起業・副業・転職

これからのサラリーマンに必須の【お金を稼ぐ力】を身につける方法

 

先日、以下のツイートをしました。

売上が安定して入る事業で仕事をする一番のデメリットは、顧客獲得というビジネスで大事な経験をする機会が少ないこと。ここを経験しているのと、経験していないのとでは、ビジネスパーソンとしての戦闘力が全く異なるように思う。大企業でも、新規事業や海外開拓を経験している人が強いのはこの点。

 

実は、これは今の私が痛感していることなのです。

私は、サラリーマン経験の中で、多彩な業務をやってきましたが、物やサービスを売るという経験が唯一欠けたまま、会社を辞めて起業に至っています。

起業した今となっては、営業スキルはビジネスパーソンにとって最強スキルだなと思っているくらいです。

この点に関して、もう少し深掘りして書いていきます。

 

広告

お金を稼ぐ力=新規に顧客を獲得できる力

企業活動には様々なものがあります。

例えば、メーカーの場合だと、以下のような機能があります。

  • デザイン
  • 企画
  • 設計
  • 製造
  • 営業
  • メンテナンス
  • その他間接機能(人事、財務、法務、IT等)

どの機能も重要ですし、高い専門性の求められるものです。

しかし、この中で売上を稼いでいる機能はどれでしょうか?

営業しかいませんね。

そうです。営業だけなのです。

世の中では、営業職につくことを毛嫌いしたり、営業を馬鹿にしたりする人達もいますが、営業が売上を稼ぐための源泉になっているのです。そして、その営業の中でも、とりわけ重要になってくるのが、新規のお客さんを獲得することです。

全ての事業活動は、最初にお客さんを見つけてくるところからスタートします。新規顧客の獲得が無ければ、いくら綺麗に物をデザインできても、いくら素晴らしいマーケティング戦略を考えたとしても、お金にはならないのです。

 

広告

これからのサラリーマンに必要なお金を稼ぐ力

これからのサラリーマンには、稼ぐ力が今まで以上に要求されてきます。

このブログでも何度も取り上げているとおり、多くの大企業で業績の見通しが厳しくなってきており、人員整理を目的としたリストラに踏み切らざるを得ない状況になっています。

特に多くの大企業は、1人あたりの付加価値である生産性が低く、改善しなければ会社自体が生き残っていけない状態になっています。これは特に日系の大企業で働いている人だとよくわかると思います。(私も日系大企業の出身者としてよくわかります)

そうなると、必然的に会社にとっては、売上・利益をあげてもらえる社員が一番重要になってきて、そこに直結しない人達は整理するしかなくなります。

また、仮に会社の中でリストラ対象者になってしまっても、稼ぐ力を一旦身につけておけば、転職しても、独立してもやっていけるようになります。

そういう観点から、これからのサラリーマンは、稼ぐ力を早めに身につけるべきなのです。

このあたりのことは、私がおすすめしている中年期に読むべき本にも書いてあるので、是非ご一読ください。

【30代40代向け】中年期のキャリアを考えるときにおすすめの本9冊一挙紹介 サラリーマンを続けて10年くらい経ってくると、自分のキャリアを考える機会が増えてきます。 「若いときはガムシャラに...

 

もちろん、中年期と言わずにできるだけ若いうちから稼ぐ力を身につけるに越したことはないでしょう。

 

お金を稼ぐ力の身につけ方 まずはやってみる

営業になれば稼ぐ力を身につけられるからと言って、デザインや人事の人が明日から会社の中で営業をやりますというわけにはいかないでしょう。

仮に、そのような異動の可能性があるとしても、すぐには異動はできないと思います。

そうなると、どのような方法があるのか?

