VPN

ログなしVPNは警察による発信者特定を難しくするのか【ネットの知識】

VPNは警察による発信者特定を難しくするのか【ネット知識】

 

VPNは、使用している端末(PCやスマホなど)とVPN事業者との間の接続を暗号化できるので、悪意を持った部外者が通信に入り込んで通信情報(メールアドレスなど)を盗むことを防ぎます。

そのため、カフェやホテルのフリーWIFIのように、公共のインターネット接続サービスを使う際に、通信を保護する目的でVPNがよく使われます。

しかし、こうしたVPNの特性は、発信者を特定するという観点だと、ハードルになることもあります。

この記事では、VPNを使うことでネットの匿名化をどの程度できるのか、ネット上の見解とともにまとめてみました。

関連記事:個人がVPNを使うメリット・デメリットは?

 

通信を匿名化できるVPN

通常、あるサイトにアクセスすると、そのサイトにはインターネットプロバイダのIPアドレスが記録されます。

一方で、VPNを使ってアクセスすると、そのサイトには使ったVPNサービスのIPアドレスが記録されます。

そのVPNサービスがアクセスのログを残していれば、誰がそのサイトにアクセスしたかを容易に特定できますが、ログを残さない「ログなしVPN」と呼ばれるものだとそうはいきません。

例えば、NordVPNExpressVPNはノーログポリシーを掲げていて、誰がどこにアクセスしたかなどのログ情報を一切残さないようにしています。

しかも、暗号通貨での決済が可能なので、決済履歴から個人が特定されることも避けることができます。

実際にNordVPNのノーログポリシーには、以下のように記載されています。

接続タイムスタンプや、セッション情報、使用帯域幅、トラフィックデータ、IPアドレス、その他のデータは保存されません。情報は保存されず、他者に渡ることもありません。

(中略)

NordVPNは、EUや米国の管轄外に位置しています。

このため、NordVPNにあなたの個人データを収集する法的義務はありません。尋ねられても、私たちには肩をすくめることしかできません。また、私たちはそれが好ましい状態だと考えています。

NordVPNのノーログポリシーより引用

インターネット上では、善意からの批判さえも封殺することが事実上合法化されている地域もある中で、こうしたノーログポリシーには一定の需要があるようです。

 

VPNによって困難になる身元の特定

善意の批判を守る反面として、ノーログポリシーには悪意を持った人の身元特定を困難にするというコインの裏表のような性質があります。

例えば、ネット上の誹謗中傷に対して発信者の開示を求めても、ログなしVPNを使われていると開示は難しくなります。

ネット上でも、ログなしVPNでは警察による特定は、困難を極めるというのが一般的な見方になっています。

警察でも簡単に身元を特定できなくなるレベルなので、(一般的に誹謗中傷案件を扱う)弁護士では到底無理な話になってしまうでしょう。

 

VPNを使っていても身元が明らかになるパターン

とはいえ、ノーログのVPNを使っていても身元が明らかになるケースはあります。

例えば、誹謗中傷に使ったSNSアカウントにVPN接続なしでログインした記録が残っている場合や、カフェの防犯カメラなどです。(以下、参考例です)

問題の投稿のみではなく、必要に応じて問題起こしたSNSのアカウント登録時IP、問題投稿以外のIP等VPN接続せずログインした際や利用した時のIPアドレスも開示されます。
VPNでアカウント作成して悪用する人多いのでSNSではVPNでアカウント作成したりすると凍結するようになってたりします。

じゃあカフェのWiFiでアカウント作成すればええやんって思うと思いますが。こういう場合が多くカフェが特定されカフェの防犯カメラから逮捕に至ります。最近のFree-WiFiではSNSのアカウント作成規制して電話番号のみでしか登録出来ないようにしてる所も増えてます。つまり電話番号から特定されます。
使い捨て電話番号も一時的にしか利用出来ませんからすぐ凍結します。
GoogleVoiceなんかはすぐ身元特定されやすいです。

2chみたいな提示版サイトではVPNやTorからのコメントは規制されてます。

ヤフー知恵袋より引用

他には、アカウントを作った際に登録したメールアドレスへのログイン記録や、実際に活動していたと見られる時間帯に他のサービスにログインしていた形跡等々も手がかりにはなるでしょう。

しかし、これだけのことをやって照合をとり、確実にその人が誹謗中傷の相手だとわかるにためには、相当な手間と時間がかかります。

ましてや、上記のことにも気を使って、VPNを使うときは常に専用PCを使って、個人が特定できるものには一切アクセスしないなどの対応をされると、特定の難易度はさらに上がってしまうことでしょう。

そこまでして誹謗中傷をするかという話はありますが、やろうと思えばできるということではあります。

 

まとめ

以上、VPNの匿名性がもたらす発信者特定の困難さについてでした。

NordVPNのようにノーログポリシーを掲げているVPNサービスは、善意の批判を封殺される地域では重宝されるものの、悪意を持った利用者にとっては身元を隠す手段になってしまいます。

世の中には、こうした手段があるということを知っておいて損はないと思います。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。