仕事・キャリア形成・プラン

社会人・ビジネスパーソンとして勉強すべき4つのこと

 

私のまわりの若手のサラリーマン人で、

「もっと成長したいのだけど、何を勉強してよいかわからない」

「会社では一生懸命仕事をしているけど、何か頭打ち感がある」

という悩みを持っている人が何人かいます。

 

私も若いときに、今より成長するためにどうすればよいか?ということを考えて、自己啓発本を読んだり、社外の異業種交流会に出たりするなどしてきたので、その気持ちはよくわかります。

 

一方で、自己啓発の本を読んだり、社外の異業種交流会に出ても、その場は何となくいつもと違った感覚はあっても、1週間もすると結局元どおりの毎日に戻っているということも多いことでしょう。

 

実は、こういう人達はすでに成長しようというマインドを持っているので、勉強のやり方を変えればもっと伸びていく可能性が高いと思っています。

 

では、どのような勉強をどのようにやればよいのか?

私なりに考えていることをあげてきます。

 

社会人・ビジネスパーソンが勉強すべき4つのこと

ビジネスの基礎知識

まず社会人として、ビジネスの基礎知識を最低限身につけるようにしましょう。

 

「私は技術の専門だから」

「私は人事の専門だから」

 

こういった考えは一旦捨てましょう。なぜなら、どのような機能軸の仕事をしていても、ビジネスの基礎知識が土台になくては、役に立たないからです。

例えば、技術の専門だからといって樹脂製品の設計に詳しいだけに留まっていると、ビジネスパーソンとしてそれ以上の発展性を望めません。(もちろん、技術一筋でいくならよいですが、あくまでこの記事は「もっと勉強したい」という人を対象にしています)

 

しかし、樹脂成形もわかる、ビジネスの基礎知識もわかるとなると、技術マネージャーもできますし、少し取引関連の勉強をすれば購買担当になる道もあります(余談ですが、技術のわかる購買は重宝されます)。そうしていくうちに、一段、二段と高い視点からのマネジメントが可能になっていくのです。

 

では、どのようにビジネスの基礎知識を学べばよいのか?

まずは、このブログに書いている記事を読んでみましょう。このブログには経営学の基礎となる

 

に関することを網羅しています。

近年ではこうした理論はやや時代遅れだと言われることもあります。しかし、私はこのブログで網羅している基礎は大事で、その上で近年のビジネスの状況に合わせた理論やフレームワークを学んでいくべきだろうと考えています。

スポーツだって、ルールの変化や技術の進化によって変わる練習もあれば、基礎の練習として変わらないものもあるのと同じです。

 

こちらの記事には、私がおすすめする書籍も紹介しています。

経営戦略・戦略思考のおすすめ書籍12冊を一挙紹介 経営戦略・戦略思考でおすすめの12冊を紹介します。 事業戦略のレシピ 本書で事業戦略の立案から各戦術への落とし込みま...
組織マネジメント・リーダーシップのおすすめ書籍14冊を一挙紹介 人・組織マネジメントに関するおすすめ本を14冊一挙紹介します。 組織力を高める 本書では、組織力=遂行能力×戦略能力と定義。...
マーケティング・法人営業のおすすめ書籍8冊を一挙紹介 マーケティングに関するおすすめ本を一挙8冊紹介します。 コトラーのマーケティング・コンセプト マーケティング理論の第...

 

さらに深く、広い専門性

次に専門性を見直してみましょう。

 

ビジネスパーソンとして専門性を持つというのは極めて大事で、それはあなたを何者であるか?示すものになります。もし、そうした誇れる専門性が少ないと思うのであれば、それを広げ、深める努力をしましょう。

以下の記事でも、こうした専門性というのは世界でも尊敬に値するものなので、語学よりも優先して身につけないといけないものなのです。

【世界のリーダーから学んだ】グローバルリーダーに共通する3つのポイント多くの日本企業が世界市場にその拡大余地を求めている中、日本だけで通用するリーダーシップスタイルだけでなく、グローバルで活躍できるリーダー...

 

もし深掘りすることが少ないのだとすると、周辺領域に広げていくことを考えましょう。

例えば、メーカーの人事という専門性があるのだとすると、それをIT系の人事という専門性の広げ方もあるでしょう。周辺の法律の勉強をするという考え方もあります。

 

もし、あなたが入社間もないのであれば、まずは今の仕事に関係する専門性を徹底的に身に着けましょう。法律の勉強、資格の勉強、業界のこと、自社の商品のことなど、何でもよいです。

 

論理的思考力・表現力

論理的に考えて、表現する力も大事です。

 

ビジネスの知識をもって、専門性が深く広くても、それを論理的に整理できないと、強みを活かしきれません。もし、あなたが100の力を持っていたとして、それを20か30しか出せないとすると、相手から見ればあなたは20か30の力の人材だと見えてしまうのです。

 

論理的思考力や表現力は、あなたが持っている力を最大限発揮するための強力な武器になります。(論理的思考力は、決して相手を論破するためのものではありません)

 

論理的思考力はこちらのページにもまとめてありますし、以下に紹介している本からも勉強することができます。

ロジカルシンキング・論理思考のおすすめ書籍14冊を一挙紹介 ロジカルシンキング・論理思考に関連する、おすすめの14冊を紹介します。 ロジカルシンキング 論理的な思考と構成のスキル ロジ...

 

コミュニケーション能力

論理的に物事を考えて表現できたとしても、論理だけでは人は動きません。

 

人を動かすには論理意外のウェットな部分が不可欠です。

 

もしあなたの上司がスーパー切れ者で、論理も明快、どんな難問でもすぐに解決策を導き出す人だとしても、そこに人間味が感じられないと尊敬できる上司とまではならないでしょう。

一方で、切れ者ではないけど、何となく助けてあげたくなる上司という人もいるかもしません。

この二人のを隔てているものは、広義の意味でコミュニケーション能力です。

 

「自分とそういう人ではキャラの違いもある」

 

そう思ってしまう人もいるでしょう。

 

そのとおりです。

キャラがあるので、誰かのコピーをするのは容易ではないですし、むしろ不自然です。

 

しかし、ある一部分だけを取り上げて真似ることは十分にできるのです。

 

なぜ、同じことを言っているのに、Aさんは許されて、Bさんは叱られるのか?

なぜ、Xさんの方が切れ者なのに、Yさんの方が部下から人気があるのか?

 

これを考えて、自分なりに答えを見つけてみるのも勉強です。意外とみんな「キャラ」の一言で片付けているのですが、そんな「キャラ」にもあなたが取り入れられる部分はあるはずです。

 

インプットしたことは考えて、アウトプットする

ここまであげた4点はすべてインプットの話です。

 

しかし、勉強というのはインプットしただけでは学びとして定着しません。アウトプットをすることで、脳に定着して自分のモノになっていくのです。

 

ここでは、代表的なアウトプットの仕方をまとめてみます。

まとめを書き出す

例えば、本を読んだら自分なりのポイントを数行でもよいので、まとめてみましょう。

この本のポイントは3つ、コレとコレとコレという感じです。

こうすれば本を読みっぱなしにならずに、自分の言葉で内容を整理することができます。

 

私は、昔読んだ本をアウトプットする手段として、パワーポイントにまとめていました。本によっては10数ページになりましたし、本によっては2-3ページだったこともあります。

こうすることで、頭にも定着しますし、後からポイントだけを読み返すこともできます。

 

最近では、こちらの記事のように自分の主張を織り交ぜてブログに感想を書くようにしています。

ビジネスパーソンは被害者意識ではなく当事者意識を持て 主体的に動くを読んで 仕事をしていると、よく「当事者意識が足りない」とか、「当事者意識を持て」といった言葉がよく耳にします。これらは責任感のない発言を...

 

実践してみる

さらに定着させるには実践することです。

 

例えば、論理的思考力の本でピラミッドストラクチャーを学んだとしましょう。もしこれを学んだら、明日あなたが誰かに何かを提案するときに使ってみるのです。

これをやると様々なことがわかります。

  • 頭でわかったつもりになっていたけど、実際やってみたら難しかった
  • 実践する中で、自分の足りない部分が見えた

 

こうしたことがわかれば、かなりの成長です。難しい部分、足りない部分というのは、次の勉強・学びのネタになるのです。

 

なお、この樺澤氏の書いた「アウトプット大全」はアウトプットの効果や手法をしっかり解説してくれています。もしアウトプットの仕方がよくわからないのであれば、こちらを手にとってもよいでしょう。

 

 

まとめ

ここに書いてきたことを一部でもよいので、今日から取り組んでみましょう。

 

最初は「大変そうだな」と思うかもしれません。しかし、半年、1年と続けて慣れてくると少しずつ勉強のキャパシティが広がっていきます。そして2年、3年と続ければ、明らかに大きな能力の差異を実感できることになるでしょう。

 

なお、専門性を広げる機会を探ったり、実践の場を求めるのに、転職活動という手段は最適です。実際に転職に至らずとも、活動するだけで非常に大きな学びを得られます。

もし、まだ転職サイトに登録していないという方は、今すぐに登録だけはしておきましょう。無料で登録できて、世の中の求人の傾向を確かめることができます。

初めての方におすすめしたいのはリクナビNEXTです。登録するだけで様々な求人を見ることができます。すでに登録済みの方や、さらに広く求人を確認したいという方は、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントにも登録しましょう。

これら大手の転職サイト・エージェントに登録することで幅広い情報にふれることができる上に、様々なタイプのキャリアアドバイザーと接する機会を得ることができます。

 

デキるビジネスパーソンの長期休暇の過ごし方もあわせてご覧ください

デキるビジネスパーソンの長期休暇の過ごし方・やっておくべきこと ビジネスパーソンのみなさんは長期休暇をどのようにお過ごしでしょうか? 「旅行にいく」 「実家に帰って旧友に会...