マーケティング思考・戦略

ウェブマーケティングにおける マーケティングミックス 4S

従来型のマーケティングのフレームワークとしては、コトラーが提唱したマーケティングの4Pが有名です。

【3分でわかる】マーケティング・プロセス マーケティング・ミックス4Pについて解説「これからマーケティングの仕事を目指したいのだけど、マーケティングって何を考えればよいの?」 そんな方にとって、一番に覚えてほしい...

しかし、オンライン時代においては、4Pフレームワークは必ずしも有用ではなく、ウェブマーケティングにマッチしたフレームワークが必要になります。そこで考案されたのがウェブマーケティングの4Sです。

f:id:n_spirit:20181007135835p:plain

スコープ(Scope)

スコープとは、マーケティング戦略、市場分析、組織タスク、潜在顧客の定義、購買行動分析などを含むインターネット上での組織的な行動を示します。

 

サイト(Site)

ウェブサイトは顧客とのコミュニケーションおよび販売機会として活用されています。そのため、ウェブサイトのデザインにおいては、以下3つの観点が重要となってきます。

・顧客の期待値は何か

・なぜ顧客はウェブサイトを使うのか

・なぜ顧客はウェブサイトに戻ってくるのか

 

シナジー(Synergy)

シナジーという観点では、以下3つのシナジーを考えることが重要です。

1.フロントオフィス活動とのリンク

他のマーケティング活動とインターネット上のマーケティング活動をリンクさせます(一貫したマーケティングコミュニケーション、認知されやすいロゴやシンボルなど)。

2.バックオフィス活動とのリンク

ITインフラやサービスといったバックオフィス機能と、インターネット上のマーケティング活動をリンクさせます。

3.外部パートナーとのリンク

外部パートナーのウェブサイトやITサービスと自社のウェブサイトをリンクさせます。

 

システム(System)

ウェブサイト管理の要求技術、ハードウェア、ソフトウェア、コミュニケーションプロトコル、コンテンツ管理、システムサービス、支払いシステム等です。

 

4Sウェブマーケティングのメリットと適用のハードル

4Sのフレームワークは、会社の戦略、オペレーション、組織、技術上の問題を特定でき、オンライン上の成功をサポートすることができるようになっています。また、戦略上とオペレーション上の課題を同時に議論できます。

一方で、新たに顧客開拓が必要な状況では適用しにくいこと、フレームワーク活用のためには、必ずしも全ての会社が持ちえないであろうオンライン上の消費者行動に対する深い知見が必要になことが適用のハードルになります。

マーケティングのおすすめ記事はこちら>>>

 

マーケティングに関連する記事

消費者の購買行動を決める6つの類型 顧客の購買行動にはいくつかのタイプがあります。その違いは顧客の経済的な状況、価値観、その商品への思い入れなどによって変わってきま...
【3分でわかる】製品市場戦略(PMS)とは 戦略策定の5つのステップ 解説製品・サービスの戦略立案をするための汎用性の高いフレームワークとして、製品市場戦略(PMS)があります。戦略対象を製品と顧客の2軸に分け...
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、起業などの経験を踏まえて、仕事やキャリアに関することを発信しています。