転職・キャリア

毎日がつまらないと感じる40代男性は【何か1つ捨ててみると視界が広がるよ】

毎日がつまらないと感じる40代男性は【何か1つ捨ててみると視界が広がるよ】

 

こちらの調査によると、40代を含む中年男性の72%は毎日がつまらないと思っているそうです。

35~49歳の中年男性300人に聞いたところ、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」と答えた男性は、実に全体の72%。

「毎日がつまらない」中年男性の72%が回答から引用

私も40代なので、この気持ちわかりますよ。

40年も生きてくると、毎日の生活がルーチン化して、新鮮なことも少なくなってきます。

若いときのように、毎日生き生きと生活するのは難しいですからね。

とはいえ、「つまらない」と言いながら、人生を過ごしていると、後になって後悔するかもしれません。

だから、毎日を少しでも面白くしたいと思うなら、今守っているものの中から何か1つを思い切って捨ててみるとよいかもしれませんよ。

 

毎日がつまらない主な原因は仕事

毎日がつまならい主な原因は、仕事だそうです。

先ほどの調査には続きがあって、以下のように書かれています。

中でも約半数の男性が、つまらない原因は「仕事」にあると答えている。

「毎日がつまらない」中年男性の72%が回答から引用

40代だと、生きている時間の大半が仕事でしょうから、つまらない原因の半分が仕事というのは納得できます。

仕事がつまらない原因として、毎日が同じことの繰り返しとか、上司から評価されないとか、様々なものがありますが、実際にはもっと構造的な問題が大きいです。

それを次の項目で書いていきます。

 

世の中にある大半の仕事はクソ仕事

仕事がつまらない原因は、そもそもの仕事がクソ仕事だからです。

このクソ仕事という言葉は、イギリスの社会人類学者デヴィッド・グレーバーの著書『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』の言葉からきています。

本書によると、モノやサービスが過剰になっている現代では、困り事に対する解決策自体もコモディティ化しているので、その解決策を生み出す仕事の意味合いが薄くなっているのだそうです。

この意味合いの薄い仕事=クソ仕事なのです。

例えば、以下のような仕事は、クソ仕事である可能性が高いです。

  • 毎日一生懸命頑張って、残業して作ったものが他社のコピー品だった。
  • 本当は他社よりも劣るものだけど、会社のために一生懸命セールストークで売り込んでいる。

もしかしたら、以下のような仕事もクソ仕事かもしれません。

  • 出来上がる成果物には大した違いがないはずなのに、資料の「てにをは」にやたら細かい上司のためにチェックをしている
  • 本当はもっと早くやれるはずなのに、手続きに時間ばかりかかる

このように、そもそも目標としていることに魅力を感じないとか、目標よりも手段ばかりが問われるようだと、毎日がつまらないと感じるのは必然だと思います。

あとは、なぜ私がわざわざそれを??という仕事もクソ仕事かもしれませんね。

以下のようなことです。

 

人生の終盤で最も後悔すること

70代、80代を対象にしたこちらの調査によると、

人生での後悔の1位は「チャレンジしなかったこと」

だそうです。

記事の内容を一部抜粋すると、

それは、「チャレンジしなかったこと」なんですね。できたかできないかではなく、頑張ったか手を抜いたかでもなく、チャレンジせずに手をこまねいてしまったことを後悔しているんです。

とのことです。

同じように、アメリカで80代を対象としたアンケートでも、人生での後悔の1位は「チャレンジしなかったこと」となっています。

色々なしがらみや、そして勇気を出して挑戦できなかった・・なぜあの時チャレンジしなかったのか・・・人生の終盤になっての後悔の一番です

この気持ちは、40代にもなると何となくわかるのではないでしょうか。

私は、40代になるまで様々な挑戦してきたつもりでしたが、それでも「◯歳のときに借金してでもあれをやっておけばよかった」とか、「あのときに、手を挙げておけばよかった」とか、後悔することは当然あります。

ということは、70代、80代になって体力が衰えてくると、なおさらそういう気持ちになってしまうのでしょうね。

 

自分が守っているものを1つだけ捨てる勇気

チャレンジが大事だからと言って、「いきなり挑戦しましょう」と言われても難しいはずです。

人間は、新しく何かを始める前に、何かを捨てないといけないからです。

人間のキャパシティが決まっていますから、今入っているものを捨てない限りは、新しいものは入ってきません。

では、何を捨てるのか?という話です。

お金とか、家族とか、そんな大それたものをいきなり捨てることはできないでしょうから、捨てても大きな影響がないものがよいでしょう。

例えば、サラリーマンだったら、出世とか、役職、肩書きみたいなものだったり、今までの経験からくるプライドみたいなものを一度捨ててみるのもアリです。

40代で管理職をやっている人だと、

「俺は、今課長だから、せめて部長くらいには」

と思うかもしれません。

しかし、広い世界で見てみると、会社の中での役職など本当にちっぽけなものです。

私もサラリーマン時代は、それなりに出世を目指していましたし、そこそこの地位までいける自信はありました。

しかし、転職して、その後会社を辞めて独立してみると、「会社の中の役職なんて、世の中ではほとんど意味がないよな」と思うのです。

私は、会社を辞めるときに部長でしたが、独立して営業するときに「◯◯社の部長をやっていました」などと自己紹介したところで、「だから?」と思われて終わりです。

そうやって考えると、サラリーマンとしての役職とかポジションなどへのこだわりは早く捨てたほうが、肩の力が抜けて毎日を楽しめる土壌が早く出来上がります。

役職はあくまで一例なので、既得権益や過去の成功体験など、今までのキャリアで培ってきたものや得たものの中で、捨てても実は大したことがなさそうなものを捨ててみるとよいでしょう。

 

リスクを最小化する小さな一歩

守っているものを捨てたからといって、いきなり大きな挑戦は避けた方がよいでしょう。

例えば、私は40代で転職や、起業を経験していますが、それが万人に適しているとも思えません。(とはいえ、求人サイトへの登録はタダなので、登録することで今のクソ仕事から抜け出すチャンスは訪れるかもしれません)。

手軽な方法として、クソ仕事はクソ仕事と割り切って、仕事以外の生活を楽しむ方法もあります。

「会社の目をついつい気にしてしまう自分」を捨てると、残業を一切やめて、定時以降の生活をもっと楽しむ余裕ができるかもしれません。

「テレビを見て余暇を楽しむ時間」を捨ててみれば、その時間で自分にできる身の丈のあった副業を探せるかもしれません。

半年も続けていると、毎日が面白い日々になっているかもしれませんので。

関連記事:【ビズリーチ】40代で大企業からベンチャーに年収UPで転職した話

 

まとめ

以上、毎日がつまらないと感じる40代男性は、「何か1つ捨ててみればよい」という話でした。

  • 中年男性の72%が毎日がつまらないと感じていて、その半分が仕事を原因と答えている。
  • 仕事がつまらない原因は、そもそもがクソ仕事だから。モノやサービスが過剰になると、仕事をする意味合いが薄い似たような仕事ばかりが蔓延するようになる。
  • 人生の終盤で最も後悔することが「チャレンジしなかったこと」。40代になると誰しもが若いときにやらなかったことを後悔するが、70代80代になるとそれがもっと顕著になる。
  • 新しいことを取り組むには、今持っているものを捨ててみることが大事。手軽に捨てられるのの代表例は、肩書きのようなもの。実際に広い世界で見れば肩書きなんてちっぽけなものだから。
  • 何かを捨てたら何かを小さなリスクで取りれてみる。その積み重ねが毎日を楽しくするための第一歩になる。

記事の途中で、紹介した「ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論」は、こちらです。

 

>>キャリアの”もやもや”を解消しよう



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。