それは、自分の時間か能力を何でもよいから早く売りに出して、会社以外で1円でも稼いでみることです。

つまり、副業をするということです。

副業は会社の就業規定で禁止なんですよ。

このように、会社の副業規定に引っかかることを心配する方もいるかもしれません。

しかし、私はサラリーマン時代に15年間副業をやってきましたが、わからないようにするやり方はいくらでもあります。

そもそも、本当に稼げるかもわからないので、まずは稼いでみてから、バレるどうかの心配をするようにしましょう。

やってみると、わかりますが給料以外で稼ぐのは、慣れるまではかなり大変です。(逆に言うと、毎月自動的に給料をもらえることが、いかに素晴らしいかがわかります。)

 

広告

給料以外でお金を稼ぐ方法

給料以外で稼ぐ方法を3つ紹介します。

 

アルバイト感覚で他の仕事をしてみる

もし若くて体力があるなら、アルバイト感覚でやってみてもよいのは、Uber Eatsのドライバーでしょう。

Uber Eatsなら隙間時間を使って仕事ができるので、サラリーマンの小遣い稼ぎの副業としては、面白いでしょう。

時給が800円~2,000円程度だそうなので、週末2時間の想定だと、1~2万円程度の収入にはなるでしょう。

会社の給料以外で、手っ取り早くお金を稼ぐことを覚えたいのであれば、ひとつのアイデアになります。

しかし、時間と収入が比例する労働集約型の仕事なので、長時間やるのはおすすめしません。

 

スポットの仕事を受けてみる

スポットの仕事を受けてしまうことでしょう。

簡単なのは、クラウドワークスのようなところに登録してしまい、自分が受けられそうな仕事がないかを見つけることです。

クラウドワークスなら、匿名で仕事を受けることができますので、会社にいきなりバレる心配はありません。

▼▼クラウドワークスに無料登録する▼▼

クラウドワークス

加えて、ビザスクのようなスポットコンサルのマッチングサービスに登録してもよいでしょう。実名登録が必須ではありますが、メッセージをやりとりする人以外には、名前や職歴を非公開とすることができます。

この2つのサイトを使っての副業は、自分の専門分野を生かせる可能性の高い副業になります。

どちらもメールアドレスと、簡単な情報を入力するだけですぐに登録できるので、登録して案件を見てみるだけでも価値はあると思います。

▼▼ビザスクに無料登録する▼▼

ビザスク
 

こちらの記事にビザスク体験記を書きました。

【実体験】ビザスクで副業スポットコンサルをやってみた【結論】おすすめです 当サイトでは、副業に関する情報も発信しています。 その中で、スポットコンサルを切り口にして、自分の市場価値を調べてみたり、...

 

自分の専門知識や体験をブログで発信してみる

自分の専門知識や体験を発信していくのもよいでしょう。

自分が培ってきたことを整理して発信すれば、同じように困っている人の役に立つかもしれません。そうして、誰かの役に立つ情報を発信することができれば、自然に人が集まってきます。まさに集客できるわけです。

集まってきた人をベースに、どうやってマネタイズするかは様々な方法があります。

  • 広告を貼付して収入を得る
  • 自分の専門知識をnoteなどを使って販売する
  • 集客した人に個別にコンサルをする

 

ただし、これはビジネスオーナー型の副業で、集客基盤ができるまでに時間がかかる方法です。そのため、成果が出なくても半年から1年は我慢して根気よくやれる人ではないと向いていません。

逆に、一旦軌道に乗ると、少ない労働時間で収入を得られる可能性があるので、私が一押しにしている方法です。

私が過去のサイト運営で、どの程度の労働時間でどの程度の収入を得たかは、以下の記事に書いています。

その後の失敗による学びも書いているので、取り組む前に読んでもらえれば、参考にしてもらえるかと思います。

副業で1200万円以上獲得、その成功と失敗から学んだサラリーマンの副業10の心得

 

※私が考えるおすすめの副業は以下の記事に書いています。

【おすすめ】副業歴15年から考えるサラリーマンの副業【3タイプ・9種類】 昨年からサラリーマンの副業解禁が話題になっていますが、2019年は多くの会社で副業解禁されるのではないかと言われています。 ...

 

まとめ

以上、これからのサラリーマンにとっての稼ぐ力の重要性と、稼ぐ力の身につけ方でした。

  • お金を稼ぐ力とは、新規に顧客を獲得する力である。
  • これからのサラリーマンはお金を稼ぐ力がないと、生きていくのが難しくなる。
  • お金を稼ぐ力を身につける方法として、アルバイト感覚で仕事をする、スポットで自分の専門性を売る、ブログで専門性を発信するなどがある。
  • 労働集約型の副業は大変なので、ビジネスオーナー型の副業がおすすめ。

▼▼20代から40代向け、お金の正しい管理の仕方(無料講座)▼▼

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら