VPN

中国でのVPN利用は違法なのか?【実態は利用のリスクほぼなし】

中国でのVPN利用は違法なのか?【実態は利用のリスクはほとんどなし】

 

ネット検閲の厳しい中国では、日本を始めとした海外のサービスへのアクセスが限定されています。

典型的な例として、中国ではLine、Facebook、Google、Twitterなどには接続できないことが挙げられます。

関連記事:中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧【検証結果】

こうした検閲を回避して、これらのサービスに接続できる手段がVPNです。

でも、VPNは違法なのでは?

このように心配する方もいることでしょう。

この記事では、中国におけるVPNの違法性と、利用実態について解説していきます。

【比較】中国で使える【おすすめVPN】価格は?使い勝手は?

 

結論:違法ではあるが、摘発事例はほぼない

結論から言うと、中国でVPNを使うのは違法とされています。

なぜなら、中国では政府が認めたインターネット回線以外は使ってはいけないと定められているからです。

日本や海外の一般的なVPNサービスは、中国政府の認可を受けずに運営されているので、これらのサービスは違法になります。(政府の認可を受けたサービスだと、逆にLineやFacebookには接続できないでしょう)

認可されていないVPNを使って違法とされると、罰金刑に処せられます。

しかし、中国でVPNを使ったから摘発されたという事例はほぼありません。

私は中国に滞在しているときに、いつもVPNを使っていますし、中国にいる日本人や中国人の知り合いでVPNを使ってYouTubeなどにアクセスしている人を何人も知っていますが、取り締まりの対象になったというのも聞いたことはありません。

つまり、違法であるとはいっても、実態としてVPNの利用を理由にして摘発された事例は、ほぼないということです。

 

中国のネット検閲の目的

VPNの取り締まりに関して考えるには、そもそも中国がネット検閲をしている目的を考える必要があります。

中国がネット検閲をする目的は大きく2つです。

  • インターネット上で行われる政府に対する組織的な批判を防ぎたいから
  • 通信産業を国に重要産業としているので、外資の参入を排除して自国のサービスを成長させたいから

この目的に照らして考えると、以下のような行為をすると、中国政府としても看過できなくなることは容易に想像がつきます。

  • VPNを使って海外の情報を入手して、それを元に大々的に政府批判を展開する
  • 外資のネットサービスを使うことを大々的に宣伝する
  • VPNを他人にすすめることを商売にする

逆に言うと、目的に照らして無視できる話であれば、VPNを逐一取り締まる必要はないのです。(とはいえ、VPNサービス自体にはアクセスできないように逐一取り締まっています)

 

中国でVPNを使う際の注意点

VPN規制の目的から考えると、中国でVPNを使う際には以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 個人で密かに使う(大々的に人に勧めたり、拡散したりしない)
  • 海外のネットから仕入れた情報をむやみに拡散しない
  • 政府に対する批判的な言動を避ける
  • 無料VPNを避ける

 

個人で密かに使う

規制の目的から考えると、個人で密かに使う分には安心です。

SNSで友達に大々的に勧めたり、拡散したりすれば、目をつけられる可能性がありますが、個人で利用している分には、政府としても特に害を感じないからです。

 

海外のネットから仕入れた情報をむやみに拡散しない

海外のネットから仕入れた情報をむやみに拡散することも避けましょう。

例えば、YouTubeで見た動画をSNSで拡散する行為は、「私は違法なVPNを使っていますよ」と宣伝しているようなものなので、避けたほうがよいでしょう。

 

政府に対する批判的な言動を避ける

海外のネット情報の中には、中国政府に批判的な言動をしているメディアも少なくありません。

そのようなメディアが報じる情報の中には、中国国内では報道されていない内容もあります。

こうした情報を元にして、政府に対して批判的な言動をすると、違法VPNを利用していることを理由に不利益を被ることになるかもしれません。

 

無料VPNを避ける

そもそも無料VPNは、安全性やプライバシー、サービスの継続性の観点から利用はおすすめできません。

しかし、中国で使える無料VPNサービスの場合、入手した個人情報やネット閲覧履歴を中国政府に流している可能性も考えられます。

VPNを使うなら、有料で、かつ中国で長年の実績があるサービスを利用することをおすすめします。

 

中国でおすすめのVPN3選

中国では、VPNが禁止されているため、中国にいる間にVPNを契約するのは困難です。

しかし、中国に到着する前にダウンロードしてインストールしておくと、中国で快適に使えるVPNはいくつもあります。

私が使っている中では、中国では以下の3つのサービスがおすすめです。

  • 中国での圧倒的な安定感を求めるなら ⇒ 12vpn
  • 通信速度を求めるなら ⇒ ExpressVPN
  • 純日本製で日本語対応の安心感を求めるなら ⇒ セカイVPN

いずれも中国で長い間、利用できてきた実績のあるサービスばかりです。

それぞれ詳細を見ていきましょう。

 

12VPN:中国での圧倒的な安定感

速度、安定感、サポートの対応、すべてのレベルが高く、当サイトのおすすめは12vpnです。

メリット
  • 中国の規制・取り締まりに対する対応が早い
  • サポートの対応がよい
  • 中国専用リンクで中国からも申し込みできる
  • 接続台数の制限がない
  • Google Chromeだと拡張機能から簡単に操作できる
  • 価格もお手頃(クーポンを使うと30%OFF)
デメリット
  • サポートが英語のみの対応になっている
  • 短期間での利用だと割高になる

