マーケティング思考・戦略

【体験・感想】IoT商品 GUM PLAY(ガムプレイ) スマートハブラシ 概要・使い方

 

本日はIoT商材をひとつ紹介します。

「GUM PLAY(ガムプレイ) スマートハブラシ」です。

 

IoTの詳細解説は別に譲りますが、簡単にいうとInternet of Thingsの略で、物とインターネットを接続させて新たな価値を生み出していくという概念です。

また、この商品は歯ブラシの自動注文機能がついていて、サブスクリプションモデルを代表する商品とも言えます。サブスクリプションモデルの詳細は以下の記事をご参照ください。

【5分でわかる】サブスクリプションモデルとは 事例・ポイント・課題 先日の記事で、マーケティングとはモノ売りではなくコト売りだという記事を書きました。 https://www.nsspirt...

 

広告

GUM PLAYの概要

この商品は、歯をキレイにするという価値を提供しているのですが、それを以下3つで満たしています。

  • 歯ブラシ
  • 付属するBluetoothデバイス
  • Bluetoothデバイスを介して接続できる専用アプリ

 

中身はこのような感じになっています。

歯ブラシと歯ブラシのアタッチメントになっているところにBluetoothデバイスが入っています。Bluetoothはボタン電池で駆動させます。

 

Amazon Dash Replenishment版にすると、歯ブラシや付属品(オーラルケア等)の自動注文が可能になります。

 

広告

GUM PLAYの使い方

GUM PLAYの使い方を解説します。

電池の挿入~組み立て

 

この小さなデバイスの中にボタン電池を挿入します。

そして、アタッチメントの中にこのように収納します。写真右のように歯ブラシ立てにもなります。

使うときはアタッチメントに挿入した状態のまま歯を磨きます。(アタッチメントから外してしまうと、後で解説するアプリが正常に作動しません。)

 

アプリのダウンロード

続いてアプリのダウンロードです。

アプリは以下の4種類あります。

  • マウスステータス
  • マウスバンド
  • マウスモンスター
  • マウスニュース

 

マウスステータスが、このGUM PLAYを使うための基本アプリです。歯磨きの指示、時間の計測、ログなどを取ることができます。

 

マウスバンドは3分間の音楽を演奏、歯磨きの開始から終了までを知らせるようになっています。

マウスモンスターは歯ブラシでモンスターと戦うゲームで、ゲーム感覚で歯磨きをするためのアプリです。

マウスニュースは歯磨き中の3分間にニュースを読み上げるアプリです。

 

マウスバンドやマウスモンスターは、子供が楽しく歯磨きをできるようなアプリでもあります。

 

情報登録とペアリング

ここからはマウスステータスの解説をしていきます。

まずアプリをダウンロードしたら、メールアドレスを入力して仮登録をします。メールアドレスを入力したら、メールでリンクが送られてくるので、そのリンクを押して本登録をします。ここでニックネームとパスワードを指定します。

アプリの設定ができたら、ペアリングをしていきます。「設定」⇒「アカウント編集」⇒と進んでアタッチメントを交換を選んで、画面指示に従ってペアリングします。

自動再注文の設定

メニュー画面から「ハブラシ自動再注文」を選択すると、そこからアマゾンのログイン画面になり、自動再注文をする商品を設定できます。

ここから好きなハブラシの種類を選択します。全て6本セットです。口腔ケア用品を選択することもできます。

 

設定が完了すると、最後にハブラシの本数を入力します。残り1本になると自動注文なのですが、最初は1本しかありません。ここで1本と入れると次の再注文まで90回になります。私はあえて2本と入れました。好きなときに1本にして自動再注文をしたかったからです。

ここがGUM PLAYの継続課金モデルなのですが、手動で本数設定しなければならないところが面倒なところではあります。

 

使い方

最後は歯磨きです。

「ホーム画面」からスタートを押して歯磨きをスタートさせます。

画面の指示に従って歯を一本一本磨いていきましょう。先ほども書きましたが、使うときはアタッチメントをつけたまま磨いてください。アプリと接続していなくてもアタッチメントをつけて磨くだけでデータの記録が可能。

完了すると、ログが残っていきます。ログを見ることで毎日どの程度磨いたのかがわかるようになっています。

 

GUM PLAYを使った所感

慣れるまでは正直非常に使いづらいです。

しかし、慣れてくると何も気にせずにスイッチを入れて(ハブラシでアタッチメントを押すだけ)歯磨きできます。定期的にアプリとリンクさせることで毎日のログを記録していくこともできます。

ただ、本体の値段やアプリ操作のことを考えると全ての方におすすめはできないと思っています。

 

私が考えるおすすめの人は以下の方々です。

  • 毎日の歯磨きで磨き残しが多くなりがちな方
  • 毎日の歯磨き記録をきちんと管理したい方

 

また、ビジネスパーソンの心技体というブログコンセプトからすると、次の人にもおすすめしておきたいです。

  • IoT家電に関心がある方
  • IoT家電の可能性を探りたい方

 

これからスピードの速い遅いは業界によってバラツキはあれど、IoTは世界の潮流になっていきます。そうした中で、手軽にIoTの可能性を体感するという意味では、本2冊分くらいの投資はしておいても損はないでしょう。

 

広告

まとめ

以上が使用体験レポートです。

記事中に書いたようにIoT家電を手軽に体感したい人にとっては、試しておいて損はない商品だと思います。

 

自動再注文機能付ができるAmazon Dash Replenishment版はアマゾンのみでの販売ですが、ただアプリと連動させるだけなら楽天でも販売されています。

こちらは子供用のセットです。

 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら