VPN

【年1万円の節約も可能に】VPNを使って安くできるサブスク5選

【年1万円の節約も可能に】VPNを使って安くできるサービス

 

公共のフリーWIFIを頻繁に使う人にとっては、通信のプライバシーを保護し、IPアドレスを隠して(匿名)でインターネットを利用できるVPNは必須アイテムと言えるでしょう。

プライバシーとセキュリティ保護はVPNの大きな利点ですが、オンラインで商品を購入するときにVPNを使うとより安く買えるものがあるのはご存知でしょうか?

この記事では、IPアドレスを他の国にいるかのように装えるVPNの特徴を生かして、お得に利用できる5つのサービスを紹介していきます。

※VPNを使うことで、通常よりも安くできるサービス

YouTube Premium 約12,000円/年の節約
Netflix 約9,600円/年の節約
Apple Music 約9,600円/年の節約
Spotify 約9,600円/年の節約
Microsoft 365 約5,600円/年の節約

サブスクサービスを安く使うのにおすすめのVPN

NordVPN:価格と通信速度のバランスを考えたい方におすすめ

ExpressVPN:通信速度を重視したい方におすすめ

関連記事:個人がVPNを使うメリット・デメリット【仕組み・利用場面・お得な裏技まで紹介】

 

VPNを使うとお得にできる理由

VPNを使うとお得にできる理由は、大きく2つです。

  • 国ごとに価格を変えているから
  • VPNを使うとアクセスしている国を偽装できるから

 

国ごとに価格を変えているから

YouTubeやNetflixのようにグローバル展開しているサービスは、国ごとに価格を変えています。

国ごとの経済水準に合わせて価格を変えることで、利益を最大化しようとしているからです。

そのため、先進国では価格が高く、発展途上国では価格が安いということが起きます。

例えば、YouTubeのプレミアムサービスは、日本だと月額1,180円ですが、アルゼンチンで契約すると月額200円以下になります。

日本に比べると、アルゼンチンだと1/6の価格で同じサービスが受けられるのです。

 

VPNを使うとアクセスしている国を偽装できるから

VPNを使うと、IPアドレスを偽装することができます。(偽装と言っても違法ではありません)

例えば、日本のインターネットプロバイダーを使って、YouTubeなどのグローバルなサービスにアクセスすると、自動的に日本のコンテンツが表示されます。

その国向けのコンテンツを表示する仕組み

これはIPアドレスを使って、日本からのアクセスだと判断しているからです。

しかし、VPNを使って、例えばアメリカのサーバーを通してアクセスすると、アメリカからアクセスが来ていると判断し、アメリカ向けのコンテンツ(言語や価格など)を表示します。

VPNサーバーを通してアクセスした場合

実際に、VPNを使ってロサンゼルスのサーバーを通してアクセスすると、IPアドレスが以下のように判定されます。

VPNを使ってアメリカからアクセスしたときのIPアドレス

このIPアドレスを偽装できる仕組みを使って、発展途上国からアクセスしているように見せることで、日本で契約するよりも安い価格でサービスを利用できるようになるのです。

 

VPNを使って安くできるサービスの例

ここからは、実際にVPNを使って安くできるサービスを見ていきましょう。

  • YouTube Premium
  • Netflix(ネットフリックス)
  • Apple Music
  • Spotify
  • Office365

 

YouTube Premium

YouTube Premiumの画面

YouTube Premiumは、VPNを使って割安に契約できる代表的なサービスです。

YouTube Premiumを使うと、以下の6つのことができます。

  1. 広告なしでYouTubeを視聴できる
  2. バックグラウンドで再生できる
  3. 動画をダウンロードしてオフラインで再生できる
  4. YouTube Music Premiumを利用できる
  5. Google Play Musicを利用できる
  6. YouTube Originalsを視聴できる

YouTubeで情報収集している人にとって、面倒に感じるのが広告表示ではないでしょうか。

YouTube Premiumにすることで、広告表示をOFFできるほか、ダウンロードしてオフラインで再生できるようにもなります。

YouTube Premiumは、日本だと月額1,180円必要ですが、アルゼンチンやインドで契約すると、毎月約1,000円(年間で約12,000円)を節約できます

月額 [円]
(現地通貨)
差額 [円] 算出レート
日本 1,180
アルゼンチン 133
(119ペソ)
-1,047 1アルゼンチンペソ=1.12円(最新レート
トルコ 139
(16.99リラ)
-1,041 1トルコリラ=8.2円(最新レート
インド 194
(129ルピー)
-986 1ルピー=1.5円(最新レート
フィリピン 366
(159ペソ)
-814 1ペソ=2.3円(最新レート

以下の画像は、アルゼンチンのサーバーからYouTube Premiumを申し込むときに出てくる画面です。

YouTube Premiumでアルゼンチンの料金になっているか確認する

詳細の方法は、以下の記事に書いているので、あわせてご覧ください。

YouTube Premiumを安くする方法【VPNを使って試してみた】
【月額133円】YouTube Premiumを安くする方法【VPNでアルゼンチンからアクセス】 YouTubeを見ていると、どうしても気になってくるのが広告ですが、その広告を消す手段として有料のYouTube Premium...

