICの点数は錯覚資産とも言われています。記事にも書いていますが、TOEIC600点では何もできないですし、実際はTOEIC900点でもネイティブレベルの仕事ができるわけではないのです。

しかし、英語ができない人から見れば、それは貴重な資産だと見なしてくれる。だから錯覚資産というわけです。以下の記事もご参考まで。

英語ができない人でも仕事で使いながら英語力を伸ばす戦略・ステップ英語を上達させたい、でもなかなか上達しない こんな悩みをもっている方も多いと思います。 この記事では、私の経験談を踏まえて英...

 

スキルと市場価値の棚卸し

スキルを磨いたら、必ず自分のスキルがどの程度市場で通用するのか?を確認しておきましょう。もちろん、社内の同僚との比較の中で、自分の立ち位置を比較することもできます。

しかし、冒頭に書いたように、会社を取り巻く環境が変化することを前提にすると、同僚との比較だけでは不十分で、市場の中での自分の立ち位置を常に確認しておく必要があるのです。

自分の市場価値が簡単にわかる方法は以下のページに書いてあるので、是非参考にしてください。

大企業【20代後半~30代前半 必見】 自分の市場価値を簡単に確認する方法みなさんは、自分の市場価値がどのくらいか気になりますか? 大企業でずっと勤務されてきた方は、自分の市場価値を考えることとは無縁で仕...

 

スキルが上がる環境を探すのも大事

冒頭に書いたとおり、大企業といえども安泰ではありません。したがって、会社外でも使えるスキルを積極的に磨くことをおすすめします。

先のツイートに以下のように反応した方もいらっしゃいましたが、どうしても社内にいると伸び悩むと思う方は、転職を考えるのも一案です。

 

自分の市場価値を確認するのに無料転職サイトはおすすめ

現在転職する気はない人でも、転職サイトへの登録はメリットが多いです。

例えば、登録無料で自分の市場価値を認識できるだけでなく、サイトの使い方に慣れておけば将来の転職で役立つかもしれないからです。

初めての方におすすめしたいのはリクナビNEXTです。登録するだけで様々な求人を見ることができます。すでに登録済みの方や、さらに広く求人を確認したいという方は、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントにも登録しましょう。

これら大手の転職サイト・エージェントに登録することで幅広い情報にふれることができる上に、様々なタイプのキャリアアドバイザーと接する機会を得ることができます。

 

仕事への取組み方をもっと考えたい方は