VPN

無料で使えるVPN8選【フリーソフトのリスクには要注意】おすすめは有料VPN

無料で使えるVPN8選【無料のリスクには要注意】

 

VPNを使いたいけど、無料で使えるフリーソフトはないの?

VPNサービスの中には、無料で利用できるサービスもあります。

この記事では、無料で利用できるVPNサービスを8つ紹介していきます。

関連記事:個人がVPNを使うメリット・デメリットは?【仕組み・利用場面・お得な裏技まで紹介】

 

無料で使えるVPNサービス8選

無料で使えるVPNサービスの中で、おすすめできるのは以下の8つです。

  • Hotspot Shield VPN
  • ProtonVPN
  • TunnelBear VPN
  • Windscribe
  • Speedify
  • Hide.me
  • Kaspersky VPN
  • VPN Gate

それぞれ詳細を見ていきましょう。

 

Hotspot Shield VPN

Hotspot Shieldのトップページ
同時接続台数 1台のみ
サーバー数・設置場所 1台・1ヶ所(アメリカのサーバーのみ)
通信容量制限 500MB/日
通信速度制限 2Mbps

有料版のVPNサービスを提供するHotspot Shield(ホットスポット・シールド)の無料版です。

通信容量が1日500MBまでに制限されていますが、他の無料サービスの中には1ヶ月で10GB(1日あたり30MBくらい)というサービスも多いのに比べると、かなり余裕のある容量といえるでしょう。

同時接続台数は1台だけですが、接続スピードが速いので、状況に応じてPCからスマホ、スマホからタブレットなどに接続を切り替えるのも容易です。

接続できるサーバーがアメリカのサーバーだけなのがデメリットですが、お試しで使うには十分なスペックと言えるでしょう。

無料でモバイルアプリを使う際には、広告が表示されます。

>>Hotspot Shield

 

ProtonVPN

Proton VPNのトップページ
同時接続台数 1台のみ
サーバー数・設置場所 3台・3ヶ所(アメリカ、オランダ、日本)
通信容量制限 なし
通信速度制限 なし

有料サービスであるProton VPN(プロトンVPN)の無料版です。

無料版でもアメリカ、オランダ、日本のの3ヶ所のサーバーに接続可能で、WindowsやMacでの利用はもちろん、AndroidやiPhone用のアプリでも利用できます。

国際的な監視同盟から外れたスイスを拠点にしているので、通信のログに対するプライバシー保護の点でも安心できるのが特徴です。(他国の政府が通信データの提供を要請しても拒否できる)

また、プライバシーという点ではノーログポリシーを採用していることも他にはない特徴です。

関連記事:ログなしVPNは警察による発信者特定を難しくするのか

有料版に比べると無料版は、速度面での優先順位が低くなっていて、特に多くのユーザーが利用するピーク時には有料版の接続が優先されるため、速度が落ちてしまう傾向があります。

>>ProtonVPN

 

TunnelBear VPN

TunnelBearのトップページ
同時接続台数 5台まで
サーバー数・設置場所 1,000台・20ヶ所以上
通信容量制限 500MB/月
通信速度制限 なし

TunnelBear(トンネルベア)は、大手セキュリティソフトのマカフィーの傘下でサービスを運営しています。

メールアドレスだけでサインアップ可能なので、セキュリティ面でも安心です。

無料版でも有料版と同じように1,000台、20ヶ所以上のサーバーに接続できる点もメリットです。

一方で、TunnelBearのデメリットとして、1ヶ月で500MBの通信容量しか利用できないことが挙げられます。

動画や大きなサイズの添付ファイル付きのメールを何度も見ていると、すぐに1ヶ月の上限に到達してしまうでしょう。

TunnelBearの無料版は、主にテキストデータを送受信するのに向いています。

>>TunnelBear

 

