キャリア形成・プラン

デキる社会人の長期休暇の過ごし方・やっておくべきこと

 

ビジネスパーソンのみなさんは長期休暇をどのようにお過ごしでしょうか?

 

「旅行にいく」

「実家に帰って旧友に会う」

こういう過ごし方も悪くないと思います。

 

「日頃の睡眠不足を解消する」

このような過ごし方もあることでしょう。

 

しかし、デキる社会人の人達は、長期休暇というまとまった休みを使って自分をさらに高めるようにしています。

 

2019年のゴールデンウィークは10連休です。上記に書いたことだけを丸々10連休全てを使ってやるわけではないでしょうから、空けられる時間があるかと思います。そうした時間を自己を高める時間に使ってみるのです。

 

では、自己を高めるために必要なことは何なのでしょうか?

 

それはキャリアについて考えることです。

 

この記事では、ビジネスパーソンが長期休暇を使ってキャリアを考えるための方法論を解説していきます。

 

長期休暇は長期的なキャリアを考える機会

長期休暇中は物事をゆっくり考えることができます。

 

日頃は仕事が忙しくて、目の前の業務に忙殺されているかもしれません。そうなると、短期的なことにばかり頭を使って、長期的な展望や自身のスキルアップを考える余裕がなくなってしまいます。

 

デキるビジネスパーソンは、ゆっくり考えることができる長期休暇を有効活用して自身のキャリアの長期的な展望を練ります。

 

例えば、以下のようなことです。

  • 5年後、10年後に仕事を取り巻く環境はどう変化していそうか?
  • どのような人がこれから求められるようになるのか?
  • 自分がそういう人材になるためには何を磨かないといけないのか?

 

これらはすぐに答えの出せるものではないからこそ、ゆっくり考える時間がとれるときに答えを模索しておくことが重要になってくるのです。

 

長期的なキャリアを考えるプロセス

では、ゆっくり考える時間を使って何をするべきでしょうか。

下図のようなプロセスで考えるのがおすすめです。

各プロセスの詳細を以下にあげていきます。

 

過去の棚卸し

まずは自分のキャリアの棚卸しをしてみましょう。

 

自分は今まで何をやってきたのか、何を達成したのか、何を自分の強みとして身につけてきたのかなどです。これらを年単位くらいでまとめてみるのがよいでしょう。

一例として、以下のようなフォーマットがあります。

やったこと 達成したこと
1年目
2年目
3年目
4年目
5年目

 

ここで重要なことはこれまでやってきたことや達成したことの傾向を見ることです。

  • 毎年新しいことにチャレンジできているか
  • ここ数年、やったことと達成したことに進歩があるか
  • 自分が理想としてきたビジネスパーソンの姿に近い結果になっているか

 

このようなことを考えてみるだけでも、自分に足りないものが見えてくると思います。

 

もう少し突っ込んで過去の棚卸しをするなら、職務経歴書を書いてみるのもよいでしょう。転職するしないに関係なく職務経歴書を書いてみると、様々な課題が見えてくると思います。

サラリーマンにとって一番大事なプレゼン資料は職務経歴書だ!サラリーマンが作るプレゼン資料には、様々なものがあります。例えば次のようなものです。 お客様への提案資料 経営会議の資料...

 

積極的なインプット

キャリアの棚卸しをすると、様々な課題が見えてくるでしょう。

しかし、課題が見えてから一足飛びに解決策に飛びついてもよいですが、先ほどから書いているように長期休暇は時間があります。

まずは落ち着いて興味のある分野のインプットをしてみましょう。

インプットの代表例は読書です。以下のページに私がおすすめした本をまとめていますので、参考にしてみてください。

おすすめビジネス本を合計50冊以上紹介>>>

 

また、私のブログではキャリアに関する記事をいくつかまとめています。こうした記事もみなさんの今後を考える上での参考になるのではないかと思います。

キャリアに関するおすすめ記事はこちら>>>

 

この他にも街に出かけてみるのもおすすめです。

例えば、普段はいけないデパートに足を運んでみたり、普段あまり見ることのない商品を見たりするのもよいでしょう。

 

アウトプットによる現状理解

インプットはアウトプットを伴わないと、ほとんど意味がありません。

アウトプットの重要性はこちらの書籍にも書いてありますので、参考にしてもよいかと思います。

インプットしたことをアウトプットをしてみることで、インプットしたことの定着化を図ることができます。アウトプットの方法は、単に内容を紙やワード、パワポなどにまとめるというだけでもよいですし、読んで感じたことを1,2行でもよいので書いてみるだけでもよいです。

ここでのアウトプットのコツは、できるだけ自分のことと照らして考えてみることです。

例えば、

「本ではこう書いてあったけど、自分ならこうできそうだ」

「自分はこれはできているが、こっちは想像もしなかったことだった」

というような感じです。

先ほどのキャリアの棚卸しと、インプットからのアウトプットにより自分の現状理解をより深めることができるようになります。

 

現状と目指す姿とのギャップの把握

自分の現状理解をより深めることができたら、自分はどのようなビジネスパーソンになってみたいのか考えてみましょう。

あまりなりたい自分が明確でないなら、インプット・アウトプットした内容から着想を得てもよいでしょう。

  • ●●の専門家になりたい
  • ××の専門分野にまで仕事の領域を広げたい
  • コミュニケーション能力の高い、政治的な動きが得意な人間になりたい

様々あることでしょう。

 

これらは後で多少変わっても構わないので、今思っていることでよいです。

その思っていることと、自分の現状とのギャップを考えてみましょう。

そのギャップを埋めることが、みなさん自身の未来のアクション・方向性となってくるのです。

 

ギャップを埋めるための施策

ギャップを埋めるためにやるべきことは、みなさん自身が何を目指し、そのために何が足りないかによって変わってくるので一概にコレと言い切ることはできません。

  • 専門書を読んで知識をつける
  • 自分の目指す方向に近い人に話を聞きに行く

 

このようなことが代表例として挙げられます。

もし、ビジネスパーソンとして一般的に勉強すべきことを探しているなら、以下の記事も参考になるかと思います。

【おすすめ】デキる社会人になるために勉強すべき4つのこと 私のまわりの若手のサラリーマン人で、 「もっと成長したいのだけど、何を勉強してよいかわからない」 「会社では一生懸命...

 

まとめ

長期休暇のまとまった時間はキャリアのことをゆっくり考えるのにうってつけのタイミングです。

こちらのまとめた考え方を参考にして、日頃のハードワークの中では考えることのできない、みなさんのキャリア戦略を考える時間にしてみてください。

キャリアを考えるのにおすすめの記事はこちら>>

 

なお、自分の市場価値を客観的に見つめる目的で、転職サイトに登録するのもおすすめします。登録=転職活動ではなく、あくまで市場価値の確認目的です。

おすすめの転職サイト・エージェントはこちら>>>

また転職サイトではありませんが、ビジネスに特化したSNSであるLinkdeinへの登録もおすすめです。ビジネスでの人脈形成にも役立ちますし、経歴を見てスカウトメールが飛んでくることもあります。

私も登録して、経歴が変わるたびにアップデートしていますが、求人の他にもコンサルの人から業界情報を教えて欲しいという依頼もたまに来ます。

 

長期休暇は副業について考える機会にもなります

【おすすめ】副業歴15年から考えるサラリーマンの副業【3タイプ・9種類】 昨年からサラリーマンの副業解禁が話題になっていますが、2019年は多くの会社で副業解禁されるのではないかと言われています。 ...

 

ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、起業などの経験を踏まえて、仕事やキャリアに関することを発信しています。