企業買収・改革

【3分でわかる】デューデリジェンスとは何か【意味を解説】

企業買収をする際には、そのプロセスの中で必ずデューデリジェンスが組み込まれます。

デューデリジェンスとは、資産価値を適正に評価する手続きのことをいいます。デューデリジェンスは、M&Aなどで企業価値の評価や、収益還元法による不動産の評価に用いられます。

企業の場合、その企業の持つ収益性や成長性、リスク、資産内容などを詳細かつ多角的に分析した上で、価値を判断します。

この記事では、デューデリジェンスについて解説していきます。

広告

デューデリジェンスの目的

デューデリジェンスの目的は、以下2つのことを精査して買収企業の価値を算定することです。
・買収対象企業の抱えているリスク
・買収後の統合(PMI: Post Merger Integration)における障害の確認

【5分でわかる】企業買収M&A 8つのプロセスM&Aをする際には、どのようなプロセスが踏まれるのでしょうか?私もかつてM&Aで買収する側の経験をしたことがありますが、...
f:id:n_spirit:20181004111918p:plain
広告

デューデリジェンス(DD)の種類

デューデリジェンス(以下DD)には、目的に応じて大きく財務DD、法務DD、人事DD、事業DDなどがあります。

財務DD

財務DDでは、過去の財務諸表を整理して、財務諸表の妥当性と、数値の背景に隠されている問題や強みなどを分析します。

会計方針が変わっている場合や、経常的ではなくイレギュラーと思われる事象が起こった年がある場合は、その影響を一旦取り除いて事業活動の変化がわかるような修正を加えることもあります。

法務DD

法務DDでは、会社法務関連のチェックをします。例えば、次のようなものがあります。

■株式の権利内容の調査
譲渡対象株式の権利移転に関して法的に問題ないか確認するなど

■締結している契約の調査
取引先との契約、合弁企業の契約、業務提携契約など、ビジネスに関わる契約事項を洗い出します。契約の内容によっては、買収した後に期待しているシナジーが発揮できない場合がでてきます。

■知的財産権の調査
買収対象企業の知的財産権の価値評価と、対象企業が他社の知的財産権を侵害していないかのチェックが必要です。

■紛争・訴訟の有無の調査
法的な紛争や損害賠償請求を受けていないかなどのチェックです。紛争に負ける可能性がある場合は、賠償金を引き当てるなどの処置が必要になってきます。

人事DD

人員構成、組織構造、人材のスキル、労働条件などの調査です。これらは特に買収後のシナジーを生み出すときに障害になる要素がないかという観点でのチェックが必要になります。

事業DD

事業DDでは、買収企業の現在の事業性の把握と、買収・合併した場合のシナジーの算定を行います。事業性の把握では、市場、競合の状況や対象企業の内部資源といった環境分析を行います。シナジー算定では、売上増やコスト減の効果などを見込みます。

参考:環境分析のプロセス  企業買収・合併による効果

デューデリジェンス結果の企業価値への反映

デューデリジェンスが終わったら、業績インパクトの大小でリスク要因となる事業を整理し、リスクの大きなものは、企業価値から減額させる必要があります。

例えば、知的財産権に関する紛争がある場合は、

  • 裁判に負けて販売を差し止められるリスク
  • 和解となりライセンス料を支払うことになるリスク

などを企業価値に織り込む必要があります。可能性が不確かな場合、いくつかのケースに分けて企業価値を算定しておくべきでしょう。

デューデリジェンスをもっと知りたい方は

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら