ビジネスその他

営業スキルを磨くために参考にすべき3つの職業

 

営業スキルが伸びないという悩みを持つ営業マンは多くいます。

 

「顧客とうまく関係が作れない」

「売りたい商品が売れない」

「成績が上がらない」

 

私のまわりでも、こういう声を聞いたことがあります。

 

営業スキルというのは、決して営業だけが持っておくべきスキルではありません。社内営業という言葉もあるように、営業以外でも多くのビジネスパーソンが必要とするスキルだといえるでしょう。

また、私自身も起業家として、自分を売り込む立場にありますが、そこでも営業スキルは必要になってきます。(私は営業経験がこれまでなかったので、結構苦労しています笑)

 

では、そうした営業スキルを高めるには、どのような勉強をする必要があるのでしょうか。

ひとつのアイデアは、身近にいるデキる営業マンを参考にすることでしょう。

私の知っている営業マンで、以下のような尊敬できる方もいましたが、本当にその営業スキルは勉強になっています。

 

しかし、最近になって私は、普段付き合っている領域以外でも、営業スキルを磨くための勉強になる人達がいることがわかりました。

 

そこで、デキる営業マンになるために参考にすべき3つの職業を紹介します。

 

ホステス

人気ホステスの営業スキルが高いことは有名です。

 

ホステスはお客さんのために絶え間ない努力をして、お客さんとの関係を作っていきます。

一流ホステスが凄いと思うのは、お客さんがホステスのためにプレゼントを渡す行為に喜びを感じてしまうくらいお客さんを虜にしてしまうことです。

お金を払う側、つまり客であるにも関わらず、ドキドキしながら喜んでお金を払ってしまうというのは、客商売としては究極の状態なのではないでしょうか。

 

もし、Aさんという営業マンがいて、お客さんから

「僕はAさんから買えるのが嬉しいのですよ」

と言われたら、こんなに営業冥利に尽きることはないと思います。

 

さらに、「Aさんに誕生日プレゼントあげる」とまで言われたら、営業としては大成功なのではないでしょうか。

 

一流ホステスは、そうした関係をお客さんとの間に作るプロなのです。

 

一流ホステスのテクニックをまとめたこちらの本があります。

こちらの本からは、以下のようなエッセンスが読み取れます。

  • プロセスを共有して、共感を生む。(成長の過程を共有する、挫折からの復活を共有する、モノができ上がる様子を共有する)
  • 運頼みのホームランではなく、手堅い安打を量産する。
  • 顧客がもつ主役になりたい願望を満たしてあげる

どうでしょうか。どれも営業マンに通じるところがあると思います。

できる営業マンが大切にする「6つの思考」という記事にも以下のように書かれています。

「この営業(会社)は信頼できる」「あなたから契約したい」「この営業と付き合うとメリットがある」と、お客様の心を掴み、動かし、選ばれるようになります。
そして継続的なお付き合いに発展していきます。

できる営業マンが大切にする「6つの思考」と営業スキル&トークについてから引用

一流ホステスがもつ営業のエッセンスは、どれも一般の営業マンにも通じる手法ではないかと思います。

 

詐欺師

詐欺師も参考にできます。

ここでいう詐欺師とは、オレオレ詐欺のような詐欺師ではなく、ターゲットと関係を築きながら、最後の最後で騙して財産などを奪ってしまう詐欺師です。

 

この詐欺師とデキる営業マンというのは紙一重のところがあります。

詐欺師もデキる営業マンも極めて高い営業スキルを持っています。顧客(詐欺師の視点だとターゲット)と巧みに人間関係を構築しながら、時間をかけて最終目標に向かっていくのです。

 

詐欺師とできる営業マンの唯一の違いは、最後に詐欺を働くか、顧客に商品・サービスを売るかの違いです。

 

詐欺師のテクニックに関する、こちらの本があります。

 

