おすすめビジネス書

読書の効果を最大化する読み方【漫然と読まずにアウトプットを意識するのがおすすめ】

 

みなさん、本を年間何冊くらい読んでいるでしょうか?

私は、ここ数年は年間で60~70冊程度(月5~6冊)が平均です。

以下、文化庁の調査によると、月に5,6冊以上が7%程度なので、日本人の上位には位置していますが、私のまわりの読書家に比べると、数としては少ないと感じています。

1か月に大体何冊くらい本を読んでいるかを尋ねた。「読まない」の割合が 47.5%と最も高い。次いで,「1,2冊」の割合が 34.5%,「3,4冊」の割合が 10.9%,「5,6冊」の割合が 3.4%,「7冊以上」が 3.6%となっている。

過去の調査結果(平成 14,20 年度)と比較すると,平成 20 年度調査から大きな変化は見られない。平成 14 年度調査と比較すると,「読まない」の割合は,10 ポイント増加している。

平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要より引用

ただ、読書というのは、数を打てばよいという話ではないようです。

外資系コンサルの山口氏は、著書で次のように書いています。

たくさん本を読んでいるし、さまざまな分野についての知識をひけらかして悦に入っ て いるのに、仕事や生き様ということになると今ひとつ……という人です。

さまざまな分野について雑多なことを知っているけれども、その知識を実生活や仕事に 役立てられない「残念な人」 にはならないよう、気をつけてください。

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術より引用

かなり辛辣に言い切られてしまっていますが、単に本をたくさん読むだけだと、このような人になってしまうのでしょう。

私も、知識だけは豊富だけど。。。という人で思い当たる人がいます。

では、読書の効果を最大化するためには、どのようにすればよいのでしょうか。

それは読んだ内容を何らかの形でアウトプットしてみることです。

この記事では、私がやってきたアウトプット手法の紹介と、アウトプットについて書かれた本について紹介していきます。

 

広告

読書の効果を最大化するアウトプットの方法

私がやってきたアウトプットの方法は、大きく4つあります。

それぞれレベル(=手間)ごとに見ていきましょう。

 

レベル1:短い文字数で要約する

一番簡単なのが、短い文字数で内容を要約するという方法です。

私の場合は、この短い文字数での要約を2つの手段を使ってやっています。

ひとつは、ブログでの本の紹介です。

例えば、以下のページをご覧ください。それぞれの本について、短いコメントで書評を書いています。文字数は本によって異なりますが、おおよそ200~400文字程度でまとめています。

【おすすめ】組織マネジメント・リーダーシップの本16冊を一挙紹介 人・組織マネジメントに関するおすすめ本を16一挙紹介します。 組織マネジメント マネジメント 同じくドラッカーの書...

ブログの記事で本を並べて紹介する場合は、その本は要するに●●の本ですと、概要にしてしまうことが多いです。

 

もう一つの手段がツイッターです。

 

例えば、このような感じでまとめています。

ツイッターの場合は、文字数の制約が140文字ということもあるので、ブログのように要約をするときと、印象に残った部分のみ抜粋するときがあります。

 

レベル2:パワーポイントスライドに要約する

次に手間をかけるのが、パワーポイントスライドに要約する方法です。

これは私が数年前によくやっていたことで、テキストの抜粋・要約だけでなく、コンセプトを示した図表を貼り付けてまとめていました。

本によりますが、1冊あたり3~10スライド程度にまとめていました。

もう今はやっていませんが、かつては月に1冊くらいのペースでやっていて、6年間続けてやりました。

おかげで、その当時まとめた本は、スライドを見直すだけで内容を想起することができます。

私がやめた理由は、面倒だから(笑)というのと、ブログに書くなど他の手段でまとめるようにしたからです。

まとめとしての効果は高いので、その年に印象に残った本ベスト10くらいをまとめるという活用方法もあるかと思います。

 

レベル3:印象に残ったところを抽象化する

これは作業としては、大きくないのですが、頭をとても使うまとめ方です。

このまとめ方もいくつかの本に乗っているのですが、私は前田裕二氏の書いた「メモの魔力」に書かれているまとめ方を参考にしています。

メモの魔力で紹介されているのは、次の3つのフレームです。

事実 ⇒ 抽象化 ⇒ 転用

事実:自分が見た事実や思った感情

抽象化:事実から導かれる気づき、背景、法則

転用:抽象化の内容を落とし込んだアクション

これを応用すると、本で印象に残った箇所を次のようにまとめることができます。

事実 ⇒ 抽象化 ⇒ 転用

事実:●●(本で書かれていたこと)

抽象化:●●から導かれる気づき、背景、法則

転用:抽象化の内容を落とし込んだアクション

これはメモに残すだけでもよいですし、先ほど紹介した短い文字数でのまとめや、スライドでのまとめに適用することもできます。

 

レベル4:書評を書く

作業量も多く、頭も使うまとめ方です。

私が書く書評は、基本的には読書感想文のようなスタイルで、本に書かれていたポイントから感じる感想や、そこから得た示唆などを書いていきます。

例えば、以下のように書評をまとめています。

「市場で稼ぐ力」をつける重要性 「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」より私はブログでは、再三にわたり40歳前後での働き方に対する提言を書いていますが、今回も一冊の本を題材に本の内容を引用しながら、提案を書いて...

 

広告

アウトプットの参考になる本

ここまで書いてきたのは、私の方法ですが、これらの方法の参考にしているのが、以下の3冊です。

読書の効果を最大化するという意味では、この3冊だけ読んでおけば十分でしょう。

私が挙げた方法か、この3冊に書かれている中で、どれか1つだけでも実践できるようにするのが、読書の効果を高める第一歩だと思います。

学びを結果に変えるアウトプット大全

著者である樺沢氏が、習慣として続けているアウトプットの手法を惜しみもなく公開しています。

ここまでアウトプットの方法を体系的かつ具体的にまとめた本は、それまでなかったので、この本が出された当時は話題になりました。

 

メモの魔力

先ほど紹介した「メモの魔力」です。

発売当初から人気の本でしたが、テレビでも取り上げられて、さらに有名になった本です。

この中で、取り上げられている「事実⇒抽象化⇒転用」という3段活用は、本の内容をアウトプットするだけでなく、様々なメモ・考察に置いても使える手法です。

 

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

こちらは、ズバリ読書の効果を高めて仕事につなげる技術について書かれた一冊です。

本書は、単に本の読み方だけでなく、ビジネス書における分野別の必読書を紹介。さらに、ビジネス書以外の教養書(哲学、工学、医学、生物学等々)にも目を向けるべきで、それが人間としての幅を広げて、ビジネスにも役立つとしています。

 

まとめ

以上が、読書の効果を最大化するための方法でした。

  • 読書の効果を最大化するためには、アウトプットが必要である。
  • アウトプットの方法としては、大きく4つあり、レベル(手間)ごとに「レベル1:短い文字数で要約する」、「レベル2:パワーポイントスライドに要約する」、「レベル3:印象に残ったところを抽象化する」、「レベル4:書評を書く」がある。
  • アウトプットをするときの参考書としては、「学びを結果に変えるアウトプット大全」、「メモの魔力」、「外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術」の3冊が有用である。

おすすめビジネス書を100冊以上紹介しているのはこちら>>>

 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外、独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら