VPN

【解決策】VPNで日本から海外のサイトを見る方法【VPNなら視聴制限も突破可能】

VPNで日本から海外のサイトを見る方法【VPNなら視聴制限も突破可能】

 

日本から見れない海外のサイトに、日本からアクセスするにはどうしたよいのだろう?

海外のサイトの中には、日本からアクセスができないサイトや、日本からのアクセスによって視聴が制限されているコンテンツがあります。

地域による視聴制限があることで有名なサイトとして、Netflixが挙げられます。

Netflixでは、一部の地域でスタジオジブリの映画を見られますが、日本ではライセンスの関係から見られません。

他にも、海外の動画サイトを見ようとすると以下のような表示が出てくることがあります。

  • Sorry, this video is not available in your country
  • This video is not available in your location
  • あなたの国ではこの動画を視聴できません。
  • この動画はお住まいの国ではご利用いただけません。
  • あなたの国ではこの動画が視聴できないように設定されています。

ある国でセールをやっているショッピングサイトに行こうとしたら、自動でセールをやっていない日本のサイトが開くこともあります。

しかし、このように日本からは見れない海外のサイトでも、VPNを使うと見れるようになるのです。

今回は、VPNを使って、日本から海外のサイトを見るための方法を解説していきます。

日本から海外のサイトにアクセスできるVPNサービス

ExpressVPN:通信速度の早さに強みがある人気のサービス

【NordVPN】:価格、使い勝手、スピードでバランスのとれたサービス

セカイVPN:日本語対応の安心感が欲しい方に向けたサービス

 

海外のサイトが見れない原因はIPアドレス

日本から海外のサイトが見れない原因は、IPアドレスにあります。

IPアドレスとは、インターネット上の住所のことです。

IPアドレスがわかると、どの国からアクセスしているかという情報がわかります。

例えば、日本からアクセスだと以下のように、アクセスしている場所がわかります。

日本からアクセスしたときのIPアドレス

インターネットサイトは、IPアドレスによってアクセスしている地域を自動で特定し、ライセンスや法律上の問題で表示できないコンテンツを判断したり、顧客の利便性が高まるようにその国向けのコンテンツを表示したりするのです。

その国向けのコンテンツを表示する仕組み

 

VPNを使うとIPアドレスを変えられる

IPアドレスによってアクセスしている国を判断しているのであれば、そのIPアドレス自体を変えてしまえばよいわけです。

そのIPアドレスを変える方法がVPNの利用です。

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワーク(Virtual Private Network)の略で、仮想専用線のことを指します。

この専用線のサーバーとして、海外のサーバーを指定すれば、自分が実際に居る国ではなく、サーバーのある国からアクセスしているように偽装することができます。(偽装と言っても、決して違法ではありません)

例えば、アメリカ・ロサンゼルスにあるVPNサーバーを使うと、IPアドレスが以下のようになります。

VPNを使ってアメリカからアクセスしたときのIPアドレス

VPNサーバーを使って偽装されたIPアドレスを使って、海外のサイトにアクセスすることで、その国でしか見られないコンテンツを見られるようになるのです。

VPNサーバーを通してアクセスした場合

例えば、日本からNetflixにアクセスすると、以下のような画面になります。

Netflixのトップページ

しかし、VPNを使ってトルコのサーバーにつないでNetflixにアクセスすると、以下のように表示されます。

トルコサーバーからNetflixに接続した場合

右上の言語選択も、トルコ語と英語しか選択できないようになっています。

実際にVPNを使って、海外のサイトにアクセスしている人も少なくありません。

※無料VPNに関しては、ツイート主の書いているように情報漏洩の危険があるので、VPNなら有料サービスがおすすめです。

訳ありで日本からのアクセスを遮断しているサイトでも、VPNを通すことで見れるようです。

ただし、海外のコンテンツには日本語字幕が用意されていないので、字幕を必要とするコンテンツを見たい場合は要注意です。

その旨は、Yahoo知恵袋にも書かれています。

動画配信サービスが日本語字幕を用意している例は,英語圏ではほとんどありません。かろうじて,海外Netflixのコンテンツの一部には日本語字幕設定がある場合があります(ジブリアニメなど)。

韓国の動画配信サイトでは,ユーザーが日本国字幕をつけて共有するシステムがあるようです。

Yahoo知恵袋より引用

 

VPNは他にもメリットがたくさん

VPNはIPアドレスを偽装できる以外にも、さまざまなメリットがあります。

  • フリーWIFI利用時のセキュリティを守れる
  • 海外から日本のサービスにアクセスできる
  • 航空券やホテルを安く予約できる

日常のインターネットライフの中で、最も役立つのはフリーWIFI利用時のセキュリティです。

フリーWIFIには、第三者から通信を覗き見されるリスクがありますが、VPNを使うとVPNサーバーとの間で暗号化したデータのやりとりができるので、フリーWIFIを使っていても安心です。

特にログなしと呼ばれるタイプのVPNサービスは、警察による発信者特定を難しくするほどのセキュリティです。

他には、上記IPアドレスを偽装できるのと、同じ理由で海外から日本のサービスにアクセスできたり、発展途上国のサーバーからアクセスすることで航空券やホテルを安く予約できたりすることもメリットです。

他には、IPアドレスを変えられることを利用して、YouTube Premiumを安く契約することもできます。

個人がVPNを利用するメリット・デメリットの詳細は、以下の記事をご覧ください。

個人がVPNを使うメリット・デメリットは?【仕組み・利用場面・お得な裏技まで紹介】
個人がVPNを使うメリット・デメリットは?【仕組み・利用場面・お得な裏技まで紹介】 私は、VPNサービスを10年以上が使っていますが、VPNは様々な場面で活躍してくれるので、大変重宝しています。 この記事で...

 

日本から海外のサイトを見るのにおすすめのVPNサービス3選

日本から海外のサイトを見るのにおすすめのVPNサービスを3つ紹介していきます。

 

ExpressVPN:通信速度が魅力

ExpressVPNのトップページ
価格 1ヶ月プラン:1,425円/月
半年プラン:1,099円/月
1年プラン:915円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 3,000台
サーバー設置国 94カ国
日本語対応 アプリなどは日本語、サポートは英語
同時接続台数 5台

VPNを利用するときの最大デメリットは、通信速度が落ちてしまうことです。

しかし、ExpressVPNは、私が使ってきた複数のVPNサービスの中でも、トップクラスの通信速度を誇っています。

また、サーバー設置国が94カ国と多いので、IPアドレスを様々な形で変える事ができるのも魅力です。

会員登録後は、アプリをダウンロードするだけで簡単に利用できるので、使い勝手の点でもおすすめです。

唯一とも言えるデメリットは、価格がこの後紹介するNordVPNに比べて高いことです。

▼公式サイトから申し込む▼

ExpressVPN

\30日間返金保証あり/

ExpressVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

ExpressVPN【メリット・デメリット】評判は?【通信速度が魅力のVPN】 「VPNサービスの比較・検討の中で、よく出てくるExpressVPNの評判について知りたい」 今回は、こんな要望を持つ方の...

 

NordVPN:価格、使い勝手が魅力

NordVPN ホームページ
価格 1ヶ月プラン:1,256円/月
1年プラン:517円/月
2年プラン:385円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 5,200台
サーバー設置国 60カ国
日本語対応 アプリやサポートは日本語、規約は英語
同時接続台数 6台

パナマに本社を置いたVPNサービスの会社で、サーバー数、サーバー設置国、通信速度、値段のバランスに優れたサービスです。

特に2年プランだと、他のサービスに比べて月額料金を格安にして利用できます。

また、アプリの使い勝手がよいのも魅力です。

規約・契約は英語ですが、アプリの操作やダウンロード手順などの基本的なことにすべて日本語で対応しているので、日本人にとっては安心できます。

▼公式サイトから申し込む▼

【NordVPN】

\30日間返金保証あり/

NordVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

Nord VPN【メリット・デメリット】評判は?
NordVPN【メリット・デメリット】評判は?【2年プランの安さとアプリの利便性が魅力】 そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していま...

 

セカイVPN:純日本製でサポートも日本語対応

セカイVPN ホームページ画像

純日本製で日本語でサポートしてくれるVPNサービスです。

料金は海外のVPNサービスに比べて割高で、同時接続台数は3台までしかないことがデメリットですが、すべて日本語で対応してくれる安心感が欲しい人におすすめです。

▼公式サイトから申し込む▼

セカイVPN

\最大2ヶ月の無料体験あり/

セカイVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

セカイVPN【メリット・デメリット】評判は?
セカイVPN【メリット・デメリット】評判は?【無料体験期間が魅力】 そんなときに、必須となるサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していますが...

 

まとめ

以上、日本から海外のサイトを見るときに使えるVPNについて解説しました。

  • 日本から海外のサイト・コンテンツを視聴できない理由は、そのサイトがIPアドレスによってアクセスしている国を判断しているから。つまり、IPアドレスを偽装すれば海外のサイト。コンテンツを見られるようになる。
  • VPNを使うと、IPアドレスを偽装できるようになる。自分がアクセスしたいサイトがある国のサーバーにVPN接続してから、そのサイトにアクセスすると、まるでその国からアクセスしているかのようにコンテンツを視聴できるようになる。

日本から海外のサイトにアクセスできるVPNサービス

ExpressVPN:通信速度の早さに強みがある人気のサービス

【NordVPN】:価格、使い勝手、スピードでバランスのとれたサービス

セカイVPN:日本語対応の安心感が欲しい方に向けたサービス

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。