VPN

NordVPN【メリット・デメリット】評判は?【2年プランの安さとアプリの利便性が魅力】

Nord VPN【メリット・デメリット】評判は?

 

日本で使えるインターネットサービスを海外にいるときでもそのまま使いたい。

日本から海外の動画サービスなどにアクセスしたい。

そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。

VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していますが、この記事では世界大手の【NordVPN】(ノードVPN)について解説してきます。

▼公式サイトから申し込む▼

【NordVPN】

\30日間返金保証あり/

関連記事:【比較】中国で使える【おすすめVPN】価格は?使い勝手は?

 

NordVPNとは?

NordNPN ホームページ

NordVPNは、2012年に設立されたサービスプロバイダで、子供時代の幼なじみ同士4人が集まって立ち上げられたサービスで、パナマに拠点を置いています。

業界でも有数の信頼されるインターネットセキュリティプロバイダーで、世界中で1400万人を超えるユーザーにサービスを提供しています。

日本の利用者だけではなく、海外でも多くの人に利用されており、世界で見るとVPNランキングの上位常連です。

以下、NordVPNがVPNについて解説するYouTube動画です。

 

NordVPNのメリット・デメリット

NordVPNのメリット、デメリットを解説していきます。

 

NordVPNのメリット

NordVPNのメリットは、以下4つです。

  • 使えるサーバー数が多い
  • 価格が安い(2年間プランは特にお得)
  • ノーログポリシーを採用している
  • 専用アプリが使いやすい

それぞれ詳細を見ていきましょう。

使えるサーバー数が多い

NordVPNは、日本を含む60カ国に設置されている5,200台以上ものVPNサーバーを利用できます。

主要国含めて、多くの国に設置されています。

【VPNサーバー設置国】
日本、アメリカ、イギリス、ベトナム、香港、オーストラリア、中国、ブラジル、イタリア、韓国…etc

他社と比較しても圧倒的に多いことは、見て分かります。

12vpn 20カ国 (接続サーバー:非公開)
セカイVPN 10カ国(接続サーバー:数十台)
スイカVPN 25カ国 (接続サーバー:47台)
Millen VPN 50カ国(接続サーバー:1,300台)
NordVPN 60カ国(接続サーバー:5,200台)
ExpressVPN 92カ国(接続サーバー:3,000台以上)

中国では、VPNサービスに頻繁に規制が入ることを考えると、設置国・サーバー数が多いことは大きなメリットと言えるでしょう。

価格が安い(2年間プランは特にお得)

業界大手のVPNサービスですが、価格が割安であることも魅力です。

例えば、1年間プランで価格を比較すると、主要VPNサービスと比較すると以下の表のようになります。

12vpn 7,906円 (659円/月) ※1ドル110円で計算
セカイVPN 13,200円 (1,100円/月)
スイカVPN 9,120円  (760円/月)
Millen VPN 12,936円 (1,078円/月)
NordVPN 6,202円 (517円/月)
ExpressVPN 10,982円(915円/月)※1ドル110円で計算

NordVPNは、2年間の長期契約プランにすれば、さらに月額385円/月と安くなります

NordVPN 契約プラン

中国に長期滞在を予定していて、割安な利用料を重視したいのであれば、NordVPNで2年間プランを利用することをおすすめします。

ノーログポリシーを採用している

NordVPN ノーログポリシー

ノーログポリシーとは、VPNサービスにおいて利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどの記録(ログ)を保存しないという約束事です。

インターネットの主なログの種類は以下です。

  • 閲覧したウェブサイト
  • ダウンロードしたファイル
  • 使用したソフトウェア
  • 接続日と接続期間 ‥etc

ログを取られる事がないので、何をダウンロードしているのか、どのリソースからダウンロードしているのかを誰にも知られないのです。

つまり、プライバシー保護の観点からユーザーを守ることに繋がるということです。

専用アプリが使いやすい

NordVPNの接続には、専用アプリを使います。

専用アプリは、PCにもスマホにも対応していて、ダウンロードしたらユーザーIDとパスワードを入れるだけで使えるようになります。

他のVPNサービスは、初期設定に少し時間がかかるのに対して(特にスマホは少し面倒)、NordVPNはアプリのダウンロードだけでよいので、他と比べると使い勝手がよいのが特徴です。

専用アプリの詳細な使い方は、後ほど解説します。

 

