ビジネスその他

72の法則 資産が倍になるまでの期間を簡易的に計算する方法

72の法則とは、複利計算で資産が倍になるまでの年数がわかる法則です。72を複利率で割ると倍になるまでの期間が出ます。

例えば、5%の複利率なら

 72/5=14.4年

で資産が倍になります。

しかし、仮に複利率100%の場合、資産が倍になるのは計算するまでもなく1年ですが、72の法則だと0.72年になってしまいます。72の法則はあくまで概算で、実際の年数とは少し違いがあります。

そこで、下の表で本来の期間と72の法則による期間を比較してみました。

72の法則

72の法則は、複利率が7.0%~10.0%では誤差が最も小さく、複利率が低いほど誤差が大きくなるようです。複利率が20.0%を超えると誤差はほぼ2~3ヶ月程度になるようです。

しかし、複利率が大きい場合の2~3ヶ月の差は微小な誤差と考えられるますし、複利率が小さい場合は、資産が倍になるまでの期間を正確に計算すること自体あまり意味のないことなので、誤差が大きくても問題ないと考えることができます。

このように72の法則は実用範囲では誤差も小さく、計算の手間が少ないことから、簡易な計算手法として十分活用できる法則といえます。

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら