ビジネスその他

【事例・例文付】部下の結婚式 スピーチの内容は?ご祝儀の金額は?

 

ビジネスパーソンとして部下を持つ管理職になると、部下の結婚式・披露宴に上司として出席することが増えてきます。

最近は会社の上司を呼ばずに結婚式・披露宴をあげるというケースもあるようですが、従来どおり会社の上司に出席してもらうというケースもまだまだ多いです。

 

上司として呼ばれるようになると主賓のスピーチをお願いされることもあるでしょう。

私も主賓として結婚式に呼ばれたことがありますが、スピーチをする前提で出席する結婚式には普段とは違う緊張感がありました。

 

きっと部下の結婚式に呼ばれている方の多くが?ご祝儀は?スピーチは?とお悩みのことでしょう。この記事では、私が体験してきた事例を交えながらご祝儀とスピーチについてご紹介していきます。

 

広告

ご祝儀の相場

まず悩むのがご祝儀をいくら包むのかということです。

通常同僚の結婚式であれば30,000円が相場と言われていて、私のまわりでも30,000円を包んで持っていくのが一般的でした。

 

では、部下の結婚式の場合はどうでしょうか?

 

主賓ではないという立場、例えば課長として出席するけど主賓は部長というケース、または係長として出席するけど主賓は課長というケースだと、私のまわりで確認した限りでは30,000円が相場でした。

 

一方で主賓となる場合ですが、一般的には50,000円というケースが多かったです。私が主賓として部下の結婚式のスピーチに立ったときも50,000円を包んでいました。

主賓でスピーチをすると、親族の方から謝礼を5,000円か10,000円は頂けますので、その分を勘案しても50,000円くらいが妥当ではないかと考えています。

 

このあたりは会社の規模感、本人との関係性、結婚式の規模感によっても変わりますが、私が経験した大手企業での一般的な部や課レベルで会社の人を招かれた場合の事例としてお考えください。

 

広告

主賓のスピーチで考えるべきこと

課長クラスになるとお願いされるスピーチには、主賓としてのスピーチ、乾杯の挨拶がありますが、ここでは、私の主賓としてのスピーチからの体験談から何を話すのがよいのかを書いていきます。

 

部下の褒めるべきポイントを決める

基本的にはスピーチでは部下を褒めちぎる必要があります。

日頃仕事している中で、部下の特徴として褒めるべきポイントを決めましょう。

 

ポイントは2つくらいがよいと思います。

 

例えば、以下のようなことです。

明るい、粘り強い、一生懸命、対応が早い、面倒見がよい、etc

 

次に書く話の構成とも関係しますが、最後に今後の結婚生活と繋げられるような特徴がよいと思います。

 

例えば、以下のような感じです。

明るい ⇒ 家庭を明るくできる

粘り強い ⇒ 家庭の困難に立ち向かっていける

一生懸命 ⇒ 家庭でも一生懸命

 

褒めるポイントをサポートするエピソードを決める

褒めるポイントを決めたら、その具体的な事例を考えましょう。一緒に仕事をしていて印象に残ったエピソードがよいです。

 

例えば、以下のような感じです。

明るい ⇒ 困難な状況でも笑顔でまわりを元気づけてくれた

粘り強い ⇒ みんなが諦めかけた状況でも解決策をひねり出してくれた

一生懸命 ⇒ 一見地味な仕事でも、着実に仕事をしてくれた

 

またエピソードの中で、上司や仲間からのサポートがあって取り組んで仕事であっても、まるでその部下が中心的な存在として全員を引っ張ったかのように褒めるのがポイントです。

上記は仕事のエピソードですが、プライベートでも付き合いがあるのであれば、その部分に触れてもよいでしょう。

 

冒頭と締めを決める

挨拶の冒頭では、関係各位に祝福の言葉とお礼を言ったあとに、部下と自分の関係性を話しましょう。

部下とはどういう関係なのか、部下が職場でどのような仕事をしているのかを出席者にわかりやすく説明します。

 

ちなみに、私の場合は上司・部下という言葉が何となく上から目線がして嫌だったので、「一緒に仕事をさせてもらっている仲間という表現」を使いました。司会の人が自分の肩書を言ってくれるので、あえて重ねる必要もないでしょう。

 

締めの部分では、褒めたポイントがどのように家庭生活によい影響を与えるのかを語るのが最も無難なパターンでしょう。そして最後に再度祝福の言葉です。

 

話す時間を決めて原稿に書き起こす

スピーチはあまり長いと出席者が飽きてしまいますので、私は3分くらいでまとめることをおすすめしています。

 

人間は1分間で300文字程度を話せるそうなので、A4のワードがだいたい1,000文字くらい書けるので、A4用紙1枚にまとめるくらいが目安となるでしょう。

 

ウケを狙わず真面目なスピーチにする

ウケを狙って外したときほど空気が悪くことはないです。スピーチした本人だけでなく、一緒に出席している会社の同僚や他の部下まで居心地の悪い雰囲気になってしまいます。

 

褒めるポイントを際立たせてエピソードを盛り込めば、必ず部下にとって印象に残るスピーチになりますので、下手なウケ狙いはやめましょう。

 

練習する

原稿ができたら、必ず練習をしましょう。私は丸暗記が苦手なので、ストーリーの骨子・流れを掴んで後は本番で微調整というやり方でしたが、それでも10回くらいは繰り返して練習しました。丸暗記するならもっと練習が必要かもしれません。

 

家族などに見てもらえるのであれば、実際に前でスピーチをしてみて意見をもらうのもよいでしょう。

 

私のスピーチ事例

ここからは私のスピーチ事例のひとつを紹介します。実際のものから少しアレンジしていますが、概ねこのような構成でした。みなさんの参考になれば幸いです。

 

スピーチ文のフォーマット

ただいまご紹介に預かりました@@と申します。

このたびは新郎**さん・新婦%%さんご結婚おめでとうございます。それからご両家のみなさま、本日は誠におめでとうございます。また、関係者の皆様方、このようなおめでたい席にお招き頂きましたこと深く御礼を申し上げます。

 

(二人が立っている場合は)どうぞお座りください。

 

私は、新郎の**さんと同じ職場で働く仲間でして、**さんが今の部署に来てから約3年ほど一緒に仕事をさせてもらっています。私の部署では◀◀というシステムを展開しておりまして、主にお客様の&&というニーズに答えるために日々サービスを開発しています。**さんは、その中でも特に重要となるシステムである##の部分を担当しています。

そんな私が**さんと仕事をしてきたい中で印象深いことが2つありました。ひとつは、大変な熱意を持って仕事に取り組むこと、もうひとつは粘り強く結果まで導くことです。そんな**さんの熱意と粘り強さを表すエピソードを2つ紹介します。

 

1つは、私どもの過去作ったシステムに不具合が起こって、お客様に多大なご迷惑をおかけしたときです。システムの不具合によりお客様のサービスも停止するという自体になってしまいました。**さんは、そのシステムを開発を担当してわけではなかったのですが、少しでもお客様が抱えている早く問題を解決という強い思いを持って、システムの改善をサポートしてくれた上に、自らお客様のところにいってお客様と一体となって問題解決に取り組んできました。問題解決には時間がかかって非常に厳しい半年間だったのですが、**さんは持ち前の熱意を持って見事その問題を解決して、お客様からも絶大な信頼を得られるようになりました。

 

2つめは、新システムを海外のお客様に導入するというプロジェクトのときのことです。このプロジェクトは3億円の売上が見込める社内でも重要なプロジェクトでした。**さんは、このプロジェクトのシステム担当として、海外のお客様へのシステムの説明に同行、慣れない英語ではあったものの粘り強くお客様に説明をしてプロジェクトの受注に結びつけることができました。この活躍は海外現地法人の社長にも伝わって、直接お褒めの言葉を頂くこともできました。

 

これから**さんと%%さん(新婦の下の名前)家庭の中では、様々なことが起こると思います。しかし、このように熱意と粘り強さを持つ**さんですので、きっと家庭の中で起こる困難も見事に乗り切ってくれるのだろうと感じています。

以上を持ちまして私の挨拶と代えさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

————————————————————

 

いかがでしょうか。これで約1,050文字です。伏せ字のところを入れると1,100文字くらいになるでしょう。ゆっくり話すと3分強のスピーチとなります。

 

整理すると、流れは以下のとおりです。

冒頭の挨拶 ⇒ 部下との関係 ⇒ 褒めるポイント ⇒ 具体的なエピソード ⇒ 家庭とのつながり ⇒ 締めの挨拶

 

結婚式のスピーチで言ってはダメな言葉や、きちんとした時候の挨拶などは、他のサイトをご確認頂ければよいですが、上記くらいが堅苦しくなくてよいのではないかと私は考えています。

 

また、スピーチで褒めるときのポイントは、「お客様から信頼を得られた」や、「社長に褒められた」のように第三者からよいフィードバックがあったという言い方がよいです。

このほうが、スピーチをしている本人が「凄いと思った」というよりも、聞いている人達の印象に残りやすい表現だからです。

 

広告

まとめ

部下の結婚式というのは上司にとって緊張感のあるイベントだとは思いますが、飾らずに素直に部下の門出を祝福してあげましょう。後々まで部下から感謝されることになることでしょう。

 

管理職としての仕事に役立つ記事はこちら

【新任課長必見】経営幹部・部下から頼られる課長の役割とは この記事では、これから新たに課長になる方に向けて、私の経験も踏まえながら、どういう課長が頼られる課長になるかについて書いていきま...
【部下育成の悩み解消に効果絶大】経験からわかった1on1ミーティングの効果 この記事では、中間管理職で部下の育成・マネジメントでお悩みの方に向けて、私の体験談から提案したい解決策のひとつである1on1(ワ...

 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら