VPN

【比較】中国で使える【おすすめVPN5選】価格は?使い勝手は?

中国で使える【おすすめVPN】4選【価格・使い勝手から比較】

 

VPNサービスを使うと、PCやモバイル端末からインターネットにアクセスする際に、通信を暗号化してセキュリティを守れるようになります。

このVPNは、フリーWIFIなどで通信のセキュリティを守るのに使えますが、海外から日本のサービスにアクセスする際にも役立つサービスとして知られています。

関連記事:個人がVPNを使うメリット・デメリットは?【仕組み・利用場面・お得な裏技まで紹介】

特に、ネットの検閲が非常に厳しく、日本で使っているサービスの多くにアクセスできない中国のような国に長期で滞在する際には、VPNは必須サービスともなっています。

関連記事:中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧【検証結果】

ここでは、中国での利用に適したVPNサービスの中で、実際に私が使ってみた5つを紹介していきます。

なお、当サイトのイチオシは12vpnです。

安定性、サポートの対応に加えて、中国の規制対応が優れていることが魅力です。

なお、当サイトのクーポンを使うと、価格が30%OFFになります。

クーポンを使った12vpnへの登録方法は、【10年以上使用】中国でおすすめ12vpnレビューをご覧ください。

 

おすすめ5社の比較

VPNサービスを選ぶ際のポイントとして、5つの観点「価格」、「接続サーバー数」、「サーバー設置国」、「同時接続台数」、「日本語対応」から比較しました。

▼▼比較(まとめ)▼▼

12vpn ExpressVPN NordVPN セカイVPN スイカVPN
価格:円 7,900 10,982 6,202 13,200 9,120
無料お試し・返金保証 14日 30日 30日 2ヵ月 14日
サーバー数:台 非公開 3,000以上 5,200 数十 47
設置国:カ国 20 92 60 10 25
日本語対応 ×
同時接続:台 制限なし 5 6 47

(※2021年10月時点の情報、価格は1年プランでの比較、12vpnとExpressVPNは、1ドル=110円で計算)

なお、価格に関しては、プランによっても異なるので、プランごとに比較する必要があります。(すべて月額に換算しています)

▼月額換算の比較【円】▼

プラン 12vpn ExpressVPN NordVPN セカイVPN スイカVPN
1か月 1,209 1,425 1,256 1,100 950
6ヶ月 989 1,099 808
1年 659 915 517 760
2年 385 717
無料お試し・返金保証 14日 14日 30日 2ヶ月 14日

12vpnは当サイトのクーポン使用で1年プランは約461円/月になります。

それぞれのサービスの詳細は、以下に解説していきます。

 

12VPN:中国での圧倒的な安定感

速度、安定感、サポートの対応、すべてのレベルが高く、当サイトのおすすめは12vpnです。

メリット
  • 中国の規制・取り締まりに対する対応が早い
  • サポートの対応がよい
  • 中国専用リンクで中国からも申し込みできる
  • 接続台数の制限がない
  • Google Chromeだと拡張機能から簡単に操作できる
  • 価格もお手頃(クーポンを使うと30%OFF)
デメリット
  • サポートが英語のみの対応になっている
  • 短期間での利用だと割高になる

中国でvpnサービスを使うときに、重要となるのが中国当局の規制に対する素早い対応です。

私は、10年間12vpnを使ってきましたが、問題が起こるたびにサーバーの場所を変えたり、ログインできる窓口を変えたりして、常に中国の検閲に対処しています。

中国専用のログインURLを設けていることからも、その気合の入れようがわかります。

問い合わせに対するレスポンスも素晴らしく、たいてい1営業日中に何らかの返信を受け取れます。

そして、同時接続台数が無制限なので、家族や社員とも共有できます。(実際に、私は2つIDを持っていて、そのうちの1つは中国の法人内で共有しています)

唯一のデメリットは、設定もサポートも英語しか対応できないことです。

ただし、そこまでシンプルな英語なので、Google Chromeの翻訳機能や、機械翻訳DeepLなどを駆使すれば、このデメリットは十分にカバーできます。

12vpnはこんな人におすすめ

  • 中国利用での安定感を求めている人
  • 複数の端末でVPNを使いたい人

 ▼公式サイトから申し込む▼

中国から>>中国以外から>>

\14日間返金保証あり/

12vpnの詳細は、以下の記事をご覧ください。(30%割引クーポンの使い方の他、英語の申し込みフォームや使い方を日本語で補足しています

【10年使用】中国でおすすめ12vpn【30%割引あり】評判は?登録方法や使い方など 中国のネット規制を回避をする方法として、VPNが挙げられます。 VPNを使えば、中国滞在中でも日本で使っているサービス(L...

 

ExpressVPN:通信速度と安定性が魅力

ExpressVPNのトップページ

速度と安定感に優れたVPNサービスです。

メリット
  • 通信速度と安定性が優れている
  • アプリが使いやすい
  • ノーログポリシーを採用している
  • サーバー設置国のバリエーションが豊か
デメリット
  • 価格が他のサービスに比べて高い
  • 同時接続台数が5台にとどまる
  • 中国からの接続に不安が残る

ExpressVPNも中国で使えて、純粋な通信速度で見ると12vpnよりも優れたVPNサービスです。

接続のための初期設定もアプリのダウンロード1つで簡単にできるので、登録してからすぐに使えるという点でも12vpnよりは優れているでしょう。

ただ、中国で使うという点において、唯一の懸念は中国からの接続に不安が残ることがマイナス材料です。

ネット上の口コミでも、「中国で接続できなくなった」、「中国からそもそもログインできない」という問題がたびたび指摘されています。(一方で、必ず復帰を遂げています)

VPNのスペックとしては申し分はないのですが、価格が高い点と、中国向けのサポートという点を考慮して12vpnの次点でおすすめという位置づけにしています。

ExpressVPNは、こんな人におすすめ

  • 価格よりも通信速度と安定感を求めている人

▼公式サイトから申し込む▼

ExpressVPN

\30日間返金保証あり/

ExpressVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

ExpressVPN【メリット・デメリット】評判は?【通信速度が魅力のVPN】 「VPNサービスの比較・検討の中で、よく出てくるExpressVPNの評判について知りたい」 今回は、こんな要望を持つ方の...

 

NordVPN:価格が安く、ソフトが使いやすい

NordVPN ホームページ

サーバー数、サーバー設置国が他のサービスよりも優れていることにメリットがあるのが、NordVPNです。

メリット
  • 使えるサーバー数が多い
  • 価格が安い(2年間プランは特にお得)
  • ノーログポリシー
  • 専用アプリが使いやすい
デメリット
  • 日本語対応が充実していない
  • 短期間の利用だと割高になる
  • 中国からの利用だと設定に一手間かかる

価格に関しては、長期プランになればなるほど安くなるのは12vpnと同様で、1年プランまではさほど価格の差がありませんが、NordVPNにはお得な2年プランがあるのが特徴です。

NordVPNは、PCでもスマホでも、専用アプリをダウンロードしてIDとパスワードを入れるだけで使えるので、使い勝手が大変よいです。(ただし、中国での利用には設定に一手間加える必要があります)

また、サーバー設置国が多いからこそできる裏技もあるので、そうした副産物を期待するならNordVPNを選択するのもアリでしょう。

関連記事:【月200円以下】YouTube Premiumを安くする方法【VPNを使って試してみた】

規約・契約は英語ですが、アプリの操作やダウンロード手順などの基本的なことにすべて日本語で対応しているので、日本人にとっては安心できます。

NordVPNは、こんな人におすすめ

  • 日本語対応、アプリも含めた使い勝手を重視したい人
  • 長期プランで価格を少しでもお得にしたい人

▼公式サイトから申し込む▼

【NordVPN】

\30日間返金保証あり/

NordVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

Nord VPN【メリット・デメリット】評判は?
NordVPN【メリット・デメリット】評判は?【2年プランの安さとアプリの利便性が魅力】 そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していま...

 

セカイVPN:純日本製でサポートも日本語対応

セカイVPN ホームページ画像

純日本製で日本語でサポートしてくれるのが、セカイVPNです。

純日本製の中では、最大手のVPNサービスです。

メリット
  • 無料体験期間が長い
  • 日本語対応が充実している
デメリット
  • 使えるサーバーの国と数が少ない
  • 同時接続台数が3台と少ない
  • 通信速度が遅い
  • 長期間の利用と考えると少し割高

価格は海外のVPNサービスに比べて割高で、同時接続台数は3台までしかないことがデメリットですが、すべて日本語で対応してくれる安心感が欲しい人におすすめです。

セカイVPNは、こんな人におすすめ

  • 価格よりも日本語対応の安心感が欲しい人

▼公式サイトから申し込む▼

セカイVPN

\最大2ヶ月の無料体験あり/

セカイVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

セカイVPN【メリット・デメリット】評判は?
セカイVPN【メリット・デメリット】評判は?【無料体験期間が魅力】 そんなときに、必須となるサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していますが...

 

スイカVPN:日本製で海外サービス並の価格

スイカVPNの評判は?【メリット・デメリット】

スイカVPNは、セカイVPNと同じく日本製のVPNサービスです。

メリット
  • 日本語対応が充実している
  • 同時接続台数が47台と多い
  • 短期間の利用だと価格が安い
デメリット
  • 接続サーバー数が少ない
  • 長期間の利用料金が若干高め

同じ日本製のセカイVPNに比べて、価格が安い(1年プランだと月額760円)ことに加えて、同時接続台数が47台と多いことがメリットです。

価格は1-2ヶ月の短期間の利用でも月額1,000円を切っていることが魅力で、同じ日本製のセカイVPNより安いこともポイントが高いです。

そのため、ある期間だけ集中的にVPNを使いたいという方には、お得なサービスです。

一方で、長期利用に対する割引が少ないので、長期利用をするなら海外の12vpnやNordVPNの方がよいかもしれません。

スイカVPNは、こんな人におすすめ

  • 日本製のお手頃なVPNサービスを使いたい人
  • ある期間だけ集中的にVPNを使いたい人

▼▼公式サイトから申し込む▼▼

スイカVPN

\2週間無料お試し/

スイカVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

スイカVPNメリット・デメリット
スイカ VPN【メリット・デメリット】評判は?【お手頃価格の日本製サービス】 そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していますが、こ...

 

中国駐在員なら2つ以上のVPNサービスを持つことがおすすめ

中国には出張をメインで滞在する人なら、VPNサービスは1つでよいと思いますが、中国駐在員の人には2つ以上のVPNサービスを持つことをおすすめします。

なぜなら、中国でVPNサービスを使っていると、サーバーが突然使えなくなる可能性があるからです。

サーバーが使えなくなる理由としては、サーバー側の不調もありますが、主には中国当局の検閲ということもあります。

中国当局は、中国国外のインターネットアクセスができるVPNサービスの利用には、常に監視の目を光らせています。

VPNサービス側は、サーバーを適切にメンテナンスする、当局の網を回避するなどの努力を常にしていますが、絶対ではありません。

実際に、私も中国駐在時代に使っていたVPNサービス(今はもうありません)が、中国当局によるものと思われる事象で、全くアクセスできなくなった経験もあります。

そのとき、2つサービスを持っていたので、もう1つのVPN(12vpn)を使って、使えなくなったサービスのホームページにアクセスして、解約したことがあります。(中国からだと、VPNを使わずにVPNサービスのページにアクセスできなかったので)

これらのことから、中国でVPNを利用する場合、1つをメイン、1つを予備として持っておくことをおすすめします。

例えば、12vpnをメインにして、もう1つどれかをサブで持っておくようなイメージです。

 

無料VPNサービスをおすすめしない理由

今回紹介しているのは、全て有料のVPNサービスですが、世の中には無料VPNサービスもあります。

しかし、無料VPNサービスは、以下の点からおすすめできません。

  • 通信速度が遅いから
  • セキュリティが脆弱だから
  • 中国当局への対応が弱いから

通信速度は用途によっては許容できるかもしれませんが、セキュリティと中国当局への対応は問題です。

セキュリティに関しては、香港の無料VPNサービスが2,000万人のユーザー情報を流出するという問題も起こしています。(参考記事(英語):Report: No-Log VPNs Reveal Users’ Personal Data and Logs

そもそも、一定のセキュリティを保ち、適切なサポートをするために費用は必ずかかります。

無料サービスを使うときは、提供した情報がすべて流出することを前提にする必要があるのです。

また、中国の場合は、規制当局への素早い対応が重要になりますが、無料サービスではこうした対応にコストをかけることができません。

費用は月々1,000円として、1日あたりに換算すれば約33円です。(2つのサービスを使っても1日約66円です)

セキュリティを確保しながら、中国での快適なネット生活を維持できるのであれば、これくらいの対価は許容できるのではないでしょうか。

 

まとめ

以上、中国で利用できるおすすめVPNサービスの比較でした。

  • 中国での圧倒的な安定感を求めるなら ⇒ 12vpn
  • 通信速度を求めるなら ⇒ ExpressVPN
  • 価格の安さと、サーバー設置数・設置国の多様さを求めるなら ⇒ NordVPN
  • 純日本製で日本語対応の安心感を求めるなら ⇒ セカイVPN
  • 日本製なのに海外サービス並の価格がよいなら ⇒ スイカVPN

▼▼比較(まとめ)▼▼

12vpn ExpressVPN NordVPN セカイVPN スイカVPN
利用料:円 7,900 10,982 6,202 13,200 9,120
無料お試し・返金保証 14日 30日 30日 2ヵ月 14日
サーバー数:台 非公開 3,000以上 5,200 数十 47
設置国:カ国 20 92 60 10 25
日本語対応 ×
同時接続:台 制限なし 5 6 47

(※2021年10月時点の情報、12vpnとExpressVPNは、1ドル=110円で計算)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。