NordVPNのデメリット

一方で、NordVPNには以下2つののデメリットがあります。

  • 日本語対応が充実していない
  • 短期間の利用だと割高になる

日本語対応が充実していない

アプリ等は、日本語で使えますが、規約・契約やサポートは英語が使われます

利用規約・解約手続きも英語で記載されているので、英語が苦手、VPN利用が初心者には不安が残ります。

しかし、最近はDeepLのように精度の高い機械翻訳があるので、英語を読むのが難しいと感じるなら、こうした機械翻訳を使ってもよいでしょう。

短期間の利用だと割高になる

長期間の契約だと割安になるNordVPNですが、短期間の利用だと割高になってしまいます。

実際に、1ヵ月の価格で、主要VPNサービスと比較すると以下のようになります。

12vpn 約1,209円 ※1ドル110円で計算
セカイVPN 1,100円
スイカVPN 950円
Millen VPN 1,628円
NordVPN 1,256円
ExpressVPN 約1,425円 ※1ドル110円で計算

NordVPNがダントツで高いというわけではありませんが、この5社の中では高くなっていて、私が10年使っている12VPNと比べると倍ほどの差があります。

もし、短期間での利用を考えるなら、他のサービスの方がよいかもしれません。

あるいは、1ヵ月プランでも30日間返金保証があるので、使ってみて判断するのも良いでしょう。

(30日の間で解約すれば、支払い不要です)

NordVPN 価格プラン

中国からの利用だと設定に一手間かかる

VPNを利用する目的の1つとして、中国から日本のサービスにアクセスすることが挙げられます。

NordVPNは、中国からのアクセスに対応していますが、中国からアクセスするためには中国当局に検知されないように「難読化対応」という設定が必要になります。

詳細は、中国でNordVPNを利用する方法を記したページをご覧ください。

なお、中国からLineやG-Mail、Youtubeなどを利用したい場合は、12vpnもおすすめです。(12vpnは、当サイト専用割引クーポンもあるので、価格的にもお得です)

 

▼公式サイトから申し込む▼

【NordVPN】

\30日間返金保証あり/

 

NordVPNがおすすめの人

NordVPNは、以下のような人におすすめです。

  • 日本語対応、アプリも含めた使い勝手を重視したい人
  • 長期プランで価格を少しでもお得にしたい人

NordVPNの魅力は、海外製であるのに日本語対応がある程度できていることと、アプリをダウンロードするだけで面倒な設定なしでサービスを使える手軽さなので、そうした点を重視したい方にはNordVPNがおすすめです。

また、長期プランにすると価格がかなり割安になるので、長期で使う前提で料金を安く抑えたい方にも適したサービスです。

個人的には、中国以外でVPNを使うなら、コストと性能のバランスに優れたNordVPN一択だと思っています。

中国でおすすめVPNについては、以下の記事をご覧ください。

関連記事:【比較】中国で使える【おすすめVPN】価格は?使い勝手は?

 

NordVPNの評判・口コミ

NordVPNのネット上での評判・口コミを確認しましたが、悪い評判は見当たりません。

NordVPNは、海外の人からも高く評価されています。

上記ツイートの日本語訳

バリに来てから5つ以上のVPNを試しましたが、Nordvpnが最も安定しています。カスタマーサービスも素晴らしく、接続状況を良くするためにメールで連絡をくれて再設定を手伝ってくれました。

また、デンマークの口コミサイトのTrustpilotでも、★5点満点中、4.1点と高く評価されています。

その中には、以下のような口コミが見られます。

速いし、広告ブロックはよく効く。3年前から使っているが、不満はない。他社に乗り換えようと何社か試したが、結局Nordに戻ってきた。

TrustpilotのNordVPNに対する口コミから引用

 

NordVPNの登録方法【10分以内に完了】

ここからは、NordVPNの新規登録について解説していきます。

登録は10分以内に完了します。

はじめに、【NordVPN】のリンクからトップページにアクセスします。

アクセス後に購入ボタンを押します。

NordNPN 申し込み

ページ遷移後に料金プランが表示されるので、希望するコースを3つの中から選びます。

NordVPN 申し込み

右下の支払いへのボタンを押すと以下の画面になるので3つの情報を入力します。

  1. 連絡先のメールアドレス
  2. 支払い方法
NordVPN 申し込み

ここで注意すべきポイントが1つあります。

国を選ぶ際に、どの国を選ぶかによって消費税額が変わります。

例えば、2年プランで「日本」を選んだ場合は、消費税は10%なので1,041円が加算されます。

英国を選べば、消費税20%なので、2,081円が加算されることになります。

結果として合計金額が変わってくるので、間違いないように選びましょう。

NordVPN 申し込み

最後に、「支払い方法」を入力して、「続ける」を押せばOKです。

必要事項が正しく入力されているか、確認してから進んでください。

NordVPN 申し込み

「続ける」を押すと、支払い完了画面が表示されます。

NordVPN支払い完了画面

ここで「アカウントを有効化」というボタンを押すと、「アカウントを有効にしてください」という画面に切り替わります。

同時に入力したメールアドレス宛に6桁のコード送られてくるので、そのコードを入力するとパスワード入力画面に切り替わります。

NordVPNアカウント有効化

ここでパスワードを入力すると、アカウント作成が完了し、NordVPNアプリのダウンロード画面になるのでダウンロードをします。(スマホの場合は、専用アプリをアプリストアからダウンロードします。)

