VPN

IPアドレスを隠して(変えて)インターネットに接続する方法

アドレスを隠して(変えて)インターネットに接続する方法

 

ネット上でのプライバシー保護を強化したい場合は、IPアドレスを変更するか、IPアドレスを非表示にするのがおすすめです。

なぜなら、IPアドレスは、アクセスしたWebサイトやサービスに対して、アクセスした人の現在地やその他の情報を明らかにするきっかけとなるからです。

このIPアドレスを隠せる(変える)手段が、VPNサービスです。

この記事では、VPNサービスがどのようにIPアドレスを隠せる(変えられる)のかを、おすすめのVPNサービスとあわせて解説していきます。

 

VPNがIPアドレスを変える仕組み

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワーク(Virtual Private Network)の略です。

VPNサービスを使うことで、専用サーバーを経由して、Webサイトやサービスにアクセスできるようになります。

言い換えると、VPNを通すことで、実際のアクセス元とは異なるサーバーからアクセスしているように装うことができると言う仕組みです。(装うと言っても、違法ではありません。)

例えば、グローバルで展開されているサービスでは、IPアドレスを使ってアクセスしている国を特定しています。

したがって、IPアドレスによって日本からのアクセスだと判断されると、Webサイト上には日本向けのコンテンツが表示されるようになっています。

その国向けのコンテンツを表示する仕組み

しかし、VPNを使ってアメリカのサーバーを経由してアクセスすると、アメリカからアクセスが来ていると判断されるので、Webサイト上にはアメリカ向けのコンテンツが表示されます。

VPNサーバーを通してアクセスした場合

でも、VPNサービス会社には、プライバシーがばれてしまうのでは?

こうした不安がある方は、ノーログポリシーを掲げているVPNサービスを利用すると更に安心ができます。

ノーログポリシーとは、VPNサービスにおいて利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどの記録(ログ)を保存しないという約束事です。

インターネットの主なログの種類は以下です。

  • 閲覧したウェブサイト
  • ダウンロードしたファイル
  • 使用したソフトウェア
  • 接続日と接続期間 ‥etc

このログを取られる事がないので、いつ、何をダウンロードしているのか、どのリソースからダウンロードしたのかを誰にも知られないのです。

そのポリシーは警察ですら発信者の特定を困難にするほどです。

関連記事:ログなしVPNは警察による発信者特定を難しくするのか

 

IPアドレスを隠す(変える)5つのメリット

IPアドレスを隠す(変える)メリットは、個人情報を守ることも含めて、以下5つがあります。

それぞれについて解説していきます。

  • フリーWI(パブリックWIFI)を安全に利用できる
  • 海外から日本のサービスにアクセスできる
  • 日本から海外のサービスにアクセスできる
  • YouTube PremiumやNetflix などのサービスを安く利用できる
  • 検閲と監視を回避できる

 

フリーWIFI(パブリックWIFI)を安全に利用できる

街中で使えるフリーWIFIは便利ですが、フリーWIFIを使ってネットサーフィンをしたり、買い物をしたりしているとセキュリティ上の問題がでてきます。

例えば、通信内容を覗き見られたり、最悪の場合は個人情報を抜き取られたりするケースがあります。

VPNを使うことで、端末とVPNサーバー間のデータ通信を全て暗号化できるので、外部からハッキングされる可能性が極めて小さくなるのです。

 

海外から日本のサービスにアクセスできる

海外に行くと日本のサービスが使えなくなるケースがよくあります。

例えば、メルカリは海外では使えませんし、NetflixやHuluなどは、著作権の関係で国によって配信内容が異なっているため、日本で楽しめるコンテンツが海外では楽しめないことがあります。

しかし、VPNを使うと海外からでも日本サービスにアクセスできるようになるのです。

海外にいるときに、VPNを使って日本のサーバーに接続すれば、海外に居ながらにして日本のサービスをそのまま利用できるようになるのです。

海外から日本のサイトにアクセスする方法【VPNを使えば解決】
【簡単】海外から日本のサイトにアクセスする方法【VPNを使えば解決】 日本で普通に生活していると実感しにくいネットのアクセス規制ですが、海外に出てみると「実はアクセスできない日本のサ...

 

日本から海外のサービスにアクセスできる

上記とは逆に、日本から海外のサービスにアクセスする際にもVPNは役立ちます。

例えば、その国でしか見られない動画コンテンツを見る際に、VPNを使ってその国のサーバーに繋げば、コンテンツを視聴できるようになります。

例えば、NetflixやアメリカのHBO MaxやParamount+や、中国のBili Biliといった動画コンテンツは日本からでは視聴できませんが、その国のサーバーに繋げば見られるようになります。

VPNで日本から海外のサイトを見る方法【VPNなら視聴制限も突破可能】
【解決策】VPNで日本から海外のサイトを見る方法【VPNなら視聴制限も突破可能】 海外のサイトの中には、日本からアクセスができないサイトや、日本からのアクセスによって視聴が制限されているコンテンツがあり...

