海外出張・旅行情報

【海外おすすめWIFI】海外でネット接続する3つの方法【出張頻度別で比較】

 

海外に出張するときに心配になることの一つが、通信手段ではないでしょうか。

この記事では、海外渡航歴100回以上の経験からまとめた、海外で携帯電話を使って通信できるようにするための3つの方法を紹介していきます。

 

広告

方法1:携帯電話のローミング機能

実はスマホには、ローミング機能がついていて、この機能をONにすることで、そのまま海外でも通話をしたり、メッセージをやりとりしたり、ネットを見たりすることができます。

大手の携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では、定額でのローミングサービスを用意しているので、昔の携帯にあったような通信料が何十万円とかになることは基本的にはありません。(出張先が定額サービス対象エリアかは事前に確認必要です)

iPhoneだと「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」から入ってONにすることができます。(通常、初期状態はOFFになっています)

 

ローミング機能にはデメリットも多い

手続きをせずに海外で携帯を使えるのは便利ではありますが、一方で携帯電話でのローミングにはデメリットも多いです。

  • 現地の定額サービス対象キャリアに接続する必要がある
  • 値段が高い
  • 個人携帯でローミングを使うと、経費精算が面倒になる

特に出張するサラリーマンにとっては、会社経費としての精算が面倒な方法は避けるべきでしょう。

 

広告

方法2:レンタルWIFI(出張頻度が少ない人向け)

いくつかのデメリットがあるローミングに比べると、出張頻度が少ない人におすすめできるのがレンタルWIFIです。

レンタルWIFIの大手は2社です。

 

エクスコムグローバル イモトのWIFI

体を張って海外に突撃するイモトアヤコを長年メインに据えたCMでお馴染みのエクスコムグローバル「イモトのWiFi」です。

最近は有名タレント+社長を起用したCMをしています。

 

利用料金は680円~1,580円/日、渡航する国や接続プランによって異なります。

あわせてポケトークや携帯充電池をオプションで借りることもできます。

これまで何度も使いましたが、困ったことはほぼなかったです。

一度タイに渡航中に接続不良に陥ったときも、サポートに電話したら「電源を切って、SIMカードを抜いて、拭いて入れ直してください」とガイドがあり、そのとおりにしたら治りました。

そのときのサポートの人は、本当に丁寧で、迅速に対応してくれました。

ネット上でも悪い評判は見当たりませんでした。

 

▼▼公式ページからレンタルする▼▼

イモトのWiFi

 

テレコムスクエア Wi-Ho

コミカルな印象のイモトのWIFIに比べて、少し洗練された感じなのがテレコムスクエアの「Wi-Ho(ワイホー)」です。

Wi-Hoには、通信容量300MB/日という料金の安いプランがあるので、最低料金はイモトのWIFIよりも安くなっています。

ただ、メールやメッセージのやりとりだけならよいですが、外出先で調べ物をしたり、大きな添付ファイルをメールでやりとりするなら、300MBでは正直不安です。

そう考えると、500MB/日以上のプランの方が安心で、料金もイモトのWIFIと大差なくなります。

こちらも私自身使っていて不便を感じたことはないですし、悪い評判も見当たりませんでした。

https://twitter.com/zoonckl/status/1069850551519653888?s=20

 

▼▼公式ページからレンタルする▼▼

Wi-Ho!

 

私はどちらも20回以上使っていますが、書いてきたとおり極端な差はありませんでした。

強いて言うなら受取場所と返却場所の利便性で、私は返却場所が便利がどうかで選んでいたこともあります。

とはいえ、返却場所も電車に乗る通り道にあるかどうかくらいの差なので、かなり微妙な差ではあります。

結論を言うと、よくわからないけど、とりあえずレンタルWIFI使いたいという方は、まずはイモトのWIFIを使うことをおすすめします。

▼▼公式ページからレンタルする▼▼

イモトのWiFi

 

方法3:SIMフリーWIFIルーター(出張頻度が多い人向け)

最後は頻繁に出張する方向けの方法です。

私もここ最近はずっとこの方法を使っています。

それはSIMカードと、SIMフリーWIFIルーターの組み合わせです。

私のおすすめセットは、こちらです。(写真は欧州出張用のセットです)

おすすめWIFIルーター+SIMカード

この組み合わせならSIMカードを挿すだけで、面倒な設定なく現地で使うことができます。バッテリー容量も大きく丸1日電源ONにしていても電池が無くなることがなありません。加えて、スマホの充電用バッテリーとして使うこともできる優れものです。

SIMカードは、渡航国によって異なりますが、1週間で800円~1,500円程度です。

最初にWIFIルーターに投資してさせしまえば、レンタルWIFIよりはかなり安く済ませることができます。

例えばSIMカードが約1,300円のシンガポールの場合、1回あたりの出張が4日間と考えると、4回以上出張する機会があるのなら、WIFIルーター+SIMカードの方がお得になります。

WIFIルーター自体はどこの国でも使えるので、シンガポール以外でも合計で年4回×4日間程度なら1年で元がとれます。

 

私が実際に使っているWIFIルーター

 

東南アジア出張時のSIMカード(約1,300円)

 

韓国出張時のSIMカード(約800円)

私は頻繁に行くので、予め行くことがわかっている国のSIMカードをまとめ買いして、キャリーバッグの中に常時入れてあります。

なお、中国の場合、今回紹介しているやり方だけだと、LINEやFacebookを使うことができません。

中国でLINEやFacebookを使う方法は、以下の記事に書きましたので、あわせてご覧ください。

【中国出張者必見】Line、Facebook、Gmailを使う4つの方法比較 おすすめはレンタルWIFIか香港SIM中国でLine、Facebook、Gmailを使えなくて困るという声をよく聞きます。 「出張中に家族と連絡が取れない」 「日...

 

広告

まとめ

以上が海外で携帯電話をネット接続するための3つの方法でした。

  • ローミングだと付属機器がいらないかわりに、値段が高くて、経費精算も面倒。
  • 出張頻度が少ない人には、レンタルのWIFIルーターがおすすめ。ポケトークや携帯充電池などの付属機器もあわせてレンタルできる。
  • 出張頻度が多い人には、SIMフリーWIFIルーターがおすすめ。SIMカードが安いので、頻度が多ければ、WIFIルーターの初期投資をすぐに回収できる。

その他の海外出張のお役立ち情報を以下にまとめています。あわせてご覧ください。

海外出張におすすめのキャリーバッグ【サムソナイト・ジャニック・スピナー50】 海外出張のお供として活躍するのがキャリーバッグです。 キャリーバッグは、1回買うと最低でも4-5年は使うものなので、慎重に...
【海外出張歴100回以上】出張で準備すべき8つのポイント(持ち物・アプリ・WIFIなど) 「今度海外出張に行くのだけど、どんな準備をすればよいの?」 「何回か海外出張に行っているけど、毎回準備に試行錯誤している」...

 

広告
ABOUT ME
アバター
セーシン
元リーマン管理職+副業歴15年、海外事業・独立起業などの経験を踏まえて、仕事、経営、キャリア、海外に関することなど、ビジネスパーソンとしての戦闘力を高めるための情報を発信しています。 ツイッターアカウントはこちら