起業・副業・転職

在宅勤務のスキマ時間でできる副業【サラリーマン向けのおすすめ】

 

んにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。

在宅勤務をする方が増えている中、こんな声が聞かれるようになりました。

在宅勤務で、スキマ時間ができるようになったので、副業のことを考えてみたい。

朝から夕方までオフィスに出社する勤務形態だと、スキマ時間があっても、堂々と副業をするわけにはいきませんでした。(むしろ、スキマ時間でも仕事をするフリをしなければなりませんでした。)

しかし、リモートワークが普及したことで、スキマ時間を有効に活用したいというニーズが高まってきています。

実際にこのような記事も出ています。

私は、サラリーマン時代の副業歴は15年ですが、実は独立した後もスキマ時間をお金に変えることを継続しています。

この記事では、そんな私の経験も踏まえて、週末も含めてがっつりと取り組む副業ではなく、あくまで在宅勤務のサラリーマンが業務のスキマ時間を有効活用し、月1~2万円を目指す副業を紹介していきます。

 

おすすめする副業とおすすめしない副業

スキマ時間でできる副業という観点では、おすすめできる副業とおすすめできない副業があります。

 

在宅勤務のサラリーマンにおすすめする副業

おすすめできる副業の条件は次のとおりです。

  • 早くお金になる副業
  • サラリーマンとしてのスキルを活かしやすい副業
  • 在宅勤務の延長でできる副業(家でできる副業)

スキマ時間にできる副業は、なるべく早くお金に変換して成功体験を積んだ方がモチベーションが続きやすいです。

また、スキマ時間を使うので、新たなスキルを習得するというよりも、自分が今持っているスキルを活用し、かつ家でできる副業がよいでしょう。

そうなると、次のような副業がおすすめです。

おすすめする副業

  • クラウドソーシングを使ってスキルを提供する
  • エキスパートネットワークを使って知見やノウハウを提供する

 

在宅勤務のサラリーマンにおすすめしない副業

一方で、次のような副業はおすすめしません。

  • お金になるのに時間がかかる副業
  • サラリーマンとしてのスキルとは関連性の低い副業
  • 在宅の延長ではできない副業(家にいるとできない副業)

先ほどと逆で、お金になるのに時間がかかる副業は、モチベーションが続かなくなるので、スキマ時間を活用する副業としては向いていません。

また、サラリーマンとしてのスキルとは関連性の低い副業だと新たなスキルの習得に時間がかかりますし、家にいるとできない副業だとスキマ時間を超えた時間が必要になってしまいます。

そうなると、次のような副業はおすすめできないです。

おすすめしない副業

  • ブログやYOUTUBEで稼ぐ
  • UBER EATSの配達員をする

 

ビジネススキルを活用できるクラウドソーシング

普段、仕事で使っているビジネススキルを活用しやすいのは、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングでは、企業や個人が仕事の募集をかけて、受注者がそれに提案(応募)するというプロジェクト形式の仕事が多くあります。

プロジェクト形式の仕事には、様々な案件がありますが、時間の制約がなく、納期どおりに完成品を提出すればよい仕事が多いので、スキマ時間を柔軟に活用することができます。

他にもコンペ形式やアンケートのような単純作業の仕事もありますが、スキマ時間でそこそこの単価を狙うならプロジェクト形式に絞るのがよいでしょう。

 

クラウドワークス:クラウドソーシングの大手

クラウドソーシングの大手が、クラウドワークスです。

クラウドワークスには、ソフト系やデザイン系の仕事が多いですが、スキマ時間を活用するサラリーマンが狙いやすいのは、次のような仕事です。

  • 記事作成(単価は低め)
  • 提案書や企画書などの資料作成(単価は高め)

文章を書くのが得意な人なら、記事作成は比較的簡単だと思います。

しかし、自身の専門性がマッチしたとしても最初は1文字0.5円などの低単価になるので、月に1万円以上を稼ごうと思うと、月に10件程度は受注する必要があります。

一方で、資料作成は単価が高くなります。

安くても2,000円以上で、専門性の要求されるものだと1案件で1万円や2万円を超えます。

実際、私も専門性の必要な資料作成の案件で、2日で3万円の売上になりました。(納品までにかかった実働時間は、5~6時間です)

これなら、月に20件(1日1件)ほど提案(応募)して、2件でも受注できれば月に1万円は目指せると思います。(成約率を高めて3-4件獲得できれば、月2万円も十分に見えてきます)

私が実際に使ってみた結果を以下の記事にまとめています。

【月3万円は狙える】サラリーマンがクラウドワークスを活用して副業収入を稼ぐ方法 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 先日、こんなツイートをしました。 今までクラウドワークスを...

 

▼▼公式ページから無料登録する▼▼

クラウドワークス

 

クラウドワークスと似たようなクラウドソーシングのプラットフォームとしては、ランサーズがあります。

始めはクラウドワークスだけでも十分ですが、ランサーズもあわせて登録することで、案件獲得の間口が広がることでしょう。

▼▼公式ページから無料登録する▼▼

ランサーズ

 

サラリーマンとしてのノウハウを活用できるエキスパートネットワーク

社会人として経験を積んでいると、何かしらの専門家になっていると思いますが、その専門性をお金にできるのがエキスパートネットワークです。

エキスパートネットワークとは、ピンポイントで専門分野の話を聞きたいクライアントと、専門家をマッチングするためのサービスです。

エキスパートネットワークだと、次のようなテーマで、依頼者からの質問に答えるインタビュー形式がほとんどです。

  • ●●業界の構造を教えて欲しい
  • **業務における困りごとを教えて欲しい
  • 自社の新しい商品に使う技術やサービスについてアドバイスが欲しい
  • ++を解決する手段を教えて欲しい

内容的にはクラウドソーシングに比べるとニッチなものも多く、その分1回あたりの報酬も高くなっています。

報酬の相場としては、1時間あたり1万円~3万円なので、1年で5-6件の案件を受けると、月平均1万円を超える計算になります。

エキスパートネットワークのメリットは、拘束時間が短い上に高単価なことです。

インタビューは、電話かWeb会議ツールを使って実施するので、仕事のスキマ時間をフル活用することができます。

 

ビザスク:エキスパートネットワークの大手

日本最大のエキスパートネットワークは、ビザスクです。

ビザスクは月間2,000件以上の新規案件があり、先ほど書いたようにニッチな依頼も大変多くなっています。

登録してすぐに案件がマッチングすることは少ないですが、自分にマッチした案件を気長に探していると、月に1-2件は応募できる案件が出てくると思います。

私がビザスクを使ってみた結果は、以下の記事にまとめています。

【時給1~3万円】ビザスクでの副業スポットコンサル【体験談】受注確率を上げる提案方法 こんにちは、セーシン(@n_spirit2004)です。 サラリーマンでも副業でできるスポットコンサルを仲介しているマッチ...

 

▼▼公式ページから無料登録する▼▼

ビザスク

 

ビザスク以外のエキスパートネットワーク

ビザスク以外のエキスパートネットワークは、日本だと数が多くありません。

例えば、ミーミルのようなサービスがありますが、こちらは招待制なので、今すぐに登録できるものではありません。

海外にもエキスパートネットワークはあり、その中でもグローバルにサービスを展開している大手は、GLGGuidepoint(ガイドポイント)です。

日本語のみで対応する案件もありますが、英語ができる人だと、海外案件にまで幅を広げることができます。

 

副業ワーカー専用のマッチングサービス

クラウドソーシングやエキスパートネットワーク以外にも、副業ワーカー専門にターゲットを絞ったマッチングサービスもあります。

1つは、30代~50代の副業ワーカーをメインにした【プロの副業 マーケティング】です。

もう1つは、シューマツワーカーです。

まだ、Web・IT系の案件が多いプラットフォームではありますが、いずれも登録は無料なので、あわせて登録しておくのもよいでしょう。

 

まとめ

以上、サラリーマンが在宅勤務のスキマ時間を活用してできる副業の解説でした。

  • サラリーマンが在宅勤務のスキマ時間を有効活用するなら、時間制約の少ないクラウドソーシングと、エキスパートネットワークを使った副業がおすすめ。
  • クラウドソーシングだと、記事作成と資料作成の案件がおすすめ。クラウドソーシング大手は、クラウドワークス
  • エキスパートネットワークだと、インタビューで専門的知見を高単価で提供できる。エキスパートネットワークの大手は、ビザスク
  • その他にも副業ワーカー専門のマッチングサービス、【プロの副業 マーケティング】や、シューマツワーカーがある。

 

ABOUT ME
アバター
セーシン
元製造業のリーマン管理職。海外駐在や新規事業を経験後、40代で独立し複数の会社から業務を受託するフリーランスにキャリアチェンジ。国内外の仕事を受けています。ウェブサイト運営歴15年、20代からの学びをこのブログにまとめています。 ツイッターアカウントはこちら
おすすめ記事