NordVPNアプリのダウンロード

これで一連の申し込みプロセスは全て完了です。

▼公式サイトから申し込む▼

【NordVPN】

\30日間返金保証あり/

 

NordVPNの使い方

ダウンロードしたNordVPNアプリを開き、ログインボタンを押します。

NordVPNログイン画面

ここで、Webブラウザーが開くので、先ほど生成したアカウント情報(メールアドレスとパスワード)を入力すると、ログインを完了します。

ログインを完了すると、以下のような画面になります。

NordVPNアプリホーム画面

接続するときは、左側の国名を押すか、地図上の青い丸を押せばOKです。

NordVPN接続画面

接続を切るときは、画面したの「切断」ボタンを押せば、切断できます。

スマートフォンで使う場合は、アプリのストアからNordVPNのアプリをダウンロードしましょう。

NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する

NordVPN: 最優秀なVPNでセキュリティーを保護する

Nordvpn S.A.無料posted withアプリーチ

 

以下、写真はiOSの場合です。

NordVPNスマートフォンアプリ

ダウンロードして、ユーザー登録時のメールアドレスとパスワードを入力すればログインできます。

NordVPNスマートフォンアプリ

ログイン後は、PC版のアプリと同様に、地図から接続するサーバーを選んで「QUICK CONNECT」ボタンを押すだけです。(途中でアプリによるVPNの自動設定の許可を求めてくるので、許可するようにしましょう)

NordVPNスマートフォンアプリ

 

NordVPNの自動更新を解除する方法

NordVPNを使わなくなった場合は、速やかに自動更新を解除しましょう。

まず、NordVPNのホーム画面でログインボタンを押して、ログインIDとパスワードを入力します。

NordVPN 解約方法

ログイン後、画面左側ある「請求」のセクションを開きます。

NordVPN自動更新キャンセルの方法

「請求」を押したら、「サブスクリプション」を押して、「プラン変更」の右側にある「・・・」を押します。

NordVPN自動更新キャンセルの方法

すると、「自動更新をキャンセルする」というボタンが出てくるので、このボタンを押します。

NordVPN自動更新キャンセルの方法

この後、何度か念押しをされるので「自動更新をキャンセルする」を推し続けます。(右側の青いボタンではなく、左側を押してください)

NordVPN自動更新キャンセルの方法

何度か押すと、最後に確認メールが来ます。

メールの中にある「Cancel Auto-Renewal」を押すと自動更新を停止できます。

NordVPN自動更新キャンセルの方法

30日間返金保証を使って解約したい場合は、NordVPNにログイン後、メールまたはライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせます。

「プランを解約して返金してもらいたい」と伝えると、1~2日後にメールが届いて解約となります。

なお、NordVPNに不満があった場合は、別のVPNサービスを試してみましょう。

私が、長年使っているのは12vpnです。

中国からのアクセスや、フリーWIFIスポットでのアクセスなど、これまでのところ不満なく使えています。

 

まとめ

以上、NordVPNの解説でした。

NordVPNは、長期間の利用があり、駐在者向けのサービスと言えるでしょう。

  • NordVPNのメリットとして、使えるサーバー数が多いこと、年間の利用料金が安いこと、ノーログポリシーが挙げられる。
  • 一方でデメリットとしては、日本語対応が充実していないこと、短期的な利用を考えると割高になることが挙げられる。1ヵ月プランでも30日間返金保証があるので、1ヶ月使ってみてから継続するか判断できる。
  • 申し込みをする際には、メールアドレス、国、支払い方法を選択する。国によって消費税額が異なるため正しいものを選ぶようにする。
  • 自動更新停止の手続きはホームページからログインして簡単に実施できる。

▼公式サイトから申し込む▼

【NordVPN】

\30日間返金保証あり/

 

関連記事
>>中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧【検証結果】
>>中国出張で必須の持ち物・サービス【60回以上の出張経験からのおすすめ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。