海外出張・旅行情報

【おすすめ】海外出張100回以上経験からまとめた出張準備6つのポイント

 

「今度海外出張に行くのだけど、どんな準備をすればよいの?」

「何回か海外出張に行っているけど、毎回準備に試行錯誤している」

 

こんな悩みをお持ちの方も多いかと思います。

 

そのような皆さんに向けて、欧米・アジアなど月1以上のペースで海外出張しているビジネスパーソンである私の経験から、海外出張の際におすすめしたい6つのポイント(キャリーバッグ、飛行機、ホテル、WIFI、充電、空港での過ごし方)を紹介していきます。

 

ポイント1:キャリーバッグは機内持ち込みサイズ

私は大きな荷物を運んだり、滞在期間が1周間を超えたりしない限りは、手荷物を預けません。手荷物を預けることには以下のようなデメリットを感じているからです。

  • 手荷物の受け取りに時間がかかる
  • 手違いで荷物が届かない可能性がある
  • そもそも預ける必要のある大きな荷物にすると持ち運びが大変

 

そうなると、必然的に機内持ち込みができる中で、大きなサイズのものを選びたくなります。そんな私がおすすめしたいのがこちらです。約35,000円と一流ブランドのバッグとしては大変リーズナブルです。

有名ブランド「サムソナイト」のキャリーバッグで、何と容量が42Lと機内持ち込みできるサイズの中では最大級です。上記のリンク先の説明には2-3日の滞在用と書かれていますが、私は5-6日まではこのキャリーバッグで対応しています。

 

実施に私が使っているサムソナイトのキャリーバッグ

月1回以上の海外出張に加えて月1-2回ほどの国内出張をしているので、月に3回はこのキャリーケースを転がしています。本当に重宝しています。

私は、このサムソナイトのキャリーバッグに、サムソナイトのスリーウェイビジネスバッグを組み合わせています。アマゾンなら約28,000円で購入できます。

こちらのバッグに仕事の道具を全部入れて、衣類やアメニティのような宿泊に必要なものをキャリーバッグに入れています。そうすることで、出張時は衣類をキャリーバッグに詰め込むだけで準備完了するからです。

 

なお、1泊程度の国内出張ならこのバッグ単体でも使えます。

ポイント2:飛行機は日系エアライン

ビジネスで海外に出張するなら飛行機は断然日本のエアラインをおすすめしたいです。つまり、JALかANAです。

なぜなら、日系のエアラインはトラブル時のリカバリー対応が素晴らしいからです。以下のツイートのとおりです。

海外出張の際は日系エアライン(JALかANA)を推奨しています

なぜなら、飛行機が遅れて乗り継ぎできないなどトラブルが起きた時のリカバーが素晴らしいから

確かに航空券は高めかもしれないけど、大事な商談をキャンセルしてしまうことを考えたら保険として払っておいてもよい値段だと思っている

 

対応がよかった例として、2つの体験を紹介します。

 

1.飛行機の遅れでサンフランシスコで東京行きの便に乗れなかった

サンフランシスコ到着後に電話、翌日のチケットをすぐに手配してくれた。

 

2.成田でロサンゼルス行きの便に乗れなかった

成田到着後に受付カウンターに、羽田⇒ロサンゼルスの便に振り替えてくれて、成田⇒羽田間の交通費も支給してくれた。結果、ロサンゼルス到着は数時間の遅れで済み、大事な商談も時間を数時間ずらすだけで完了することができました。

 

どちらもANAでしたが、電話対応や窓口対応では多少の待ち時間はあったものの、対応そのものは完璧でした。

海外出張する方は出張中や出張前後の日程に余裕がないことも多いので、飛行機のトラブルで予定がキャンセルになってしまうという事態はできる限り避けたいものです。その点、トラブル時にリカバーできる対応力をもつ日系エアラインはおすすめです。

 

