出張に役立つ情報

【海外おすすめWIFI】海外でネット接続する3つの方法【出張頻度別で比較】

 

海外に出張するときに心配になることの一つが、現地での通信手段ではないでしょうか。

この記事では、海外で携帯電話を使って通信できるようにするための3つの方法と、100回を超える海外出張の中で感じた場面別のおすすめを紹介していきます。

関連記事:【海外出張100回以上を経験】おすすめ便利グッズ・便利サービスを一挙紹介

 

方法1:携帯電話のローミング機能

実はスマホには、ローミング機能がついていて、この機能をONにすることで、そのまま海外でも通話をしたり、メッセージをやりとりしたり、ネットを見たりすることができます。

大手の携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では、定額でのローミングサービスを用意しているので、昔の携帯にあったような通信料が何十万円とかになることは基本的にはありません。(出張先が定額サービス対象エリアかは事前に確認必要です)

iPhoneだと「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」から入ってONにすることができます。(通常、初期状態はOFFになっています)

 

ローミング機能にはデメリットも多い

手続きをせずに海外で携帯を使えるのは便利ではありますが、一方で携帯電話でのローミングにはデメリットも多いです。

  • 現地の定額サービス対象キャリアに接続する必要がある
  • 料金が高い
  • 個人携帯でローミングを使うと、経費精算が面倒になる

例えば、料金に関しては、以下のとおり1日あたり980円~1,980円必要です。

2021年6月時点の定額パケット放題の料金

もし個人の携帯でローミングする場合、会社経費としての精算も面倒になってしまいます。

 

ただし、携帯キャリアをahamo(アハモ)なら追加料金なしでローミング可能に!

携帯キャリアの電波を使ったローミングには、様々なデメリットがありますが、唯一の例外があります。

それが、NTTドコモが2021年3月に開始したオンラインのみで受付をする格安サービスahamo(アハモ)です。

ahamoは、月々の利用料2,700円(税抜)で、5分間までの通話は何回でも無料で、データ容量を20GBまで使えるのが売りですが、この20GBまでのデータ容量が海外のローミングに追加料金なしで適用されるのです。

auもソフトバンクも、ネット受付のみの格安プランを出していますが、海外利用を追加料金なしで対応しているのはahamoだけです。

ahamoの料金プラン

出典:ahamoの公式ページ

このローミングは、15日を超えて利用する場合は速度制限がかかるというデメリットもありますが、短期出張であれば問題なく使えるレベルです。

以下地図の緑の国と地域(82の国と地域)で使えますが、見るとわかるように主要なエリアはほぼ網羅できています。

ahamoが対応する国と地域

出典:ahamoの公式ページ

20GBだと足りなくなることもあるのでは?

と思う方もいるかもしれません。

しかし、大容量のデータはホテル等のWIFIを使う前提であれば、20GBもあれば十分です。(実際、私は日本では、自宅にいるときはWIFI、外ではahamoの回線を使っていますが、1ヶ月使ってもデータ容量は10GB程度です)

海外出張をするビジネスパーソンにとっては、格安プランで携帯料金を節約できて、かつ海外でも追加料金なしで使えるahamoに乗り換えてしまえば、一石二鳥ということになります。

「ちょうど携帯を買い換える予定だった」

「今使っているキャリアの契約期間が切れるところだった」

このような人には、WIFIルーターやSIMカードも必要なくなるahamoがおすすめです。

ドコモユーザーなら、身分証明書とクレジットカードがあれば、今すぐahamoに切り替えることができます。(他社から乗り換える場合は、dアカウントと、MNP予約番号を取得する必要があります。MNP予約番号はお使いのキャリアのショップで取得できます。)

▼▼公式ページから申し込む▼▼

ahamo

 

方法2:レンタルWIFI(出張頻度が少ない人向け)

いくつかのデメリットがあるローミングに比べると、出張頻度が少ない人におすすめできるのがレンタルWIFIです。

レンタルWIFIの大手は2社です。

 

エクスコムグローバル イモトのWIFI

体を張って海外に突撃するイモトアヤコを長年メインに据えたCMでお馴染みのエクスコムグローバル「イモトのWiFi」です。

最近は有名タレント+社長を起用したCMをしています。

 

利用料金は680円~1,580円/日、渡航する国や接続プランによって異なります。

あわせてポケトークや携帯充電池をオプションで借りることもできます。

これまで何度も使いましたが、困ったことはほぼなかったです。

一度タイに渡航中に接続不良に陥ったときも、サポートに電話したら「電源を切って、SIMカードを抜いて、拭いて入れ直してください」とガイドがあり、そのとおりにしたら治りました。

そのときのサポートの人は、本当に丁寧で、迅速に対応してくれました。

ネット上でも悪い評判は見当たりませんでした。

テレコムスクエアなど、他のサービスも20回以上使ってきましたが、内容に差異はなかったので、初心者の方はイモトのWiFiを選んでおけば間違いないでしょう。

▼▼公式ページからレンタルする▼▼

イモトのWiFi

 

方法3:SIMフリーWIFIルーター(出張頻度が多い人向け)

最後は頻繁に出張する方向けの方法です。

私もここ最近はずっとこの方法を使っています。

それはSIMカードと、SIMフリーWIFIルーターの組み合わせです。

私のおすすめセットは、こちらです。(写真は欧州出張用のセットです)

おすすめWIFIルーター+SIMカード

この組み合わせならSIMカードを挿すだけで、面倒な設定なく現地で使うことができます。バッテリー容量も大きく丸1日電源ONにしていても電池が無くなることがなありません。加えて、スマホの充電用バッテリーとして使うこともできる優れものです。

SIMカードは、渡航国によって異なりますが、1週間で800円~1,500円程度です。

最初にWIFIルーター(13,000円くらい)に投資してしまえば、レンタルWIFIよりはかなり安く済ませることができます。

例えばSIMカードが約1,300円のシンガポールの場合、1回あたりの出張が4日間と考えると、4回以上出張する機会があるのなら、WIFIルーター+SIMカードの方がお得になります。

WIFIルーター自体はどこの国でも使えるので、シンガポール以外でも合計で年4回×4日間程度なら1年で元がとれます。

 

なお、私が実際に使っているWIFIルーターは以下の機種ですが、魅力はバッテリー容量です。

1日使っていてもバッテリー容量がゼロになることはないだけでなく、その容量を活かしてスマホの予備バッテリーにもなってしまいます。

海外渡航していると移動距離が長くなることもあって、私も中国などだと4-5時間電車に乗って移動することもありますが、このルーターだとスマホに充電しながらでも安心して使えます。

 

私は頻繁に行くので、予め行くことがわかっている国のSIMカードをまとめ買いして、キャリーバッグの中に常時入れてあります。

なお、中国の場合、今回紹介しているやり方だけだと、LINEやFacebookを使うことができません。

中国でLINEやFacebookを使う方法は、以下の記事に書きましたので、あわせてご覧ください。

【2021年版】中国でLine・Gmailを使う4つの方法【出張者・駐在者別に解説】 中国ではネットの検閲が厳しく、私が確認している限りでも、以下のサービスは中国では使えません。 Line Fa...

 

まとめ

以上が海外で携帯電話をネット接続するための3つの方法でした。

  • ローミングだと付属機器がいらないかわりに、値段が高くて、経費精算も面倒。
  • 出張頻度が少ない人には、レンタルのWIFIルーターがおすすめ。ポケトークや携帯充電池などの付属機器もあわせてレンタルできる。
  • 出張頻度が多い人には、SIMフリーWIFIルーターがおすすめ。SIMカードが安いので、頻度が多ければ、WIFIルーターの初期投資をすぐに回収できる。

頻繁に出張はしないけど、とりあえずレンタルWIFI使いたいという方には、イモトのWIFIがおすすめです。

▼▼公式ページからレンタルする▼▼

イモトのWiFi

 

 

その他の海外出張のお役立ち情報を以下にまとめています。あわせてご覧ください。

【機内持ち込み可で最大】キャリーバッグ【サムソナイト・ジャニック・スピナー50のレビュー】 国内・海外の出張のお供として活躍するのがキャリーバッグです。 キャリーバッグは、1回買うと最低でも4-5年は使うものなので...
【海外出張100回以上を経験】おすすめ便利グッズ6つ・便利サービス4つを一挙紹介 「今度海外出張に行くのだけど、どんな準備をすればよいの?」 「何回か海外出張に行っているけど、毎回準備に試行錯誤している」...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。