起業・副業

【月3万円は狙える】サラリーマンがクラウドワークスで副業収入を稼ぐ方法

サラリーマンがクラウドワークスで副業収入を稼ぐ方法

 

クラウドソーシングの大手といえば、クラウドワークスです。

そのクラウドワークスに関して、このようなツイートをしました。

このトライの結果、単価の高いウェブ系、動画編集系のスキルがない私のような人でも、月3万円くらいを稼ぐ副業でよいなら工夫次第で稼げるという結論に至りました。

この記事では、そんな私の経験をもとに、サラリーマンがクラウドワークスを副業に使うための方法を書いていきます。

なお、私はクラウドワークスだけで1年3ヶ月で約217万円を稼ぎ同様の方法を使って、他のクラウドソーシングとあわせて合計284万円を稼ぎました。(現在は、本業優先のためクラウドソーシングでの受注をやめています)

関連記事:サラリーマンが在宅ワークのスキマ時間を使ってできる副業

 

クラウドワークスでサラリーマンが狙うべき案件

サラリーマンが狙うべき案件は大きく2つあります。

 

まずは単価の安い案件を拾う

私は初仕事が単価の高い仕事だったのでラッキーでしたが、単価の高い仕事を狙うのは、ある程度信用を積み重ねた後と考えるほうがよいでしょう。(実際、私は単価の安い案件も並行して応募しました)

最初は単価の安い案件を請け負って、発注者から評価の星印(★★★★★)を獲得すると、それがプラットフォーム上での信用になっていきます。

単価の安い案件の代表例としては、以下のようなものがあります。

  • ブログ記事の作成
  • データのまとめ

しかし、これはあくまでプラットフォーム上で信用を作るための手段なので、数個の評価が獲得できたら、単価の高い案件を集中的に狙っていくのがよいでしょう。

実際に、ネットの声を見ていても低単価から狙うのは王道のようです。

 

次に単価の高い法人案件を狙う

クラウドワークスには個人から法人、法人でも小規模なところから、比較的大規模なところまで様々な依頼者がいますが、単価を上げるためには法人案件を狙った方がよいです。

月に2~3件ほど獲得できれば、月3万円は十分に狙えます。

動画、Web、デザイン系以外で単価の高い案件としては、次のようなものがあります。

  • 資料作成(社内資料、研修資料、営業提案資料など)
  • 市場調査
  • 仕様書の作成

需要が多いのは、資料作成です。

資料作成はデザインをキレイにして欲しいという募集がよく出ていますが、そこには見た目をかっこよくすることよりも、ロジックを整理して”わかりやすく”伝えられるようにしたいという要望が隠れています。

本業のサラリーマンとして提案資料をたくさん作っている人であれば、特別なデザインの知識がなくても、わかりやすく整理することはできるでしょう。

また、市場調査や仕様書の作成も、ある程度の知識がある人だと簡単に思えることなのに、発注者にとってはよくわからないという理由で、高い単価がついていることがあります。

実際に私が高単価を獲得したのは仕様書の案件で、少し背景知識を調べるのに時間がかかりましたが、ツイートに書いたように実働4時間で2万円を獲得できました。

おそらく慣れれば2-3時間でできるようになると思います。

なお、最近は受注単価が増加傾向にあるようです。

 

継続的に発注してもらえる関係を目指す

サラリーマンは、フリーランスのように平日をいつでも自由に使えないので、平日の時間を切り売りすることが長期間続くと体が持たなくなってきます。

そこで大事なのが、長期的に仕事を発注してもらえる関係作りです。

発注者側も、新しい人を教育する手間やコストを考えると、仕事に慣れた人にやってもらいたいと思っています。

関係ができて、お互いの呼吸がわかってきた人なら、多少のことは融通を効かせてもらえるようになるでしょう。(例えば、平日は◯時間しか作業できないので、土日にまとめてやって納品する等の納期調整)

こうなると、発注者側にも、受注者側(あなた)にとってもWIN-WINの関係になるので、長期的に安定した副業収入へと発展させることができます。

実は私も、1万円の単価から始まった案件が継続的な取引に発展して、その後の1年間で月5万円を超える取引になっています。

▼▼公式サイト▼▼

クラウドワークス

\登録無料/

クラウドワークスで仕事を獲得するために大事なこと

プロフィールを書くときの大事なポイントが2つあります。

 

プロフィールを充実させる

サラリーマンだと顔出しまでは難しいと思いますが、プロフィールを見て仕事を依頼したいと思ってもらえるような書き方をするべきでしょう。

そのためには、2つのポイントがあります。

取りたい案件を想定する

サラリーマンとしてある程度のキャリアを積んでいると、様々なことができるようになっていると思います。

しかし、私はいろいろできますよとプロフィールに書いても、相手の印象には残りにくいものです。

そこで、資料作成の案件を狙うなら、「資料作成のことはお任せください」などと書いて、その後になぜお任せできるのか?その理由を経歴として書くのがよいでしょう。

顧客の目線で書く

次に大事なのが、顧客の目線で書くことです。

プロフィールに自分ができることばかりを書くのではなく、顧客があなたに仕事を頼むとどのような明るい未来が訪れるのかを明記するのです。

この「取りたい案件を想定する」、「顧客の目線で書く」を踏まえたプロフィール例が、以下になります。

資料作成のことはお任せください!

私は◯◯業界の会社で◯年間働いてきて、様々なタイプの資料を作ってきました。例えば、顧客向け提案資料や、社内の研修資料など多数作成した経験があります。

資料を作る作業だけでなく、資料構成・レイアウトを総合的に考えて提案できるので、クライアントの企画や構成段階での手間を減らすこともできます。

私の作った資料で、◯年間で社内の経営会議での承認を◯件、新規顧客も◯件獲得してきたので、資料作りのスキルは間違いありません。

これは、当ブログで何度も紹介しているFABEというフレームワークで考えた自己紹介です。

FABE分析とは【営業トークや顧客視点のプレゼンに役立つフレームワーク】
FABE分析とは【営業トークや顧客視点のプレゼンに役立つフレームワーク】 「営業トークがいつも刺さらない」 「提案を受け入れてもらえない」 こんな悩みを持っている人も少なくありません。 ...

 

相手の目線で提案をする

クラウドワークスに登録しただけでは、案件は獲得できないので、公募案件に提案する必要があります。

提案するときにも相手目線で考えて、初めての人に仕事をお願いする不安を払拭できるようにしてあげましょう。

クラウドワークスでの悪い提案例と良い提案例は、以下の記事に書きましたので、あわせてご覧ください。

クラウドワークスで案件を受注できない原因【提案文に◯◯がないから】
【事例付】クラウドワークスで案件を受注できない原因【提案文に◯◯がないから】 クラウドワークスで仕事を受注している人の中には、以下のように感じている人も多いかと思います。 「プロジェクトに提案しても案...

 

クラウドワークス以外の副業

クラウドワークスと似たようなクラウドソーシングのプラットフォームとしては、ランサーズがあります。

クラウドワークスに比べると取り扱い件数は少ないですが、操作性が似ていて、受けられる仕事の分野も近いので、あわせて登録しておくことで、仕事の間口を広げられるでしょう。

他にもクラウドワークス、ランサーズについで、第三の選択肢であるクラウディアや、安価な手数料を売りに成長しているのがBizseekなどがあります。

その他には、スポットコンサルを仲介するプラットフォームであるビザスクも、最近伸びているサービスとして注目されています

ニッチで専門的知見を要求する依頼も多く、コンサルティングファームからの依頼もあるので、1時間あたり1~3万円と単価の高い案件がほとんどです。

上記も含めた、在宅でもできる副業サービスの詳細は、以下の記事をご覧ください。

サラリーマンの副業【在宅勤務のスキマにできる】5つの副業【知見・経験を生かせる】 最近では、サラリーマンが本業以外に複数の収入源を持つことが当たり前になりつつあります。 そうした流れを受けて、大手企業でも...

 

まとめ

以上、クラウドワークスを使って、サラリーマンが月数万円の副業収入を得るためのお話でした。

  • 安い案件をこなして、プラットフォーム上で信用を獲得する。
  • 動画、Web、デザイン、翻訳以外の比較的単価の高い案件、例えば資料作成、仕様書作成等の案件を狙う。
  • 顧客と長期的な関係を築けるようにして、継続案件をもらえるようにする(納期に融通を効かせられるようになる)
  • プロフィールは、ニーズのある得意分野に軸を定めてまとめる。
  • 提案の際にはFABEのフレームワークで、あなたに仕事をしてもらうことで相手にどういう未来が訪れるのかをイメージさせる。

▼▼公式サイトで無料会員登録する▼▼

クラウドワークス

\登録無料/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。