特に東京からロサンゼルスの事例は日系エアラインだからできる対応だったと思います。おそらくユナイテッドやデルタなどでは、このような柔軟な対応にはならなかったでしょう(ユナイテッドは上記サンフランシスコの乗り継ぎ遅れの原因になった航空会社でしたが、対応はひどかったです)。

 

また、英語ができない人だと、日系エアラインはなおさら安心できますね。

 

ちなみに、ANA(スターアライアンス)がよいか、JAL(ワンワールド)がよいかは好みの問題です。ただ、上級会員になると様々な特典を得られるので、1年間(1月~12月)のうちにどちらかに決め打ちするのがよいでしょう。

 

個人的にはスターアライアンスの方が欧米・東南アジアをカバーしやすいので、ANAがおすすめです。中国も中国国際航空、深セン航空がスターアライアンスなので活用余地があります。

私がよく使うスターアライアンス系航空会社は、シンガポール航空、タイ航空、中国国際航空、深セン航空、ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空などです。主に現地での国内移動やハブ空港からの移動で活用しています。

 

詳細はこちらの記事によくまとまっています。

スターアライアンスとワンワールドを比較 -アライアンスからANAとJALを比較してみる-

 

ちなみに、私は1年で同一航空アライアンスを固め打ちしてANA、JALのどちらも上級会員になっています。

 

ポイント3:ホテルはExpedia、中華圏ならTrip.com

ホテルの予約はエクスペディアを活用しています。エクスペディアの利点は、豊富な選択肢からホテルを選べることです。

私は楽天トラベルを活用していたときもありましたが、選択肢の豊富さに加えて、アプリからでも簡単に管理できることから、最近はエクスペディア一択です。(楽天トラベルはアプリだと海外ホテルの管理ができません)

 

ただし、中華圏でのホテル予約なら Trip.comがおすすめです。中華圏に限っては、Trip.comの方が選択肢が豊富で、かつ中国の地図との連携の正確性が高いからです。

 

最近だとAir BnBという選択肢もあります。特にホテルの高いアメリカや、タイミングによっては欧州でもAir BnBを活用しています。

https://www.airbnb.jp/

 

ポイント4:WIFIは初心者ならレンタル、頻度が多ければルーター+SIMフリーの購入

WIFIは初心者であればレンタルWIFIが間違いないでしょう。

私がおすすめするのは、空港で手軽に受け取れるイモトのWiFiです。自宅への郵送も可能です。例えば、シンガポールだと、1,580円/日でWIFIルーターをレンタルすることができます。

 

頻度が多くなる方には、SIMフリーWIFIルーター+SIMカードをおすすめしています。

この組み合わせならSIMカードを挿すだけで、面倒な設定なく現地で使うことができます。バッテリー容量も大きく丸1日電源ONにしていても電池が無くなることがなありません。加えて、スマホの充電用バッテリーとして使うこともできる優れものです。

 

SIMカードは、例えば東南アジア圏やEU圏だと以下のようなものがあります。

 

東南アジア向け

欧州向け

ルーター本体を14,980円で買えば、あとは毎回のSIMカードを購入するだけです。

例えばSIMカードが1,400円のシンガポールの場合、1回あたりの出張が4日間と考えると、4回以上出張する機会があるのなら、WIFIルーター+SIMカードの方がお得になります。

WIFIルーター自体はどこの国でも使えるので、シンガポール以外でも合計で年4回×4日間程度なら1年で元がとれます。

 

実際これが私のWIFIルーター+SIMカードのセットです。(写真は欧州出張用のセットです)

おすすめWIFIルーター+SIMカード

私は頻繁に行くので、予め行くことがわかっている国のSIMにカードをまとめ買いして、上で紹介したキャリーバッグの中に常時入れてあります。

 

中国に行く方で、現地でLineやFacebookを使いたい方は、こちらのまとめもご覧ください。

【中国出張者必見】Line、Facebook、Gmailを使う4つの方法比較 おすすめは香港SIM中国でLine、Facebook、Gmailを使えなくて困るという声をよく聞きます。 「出張中に家族と連絡が取れない」 ...

 

ポイント5:充電用の延長コード+変換プラグ

海外でもPCやスマートフォン、上記にあげたようなモバイルバッテリーの充電は必須になってきます。

しかし、海外のホテルにはデスクやベッド脇のコンセントの口では足りないケースも少なくありませんし、すぐ近くにコンセントの口がない場合もあります。

そんなときに役立つのが延長コードです。以下の商品なら変換プラグとセットになっているので、出張先のホテルでも大変便利です。

私は、出張用のスーツケースに延長コードと変換プラグを常備しています。延長コードは国内出張でもそのまま使うことができるので、PCやスマホの充電に大変便利です。

なお、海外の電圧やコンセント形状については、以下の記事に詳細をまとめています。

海外の電圧・コンセント形状【218の国と地域を網羅】変換器具も紹介 海外に出張や旅行をする際、事前確認しておきたいものの1つに、電圧とコンセントの形状があります。 私も海外出張に慣れていない...

 

ポイント6:空港に早めについて食事と仕事の準備

空港には早めに着いてチェックインと安全検査を済ませることをおすすめしています。

ANAかJALの羽田発か成田発だと窓口がずっと空いているので、早く行ってもチェックイン手続きをしてくれます。

 

ちなみに、先ほど書いたエアラインの上級会員になると、エコノミークラスでの搭乗でも以下のようにビジネスクラスのチェックインカウンターと、保安検査の優先レーンを通ることができます。

最近の私のルーティンは以下のようになっています。

 

出発の3時間前に空港到着、その後チェックイン、手荷物検査、出国手続き、(必要あれば)お土産選定で約30分、2.5時間前にラウンジに入ります。

 

朝便の場合はラウンジで朝食をとりますし、深夜便の場合はラウンジで夕食をとり、シャワーを浴びてから搭乗して、機内食をパスしてひたすら寝ます。深夜便はシャワーが混むので、早めに行って予約をとっておくのがよいのです。

もし、すんなりシャワーを浴び終わると出発の2時間前くらいになりますので、搭乗時刻が出発30分前だとすると、約1時間半で食事をとりながら仕事(出張の準備等)をします。

 

ラウンジの中だと誰にも邪魔されないので、集中して落ち着いて仕事ができる点がメリットです。

 

もちろんラウンジに入れない場合でも上記のタイムスケジュールで動いて、ロビーの電源スポットがあるところで仕事をするのもよいでしょう。(シャワーまでは浴びれませんが)

 

まとめ

以上が通算100回以上の海外出張をこなしてきた私の準備のポイントです。まだ海外出張に慣れていない方は是非参考にしていただければと思います。

 

海外出張前に渡航先の電圧とコンセント形状を確認しておきましょう

海外の電圧・コンセント形状【218の国と地域を網羅】変換器具も紹介 海外に出張や旅行をする際、事前確認しておきたいものの1つに、電圧とコンセントの形状があります。 私も海外出張に慣れていない...

 

中国・シンガポール出張の際はこちらもご参照ください

【上海】コスパ重視派におすすめのホテル5選【100泊以上の体験より】 「上海出張に行くことになったのだけど、おすすめのホテルがわからない」 「手頃な価格のホテルを探しているけど、予約サイトを見...
【出張者必見】中国の新幹線(高鉄) チケットを事前予約するならTrip.comがおすすめ「中国の新幹線って便利になっていると聞くけど、現地でチケットを取るのはハードル高そう」 「日本から事前に予約できる方法はないの?」...
【出張者必見】シンガポールでの移動にGrab(グラブ)は超便利!使い方を解説海外で困ることのひとつとして、現地での交通手段があります。 「タクシーに乗って、行き先を正しく伝えられるか?」 「そもそも言...
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することを発信しています。