こちらの本からも、以下のようなエッセンスが読み取れます。

  • 自分がバカになることで相手の緊張感をほぐす
  • デメリットやマイナス点をあえて自分から口にする
  • 言いたいだけ言わせる
  • 「受け身の当事者」から「能動的な当事者」にさせる

どうでしょうか。

詐欺師のテクニックも、一般の営業マンにも通じる手法ではないかと思います。

 

占い師

最後は占い師です。

占いに興味がない方からすると(もしかしたら、興味がある方でも)、「マジか?」と思うかもしれませんが、マジです笑。

 

私は以前、何度か街の占い師に手相占いをしてもらったことがあります。

私自身は占いを信じる人間ではないのですが、言葉巧みにリードする占い師に思わず引き込まれてしまいました。

 

例えば、手相を見ながら険しい顔をして、このようなことを聞いてきます。

「あなたは●●ですか?」

 

ここで、あなたが●●に当てはまると思っている人間だとすると、

「えっ、何でこの人わかったのかな?」

となって、占い師が話す言葉が次々に頭に入ってくるようになるのです。

 

しかし、冷静に考えてみてください。

「あなたは●●ですか?」

というのは、疑問形です。

つまりNoという答えももちろんあるのです。おそらく、そのときはそれ相応の切り返しを用意していることでしょう。

 

こうやって占い師は人となりを見て、こういう人間ではないかと思ったことを疑問形で投げかけて、それがYesでもNoでも対応できるようにしているのでしょう。

そして、Yesの質問が続くと、だんだんと占い師の話に引き込まれるようになるのです。

 

手相を見ていても、単に手相を淡々と診断するのではなく、手相からわかることを占い師なりに噛み砕いて、相手の聞きたそうなことを言うようにしています。

そもそも多くの人が、占い師に対して求めていることは以下のようなことです。

  • 自分という人間を客観的に見てもらう
  • 悩みを聞いてもらう
  • 将来何となくこうしたいと思っていることに対して、そっと背中を押してもらう

人間というのは、自分はこういう人間じゃないかと思っていても、それを自分だけで思っているのと、人から言われるのでは全く違います。

自分では「人の言うことをあまり聞かない人間だな」と思っていても、占い師から「あなたは自分の思ったことを信じて進む人ですね」と言われると、何となく心地よくなるのです。

そして、何となく言いにくかった悩みを吐き出させて、将来に向けて背中を押してもらうことで、その占いというサービスに満足してもらうようになっています。

 

私が観察した限り一流の占い師は、

  • 相手を見て
  • 仮説を立てて
  • 疑問形を巧みに使いながら仮説を検証し
  • 相手の本心や要望を徐々に見抜いて
  • 占いからわかる診断結果を相手の聞きたい形に解釈して伝える

プロだと思っています。

 

これは営業にも通じるところがあるのではないでしょうか。

特に相手の気持ちをわかって、悩みを聞いてあげて、そっと背中を押すというのはデキる営業マンに共通する特徴ではないかと思います。

 

最後に

以上ができる営業マンを目指すために、私が参考にすべきと考えた職業でした。

  • デキる営業マンになるためには、同じ営業マンという職種だけでなく、異なる業界に目を向けることも大事である。
  • その中でヒントになるのが、ホステス、詐欺師、占い師の3つ。
  • いずれの職業も、良くも悪くも相手をとことん魅了してしまうタイプの職業である。
  • 営業成績で悩んでいる人、もっと営業スキルを伸ばしたい人は、こうした職業を研究してみることで、多くのヒントを掴めるはず。

なお、最後に紹介した占い師に関して、人目が気にならないところでテクニックを確認したいのであれば、電話占いという形で確認することができます。

例えば、電話占い【ココナラ】なら、新規登録の人は初回で最大30分無料で試すことができます。人気占い師を選び、仕事の悩みをぶつけながら、そのテクニックを確かめてみてはいかがでしょうか。(私も無料通話で試してみましたが、電話だと若干相手を見抜く精度は悪そうではありました。)

 

ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、起業などの経験を踏まえて、仕事やキャリアに関することを発信しています。