キャリア形成・プラン

【給料が高い仕事・安い仕事とは?】1つの数式から明らかにしてみる

 

こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。

給料に関してよくある誤解として、次のようなものがあります。

「給料が高い仕事は大変に違いない」

「給料は高くても、すぐにクビになるのではないか」

「寝る間もないほど働かないと、高給取りにはなれない」

残念ながら、これらは全て間違いです。

もちろん、寝る間も惜しんで働いて高い給料をもらっている人もいますが、高い給料だから必ずそうなるわけでもありません。

もの凄く忙しくても年収300万円という人もいれば、そこまで忙しくなくても年収1000万円の人もいるというのが現実です。

しかし、多くの人は無意識のうちに高い給料を貰う人はハードワーカーであって欲しいと思っているようです。

では給料の高い低いというのは、どうやって決まるのか?

よく言われるのは、「給料は業界で決まる」という話です。

では、どのような業界だと給料が高いのでしょうか。

この記事では、1つの数式を使って、給料の高い仕事とそうでない仕事の差を説明していきます。

 

業界によって異なる給料水準

f:id:n_spirit:20190110214129p:plain

給料の高い業界と低い業界について、ネット上ではこんな声が見つかります。

https://twitter.com/izulnakata/status/1066214422807379968?ref_src=twsrc%5Etfw

さらには口コミサイトの転職会議などを見ると、会社ごとの世代別平均年収も調べることができます。

【年代別年収がわかる】転職会議の登録方法・評判は?口コミは信頼できるのか? 「転職会議」というサイトをご存知でしょうか? 簡単に言うと、転職者のための口コミ情報サイトです。 50万社以上の口コ...

▼▼転職会議に登録したい方はこちら(公式サイト)からどうぞ▼▼

 

給料の高い・安いはもっと単純な話

さて本題に戻って、なぜ業界によって給料が決まってしまうのでしょうか。

これは給料、つまり会社にとっての人件費がどのように決まるのかということを考えるとわかってきます。

ざっくり言うと業界ごとの給料は、以下の式で表現できるのです。

業界の給与水準 

= 業界の仕事が生み出す付加価値 / 業界で働いている人数

この式の右側は、言い換えると生産性(アウトプット/インプット)という言葉になります。

では、この生産性の分子となっている付加価値は何によって生まれているか。

それは、次の式で表されます。

業界の仕事が生み出す付加価値

= 業界が解決できる困り事の大きさ(質) × 困り事を解決してあげた人数(量)

したがって、上の2つの式と合わせると、給料は以下のようになります。

業界の給料 = 

(業界が解決できる困り事の大きさ(質) × 困り事を解決してあげた人数(量)) / 業界で働いている人数

給料が高いか、安いかを決めているのは、この数式なのです。

 

給料の高い業界(仕事)と低い業界(仕事)の違い

上記の式から給料の高い業界と低い業界の違いが見えてきます。

 

給料の高い業界(仕事)

先ほどの式からわかるとおり、給料の高い業界や仕事というのは、以下の全部またはいずれかになります。

  • より大きな困り事(悩み)を解決できる(1件あたりの付加価値が大きい)
  • より多くの人の困り事(悩み)を解決できる(付加価値を多くの人に届けられる)
  • 少ない人数で困り事(悩み)を解決できる(従事している人の数が少ない)

いくつか例を考えてみます。

医療業界

医療業界は、健康という人間の最大の関心事といってもよい悩みを広い範囲に渡って解決ですることができます。

悩みが深いということは、消費する側もより多くのお金を払います(医療の場合は国からの補助もありますが)。

その中で従事している人の数が他業界と同じくらいであれば、当然給料は高くなります。

ただし、医療の中でも、製薬のように深い悩みである健康に対する解決策を多くの人に届ける業界は給料が高くなる一方で、看護士のように深い悩みではあるものの、解決策を届けられる人数が限られている仕事の人は給料が安くなりがちです。

投資銀行

M&Aを仕事にするような投資銀行の場合、企業買収という物凄く大きく、かつお金が動く悩みを解決できます。

しかし、従事している人の数はとても少ないので、もらえる給料が物凄く高くなるのです。

 

給料の低い業界(仕事)