 

Netflix(ネットフリックス)

トルコサーバーからNetflixに接続した場合

映画を含めたエンターテインメント動画を世界に配信しているNetflixも、VPNによって安く契約できるサービスです。

トルコで契約すると毎月約800円(年間で約9,600円)、アルゼンチンやブラジルでの契約で毎月約500円(年間で約6,000円)ほど節約できます。(以下、ベーシックプランでの比較)

月額 [円]
(現地通貨)
差額[円] 算出レート
日本 990
トルコ 221
(26.99リラ)
-769 1トルコリラ=8.2円(最新レート
アルゼンチン 312
(279ペソ)
-566 1アルゼンチンペソ=1.12円(最新レート
ブラジル 536
(25.9レアル)
-472 1レアル=20.7円(最新レート
インド 749
(499ルピー)
-241 1ルピー=1.5円(最新レート

以下の画像は、トルコのサーバーからNetflixにアクセスした場合に表示される料金です。

Netflix料金プラン選択画面

 

詳細の方法は、以下の記事に書いているので、あわせてご覧ください。

【月額200円】 Netflixを安く見る方法【VPNでトルコから接続】
【月額220円】Netflixを安く見る方法【VPNを使ってトルコから接続する】 そのように思っている人に、朗報です。 実は、VPNというサービスを使うだけで、Netflixを月額約200円で利用...

 

Apple Music

Apple Musicのトップページ

9,000万曲以上の音楽が聴き放題になるApple Musicも、割安で契約することができます。

Apple Musicは、インドやトルコで契約すると安く利用できて、インドだと月額で約800円(年間で約9,600円)節約できます。(個人プランの場合)

月額 [円]
(現地通貨)
差額[円] 算出レート
日本 980
インド 150
(99ルピー)
-830 1ルピー=1.5円(最新レート

以下の画像は、インドのサーバーからApple Musicにアクセスした場合の価格表示です。

Apple Music:インドでの料金表示

 

Spotify

Spotifyのトップページ

Apple Musicと同様に楽曲を聞き放題にできるSpotifyもVPNで安くすることができます。

Spotifyは、トルコ、アルゼンチン、インドが割安になっていて、月額約800円(年間で9,600円)節約できます。(個人プランの場合)

月額 [円]
(現地通貨)
差額[円] 算出レート
日本 980
トルコ 148
(23.99リラ)
-832 1トルコリラ=8.2円(最新レート
アルゼンチン 156
(139ペソ)
-824 1アルゼンチンペソ=1.12円(最新レート
インド 179
(119ルピー)
-801 1ルピー=1.5円(最新レート

以下の画像は、トルコからSpotifyにアクセスしたときに表示される価格です。

Spotify:トルコで表示される価格

 

Microsoft365(旧Office365)

マイクロソフト365のトップページ

エクセルやパワーポイントを利用できるサブスクリプションサービス「Microsoft 365」もVPNで安く購入できるサービスです。

家庭向けのサブスクリプションである「Microsoft 365 Personal」の場合、インドで契約すると年間で約5,600円を節約できます

年額 [円]
(現地通貨)
差額[円] 算出レート
日本 12,984
インド 7,349
(4,899ルピー)
-5,635 1ルピー=1.5円(最新レート

以下の画像は、インドからアクセスした場合に表示されるMicrosoft 365 Personalの価格です。

Microsoft365のインドでの価格

 

節約に役立つおすすめVPN

サービスの代金を節約する際におすすめしたい2つのVPN、NordVPNExpressVPNを紹介します。

 

NordVPN:価格と汎用性を重視したい方向け

NordVPN ホームページ
価格 1ヶ月プラン:1,256円/月
1年プラン:517円/月
2年プラン:385円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 5,200台
サーバー設置国 60カ国
日本語対応 アプリやサポートは日本語、規約は英語
同時接続台数 6台

パナマに本社を置いたVPNサービスの会社で、サーバー数、サーバー設置国、通信速度、値段のバランスに優れたサービスです。

特に2年プランだと、他のサービスに比べて格安の月額料金で利用できます。

また、アプリの使い勝手がよいのも魅力です。

規約・契約は英語ですが、アプリの操作やダウンロード手順などの基本的なことにすべて日本語で対応しているので、日本人にとっては安心できます。

こんな人におすすめ

  • 価格を重視したい方

 ▼公式サイトから申し込む▼

NordVPN

\30日間返金保証あり/

NordVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

Nord VPN【メリット・デメリット】評判は?
NordVPN【メリット・デメリット】評判【2年プランの安さとアプリの利便性が魅力】 そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していま...

 

ExpressVPN:通信速度を重視したい方向け

ExpressVPNのトップページ
価格 1ヶ月プラン:1,425円/月
半年プラン:1,099円/月
1年プラン:915円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 3,000台
サーバー設置国 94カ国
日本語対応 アプリなどは日本語、サポートは英語
同時接続台数 5台

ExpressVPNは、私が使ってきた複数のVPNサービスの中でも、トップクラスの通信速度を誇っています。

また、サーバー設置国が94カ国と多いので、IPアドレスを様々な形で変える事ができるのも魅力です。

会員登録後は、アプリをダウンロードするだけで簡単に利用できるので、使い勝手の点でもおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 通信速度を重視したい方

▼公式サイトから申し込む▼

ExpressVPN

\30日間返金保証あり/

ExpressVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

ExpressVPN【メリット・デメリット】評判【通信速度が魅力のVPN】 「VPNサービスの比較・検討の中で、よく出てくるExpressVPNの評判について知りたい」 今回は、こんな要望を持つ方の...

 

まとめ

以上、VPNを使った節約術についての解説でした。

YouTube Premium 約12,000円/年の節約
Netflix 約9,600円/年の節約
Apple Music 約9,600円/年の節約
Spotify 約9,600円/年の節約
Microsoft 365 約5,600円/年の節約

サブスクサービスを安く使うのにおすすめのVPN

NordVPN:価格と通信速度のバランスを考えたい方におすすめ

ExpressVPN:通信速度を重視したい方におすすめ

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です