Windscribe

Windscribeのトップページ
同時接続台数 1台のみ
サーバー数・設置場所 10台以上・10ヶ所以上
通信容量制限 10GB/月
通信速度制限 なし

Windscribe(ウィンドスクライブ)は、標準の通信容量が2GB/月、メールアドレスを登録することで10GB/月まで利用できます。

無料版でもイギリス、ドイツ、トルコ、香港、カナダ、アメリカにある8つの都市を含む11のロケーションからサーバーを選択できます。

Widows、Macでの利用はもちろん、AndroidやiPhone用のアプリでも利用できるほか、Google Chromeの拡張機能でも接続できます。

無料版を使っていると、たびたび有料版を契約するような誘導的な広告が出てくること、サポート体制が他と比べて弱い(24時間体制ではない)ことがデメリットです。

>>Windscribe

 

Speedify

Speedifyのトップページ
同時接続台数 1台のみ
サーバー数・設置場所 1,000台以上・50ヶ所以上
通信容量制限 10GB/月
通信速度制限 なし

Speedify(スピーディファイ)は、その名のとおり通信速度の速さを売りにしたVPNサービスです。

無料版であっても有料版と同様に、1,000台以上、50ヶ所以上のサーバーに接続できることがメリットです。

ただし、毎月の容量制限が10GBまでなので、動画を頻繁に視聴していると制限に到達してしまうので要注意です。

また、Speedifyはアメリカを拠点とした会社なので、ノーログなどを含めたプライバシー保護のポリシーには準拠していません。(政府から通信情報の開示命令があった場合は、従う必要があります。)

>>Speedify

 

Hide.me

Hide.meのトップページ
同時接続台数 5台まで
サーバー数・設置場所 5台・5箇所
通信容量制限 510GB/月
通信速度制限 なし

Hide.me(ハイド・ミー)は、有料と無料のVPNを提供していて、無料版では月に10GBのデータを利用できます。

Windows PC、Mac、Android、iOSに対応したアプリを提供しており、無料版であっても24時間365日のテクニカルサポートを受けられます。

また、ログを記録せず、ユーザーデータを保存しないノーログポリシーを採用しているところもメリットでしょう。

一方で、無料版で接続できる端末は1台までで、サーバーロケーションも有料会員だと50以上の場所を利用できるところ、無料版ではアメリカとカナダを含む5つの場所に限定されてしまいます。

>>Hide.me

 

Kaspersky VPN

Karsperskyのトップページ
同時接続台数 制限なし
サーバー数・設置場所 最寄りのサーバーにのみ接続可能
通信容量制限 200MB/日
通信速度制限 なし

Kaspersky Secure Connection(カスパースキー・セキュア・コネクション)の無料版は、同時接続台数の制限なく利用できます。

一方で、無料版だと1日あたり200MBまでの通信に制限されているほか、VPNサーバーを最寄りの場所しか選択できないことがデメリットです。

>>Karspersky VPN

 

VPN Gate

VPN Gateのトップページ
同時接続台数 5台
サーバー数・設置場所 7,000台以上・設置場所は不明
通信容量制限 なし
通信速度制限 なし

日本の筑波大学が、学術研究の一環として運営している無料VPNサービスです。

ユーザー登録不要で7,000台以上のサーバーが使えるメリットがあります。

一方で、接続が不安定であったり、サーバーを探すのに時間がかかったりするなどのデメリットがあります。

>>VPN Gate

 

無料VPNには要注意【おすすめできない理由】

無料VPNは、お金をかけずに使えて便利に見えますが、無料に伴う様々なデメリットがあります。

無料VPNを使う際に、注意すべき主なデメリットは以下の7点です。

  1. 使えるサーバーが少ない(接続が安定しないときに選択肢がない)
  2. 1日あたりの利用制限がある(動画や大きなファイルを送受信すると利用制限に到達してしまう)
  3. 接続できる端末に限りがある(PCとスマホで同時に使うなどができない)
  4. 通信速度が遅い(ストリーミング動画をスムーズに見れない)
  5. セキュリティやプライバシーの面で不安が残る
  6. マルウェアを仕組まれる可能性がある
  7. 多数の広告が表示される(自社の有料サービスへの誘導も含む)

そもそも有料でないと維持が難しいサービスを無料で提供するには、何らかの見返りを考えているはずです。

頻繁に広告を見せられるだけなら、まだ不快な思いをするだけで済みます。

しかし、個人情報やネット閲覧履歴、IPアドレスなどが第三者に販売されたり、マルウェアによって攻撃を仕掛けられたりすれば、不快というレベルでは済まない可能性もあります。

有料VPNは、月に1,000円程度を支払えば利用できるので、VPNを本格的に利用したいと思うのであれば、有料VPNを利用することをおすすめします。

有料VPNには、セキュリティが安心なだけでなく、一部サービスを安価に使える裏技などのメリットもあります。

関連記事:個人がVPNを使うメリット・デメリットは?【仕組み・利用場面・お得な裏技まで紹介】

 

おすすめの有料VPN3選【返金保証・無料体験あり】

おすすめの有料VPNを3つ挙げました。

いずれもお試し期間や返金保証があるので、リスクなしで試すことができます。

ExpressVPN:通信速度の早さに強みがある人気のサービス【30日間返金保証】

NordVPN:価格、使い勝手、スピードでバランスのとれたサービス【30日間返金保証】

セカイVPN:日本語対応の安心感が欲しい方に向けたサービス【2ヶ月間無料体験】

 

ExpressVPN:通信速度が魅力【30日間返金保証】

ExpressVPNのトップページ
価格 1ヶ月プラン:1,425円/月
半年プラン:1,099円/月
1年プラン:915円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 3,000台
サーバー設置国 94カ国
日本語対応 アプリなどは日本語、サポートは英語
同時接続台数 5台

VPNを利用するときの最大デメリットは、通信速度が落ちてしまうことです。

しかし、ExpressVPNは、私が使ってきた複数のVPNサービスの中でも、トップクラスの通信速度を誇っています。

また、サーバー設置国が94カ国と多いので、IPアドレスを様々な形で変える事ができるのも魅力です。

会員登録後は、アプリをダウンロードするだけで簡単に利用できるので、使い勝手の点でもおすすめです。

唯一とも言えるデメリットは、価格がこの後紹介するNordVPNに比べて高いことです。

▼公式サイトから申し込む▼

ExpressVPN

\30日間返金保証あり/

ExpressVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

ExpressVPN【メリット・デメリット】評判【通信速度が魅力のVPN】 「VPNサービスの比較・検討の中で、よく出てくるExpressVPNの評判について知りたい」 今回は、こんな要望を持つ方の...

 

NordVPN:価格、使い勝手が魅力【30日間返金保証】

NordVPN ホームページ
価格 1ヶ月プラン:1,256円/月
1年プラン:517円/月
2年プラン:385円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 5,200台
サーバー設置国 60カ国
日本語対応 アプリやサポートは日本語、規約は英語
同時接続台数 6台

パナマに本社を置いたVPNサービスの会社で、サーバー数、サーバー設置国、通信速度、値段のバランスに優れたサービスです。

特に2年プランだと、他のサービスに比べて月額料金を格安にして利用できます。

また、アプリの使い勝手がよいのも魅力です。

規約・契約は英語ですが、アプリの操作やダウンロード手順などの基本的なことにすべて日本語で対応しているので、日本人にとっては安心できます。

▼公式サイトから申し込む▼

NordVPN

\30日間返金保証あり/

NordVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

Nord VPN【メリット・デメリット】評判は?
NordVPN【メリット・デメリット】評判【2年プランの安さとアプリの利便性が魅力】 そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していま...

 

セカイVPN:純日本製でサポートも日本語対応【2ヶ月無料体験】

セカイVPN ホームページ画像

純日本製で日本語でサポートしてくれるVPNサービスです。

料金は海外のVPNサービスに比べて割高で、同時接続台数は3台までしかないことがデメリットですが、すべて日本語で対応してくれる安心感が欲しい人におすすめです。

▼公式サイトから申し込む▼

セカイVPN

\最大2ヶ月の無料体験あり/

セカイVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

セカイVPN【メリット・デメリット】評判は?
セカイVPN【メリット・デメリット】評判【無料体験期間が魅力】 そんなときに、必須となるサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していますが...

 

まとめ

以上、無料で使えるVPNでした。

無料で使えるVPN8選

  • Hotspot Shield VPN
  • ProtonVPN
  • TunnelBear VPN
  • Windscribe
  • Speedify
  • Hide.me
  • Kaspersky VPN
  • VPN Gate

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です