給料の低い業界というのは、先ほどの逆になります。

  • 解決できる困り事(悩み)が浅い(1件あたりの付加価値が小さい)
  • 困り事(悩み)を解決してあげられる人数が少ない(少ない人にしか付加価値を届けられない)
  • 困り事(悩み)を解決するのに多くの人数が必要(従事している人の数が多い)

こちらもいくつか例を見ていきます。

保育士

上で引用したツイッターでも言及されていましたが保育士は給料が安いことで有名です。

保育士の方は、保育という比較的大きな悩みを解決できますが、1人の人で解決してあげられるのは数人から多くて10人程度です。

これだと、どうしても給料を高くするには限界があります。

アパレル

アパレルの場合、1人の解決できる悩みが、健康分野などに比べると大きくなく、解決してあげられる人数も末端の従業員だとせいぜい目の前に来てくれたお客さんくらいなのです。

したがって、大変残念ではありますが、給料は他の業界に比べると低くなってしまうのです。

 

製造業は、多くの付加価値を届けているが、従事している人の数も多い

私がいた製造業はどうでしょうか。

実は製造業は多くの人の悩みを解決できる事業ではありますが、一方で従事している人の数も大変多いです。

業界の中には、オフィスワーカーだけでなく、工場で働く人、流通を担う人などが存在しており、多くの人で生み出した付加価値を分け合っている状態になっています。

そのため、一般論として製造業は給料がIT系や金融系に比べると、低くなりがちです。

一方でキーエンスのように単なる物売りではなく、ソリューションを売っている会社は、大きな付加価値をクライアントに提供できており、かつ少ない人数で営業をしているので、1人あたりの給料は高くなります。

 

あなたの給料を上げる方法

このようなメカニズムで給料が決まってくるのであれば、給料の高い業界や仕事を狙うのが、あなたの給料を最も手っ取り早く給料を上げられる方法になります。

給料を上げたいからと言ってハードに働くことは、給料を上げることには直接的に繋がらないことに注意が必要です。

また、同じ業界内でも給料の高い・安いという差異はあります。

同じ業界の中でも、多くの付加価値を少人数で届けている会社や仕事のほうが、給料を多くもらえる可能性が高くなります。

 

まとめ

以上が、給料の高い・安いを決める、数式の解説でした。

  • 給料の高い・安いは、業界で決まる。
  • もう少し具体的に言うと業界の給料は、(業界が解決できる困り事の大きさ(質) × 困り事を解決してあげた人数(量)) / 業界で働いている人数で決まる。(分子は付加価値とも言う)
  • 医療業界や投資銀行は、生み出せる付加価値に比べて、従事している人の数が少ないので給料が高い。(投資銀行は特に少ないので、給料がものすごく高い)
  • 保育士やアパレルは、付加価値を届けられる範囲に限界があり、給料が安い。
  • 製造業は付加価値は大きいが、従事している人の数も多く、給料がそこそこに留まっている。
  • 給料を上げるためには、この数式を参考にして、業界・会社・仕事を選ぶ必要がある。

転職会議に登録すると、各会社の年代別の年収推移を見ることができます。

詳細は以下のページをご覧ください。

【年代別年収がわかる】転職会議の登録方法・評判は?口コミは信頼できるのか? 「転職会議」というサイトをご存知でしょうか? 簡単に言うと、転職者のための口コミ情報サイトです。 50万社以上の口コ...

▼▼転職会議に登録したい方はこちら(公式サイト)からどうぞ▼▼

また、この記事を読んで、給料の高い業界に行ってみたいと思った方は、無料の転職サイト・エージェントに登録して、求人を探してみてはいかがでしょうか。

おすすめ転職サイト・エージェントの詳細をこちらにまとめているので、あわせてご覧ください

【おすすめ】10年の活動で役立った転職サイト・転職エージェント6選 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 私は社会人4年目のときから、転職サイト・エージェントを利用し始め...

 

キャリアを考えるのにおすすめの記事はこちら>>>

 

ABOUT ME
アバター
セーシン
元サラリーリーマン管理職で新規事業、海外駐在などを経験し、現在は独立して法人向けコンサル等、いろいろやっています。サラリーマン時代には15年間副業やっていました。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事