中国でvpnサービスを使うときに、重要となるのが中国当局の規制に対する素早い対応です。

私は、10年間12vpnを使ってきましたが、問題が起こるたびにサーバーの場所を変えたり、ログインできる窓口を変えたりして、常に中国の検閲に対処しています。

中国専用のログインURLを設けていることからも、その気合の入れようがわかります。

問い合わせに対するレスポンスも素晴らしく、たいてい1営業日中に何らかの返信を受け取れます。

そして、同時接続台数が無制限なので、家族や社員とも共有できます。(実際に、私は2つIDを持っていて、そのうちの1つは中国の法人内で共有しています)

唯一のデメリットは、設定もサポートも英語しか対応できないことです。

ただし、そこまでシンプルな英語なので、Google Chromeの翻訳機能や、機械翻訳DeepLなどを駆使すれば、このデメリットは十分にカバーできます。

12vpnはこんな人におすすめ

  • 中国利用での安定感を求めている人
  • 複数の端末でVPNを使いたい人

 ▼公式サイトから申し込む▼

中国から>>中国以外から>>

\14日間返金保証あり/

12vpnの詳細は、以下の記事をご覧ください。(30%割引クーポンの使い方の他、英語の申し込みフォームや使い方を日本語で補足しています

【10年使用】中国でおすすめ12vpn【30%割引あり】評判は?登録方法や使い方など 中国のネット規制を回避をする方法として、VPNが挙げられます。 VPNを使えば、中国滞在中でも日本で使っているサービス(L...

 

ExpressVPN:通信速度と安定性が魅力

ExpressVPNのトップページ

速度と安定感に優れたVPNサービスです。

メリット
  • 通信速度と安定性が優れている
  • アプリが使いやすい
  • ノーログポリシーを採用している
  • サーバー設置国のバリエーションが豊か
デメリット
  • 価格が他のサービスに比べて高い
  • 同時接続台数が5台にとどまる
  • 中国からの接続に不安が残る

ExpressVPNも中国で使えて、純粋な通信速度で見ると12vpnよりも優れたVPNサービスです。

接続のための初期設定もアプリのダウンロード1つで簡単にできるので、登録してからすぐに使えるという点でも12vpnよりは優れているでしょう。

ただ、中国で使うという点において、唯一の懸念は中国からの接続に不安が残ることがマイナス材料です。

ネット上の口コミでも、「中国で接続できなくなった」、「中国からそもそもログインできない」という問題がたびたび指摘されています。(一方で、必ず復帰を遂げています)

VPNのスペックとしては申し分はないのですが、価格が高い点と、中国向けのサポートという点を考慮して12vpnの次点でおすすめという位置づけにしています。

ExpressVPNは、こんな人におすすめ

  • 価格よりも通信速度と安定感を求めている人

▼公式サイトから申し込む▼

ExpressVPN

\30日間返金保証あり/

ExpressVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

ExpressVPN【メリット・デメリット】評判は?【通信速度が魅力のVPN】 「VPNサービスの比較・検討の中で、よく出てくるExpressVPNの評判について知りたい」 今回は、こんな要望を持つ方の...

 

セカイVPN:純日本製でサポートも日本語対応

セカイVPN ホームページ画像

純日本製で日本語でサポートしてくれるのが、セカイVPNです。

純日本製の中では、最大手のVPNサービスです。

メリット
  • 無料体験期間が長い
  • 日本語対応が充実している
デメリット
  • 使えるサーバーの国と数が少ない
  • 同時接続台数が3台と少ない
  • 通信速度が遅い
  • 長期間の利用と考えると少し割高

価格は海外のVPNサービスに比べて割高で、同時接続台数は3台までしかないことがデメリットですが、すべて日本語で対応してくれる安心感が欲しい人におすすめです。

セカイVPNは、こんな人におすすめ

  • 価格よりも日本語対応の安心感が欲しい人

▼公式サイトから申し込む▼

セカイVPN

\最大2ヶ月の無料体験あり/

セカイVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

セカイVPN【メリット・デメリット】評判は?
セカイVPN【メリット・デメリット】評判は?【無料体験期間が魅力】 そんなときに、必須となるサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していますが...

 

まとめ

以上、中国でのVPN利用の違法性についての解説でした。

  • 中国でのVPN利用は基本的に違法である。しかし、中国でVPNの利用を理由に取り締まりを受けた実態はほとんど見当たらない。
  • 中国のネット検閲の目的を考えると、その目的に合致しない限りはVPN利用がただちに摘発されるとは考えにくい。
  • 中国でVPNを使う場合の注意点として、個人で密かに使うこと、海外のネット情報をむやみに拡散しないこと、政府に対して批判的な言動を避けること、無料VPNを使わないことが挙げられる。

▼▼中国でのおすすめVPN▼▼

12vpn ExpressVPN セカイVPN
利用料:円 7,900 10,982 13,200
無料お試し・返金保証 14日 30日 2ヵ月
サーバー数:台 非公開 3,000以上 数十
設置国:カ国 20 92 10
日本語対応 ×
同時接続:台 制限なし 5
中国で使える【おすすめVPN】4選【価格・使い勝手から比較】
【比較】中国で使える【おすすめVPN5選】実際に使ってみた結果 ネットの検閲が非常に厳しく、日本で使っているサービスの多くにアクセスできない中国に長期で滞在するときに、VPNは必須とも言えるサ...

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。