 

YouTube PremiumやNetflix などのサービスを安く利用できる

VPNを使うと、YouTube PremiumやNetflixなどのサービスを安く利用できるようになります。

例えば、YouTubeを広告なしで視聴できるYouTube Premiumは、日本で利用すると1,180円/月かかります。

しかし、アルゼンチンやインドで利用すると月額200円以下になるのです。

VPNサービスを使うと、これらの国からYouTubeにアクセスできるので、YouTubeがその国の料金を提示してくれるようになるからです。

関連記事:【月200円以下】YouTube Premiumを安くする方法【VPNでアルゼンチンからアクセス】

YouTube PremiumやNetflixも含めて、VPNを使うことで安くできるサービスについて、以下の記事にまとめています。

【年1万円の節約も可能に】VPNを使って安くできるサービス
【年1万円の節約も可能に】VPNを使って安くできるサブスク5選 公共のフリーWIFIを頻繁に使う人にとっては、通信のプライバシーを保護し、IPアドレスを隠して(匿名)でインターネットを利用でき...

 

検閲と監視を回避できる

特に中国ではネット検閲が厳しく、中国から日本で使っているサービス(Line、Google、Facebook、Twitterなど)へアクセスができません。

しかし、VPNを使えば、中国滞在中でも、日本で使っているサービスをスマホやPCで使えるようになります。

中国などのネット検閲が厳しい国に長期で滞在するときは、VPNは必須とも言えるサービスになっています。

中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧【検証結果】
【2022年版】中国で使えるアプリと使えないアプリ一覧【検証結果】 中国は、ネット規制が厳しいことで有名で、日本で使えるサイトやアプリを中国では使えないケースが多数あります。 実際に中国に出...

 

おすすめのVPNサービス3選

個人で使えるVPNサービスを紹介します。

当サイトでは、ノーログポリシーを掲げる以下3つのサービスがおすすめです。

  • 価格と使い勝手を求めるなら ⇒ NordVPN
  • 通信速度を重要視したいなら ⇒ ExpressVPN
  • 日本語対応の安心感を求めるなら ⇒ Millen VPN

それぞれ詳細を見ていきましょう。

NordVPN:価格、使い勝手が魅力

NordVPN ホームページ
価格 1ヶ月プラン:1,256円/月
1年プラン:517円/月
2年プラン:385円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 5,200台
サーバー設置国 60カ国
日本語対応 アプリやサポートは日本語、規約は英語
同時接続台数 6台

パナマに本社を置いたVPNサービス会社で、ノーログポリシーに加え、サーバー数、サーバー設置国、通信速度、値段のバランスに優れたVPNサービスです。

NordVPN ノーログポリシー

特に2年プランだと、他社と比べて月額料金を格安にして利用が可能です。

NordVPNはPCでもスマホでも、専用アプリをダウンロードしてIDとパスワードを入れるだけで使えるので、使い勝手も大変よいです

▼公式サイトから申し込む▼

NordVPN

\30日間返金保証あり/

NordVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

Nord VPN【メリット・デメリット】評判は?
NordVPN【メリット・デメリット】評判【2年プランの安さとアプリの利便性が魅力】 そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していま...

ExpressVPN:通信速度が魅力

ExpressVPNのトップページ
価格 1ヶ月プラン:1,425円/月
半年プラン:1,099円/月
1年プラン:915円/月
※当サイトクーポンで30%引き
無料お試し・返金保証期間 30日間
サーバー台数 3,000台
サーバー設置国 94カ国
日本語対応 アプリなどは日本語、サポートは英語
同時接続台数 5台

英領バージン諸島に本社を置いたVPNサービス会社で、ノーログポリシーに加え、通信速度に優れ、サーバー設置国のバリエーションが豊かなVPNサービスです。

Explessvpn-ノーログポリシー

私が使ってきた複数のVPNサービスの中でも、通信速度はトップクラスを誇っています。

アプリをダウンロードするだけで、簡単に利用できるので、使い勝手の点でもNordVPNとには劣りません。

▼公式サイトから申し込む▼

ExpressVPN

\30日間返金保証あり/

ExpressVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

ExpressVPN【メリット・デメリット】評判【通信速度が魅力のVPN】 「VPNサービスの比較・検討の中で、よく出てくるExpressVPNの評判について知りたい」 今回は、こんな要望を持つ方の...

MillenVPN:日本語対応の安心感が魅力

MillenVPN ホームページ
価格 1ヶ月プラン:1,628円/月
1年プラン:1,078円/月
3年プラン:968円/月
無料お試し・返金保証期間 30日間(1、3年プランのみ)
サーバー台数 1,300台
サーバー設置国 50カ国
日本語対応
同時接続台数 5台

日本の企業が提供しているVPNサービスで、ノーログポリシーに加え、契約・規約、操作マニュアルやサポートは全て日本語で対応してくれるVPNサービスです。

MillenVPN ノーログポリシー

料金は、NordVPNやExpressVPNに比べて割高となりますが、すべて日本語で対応してくれるので、サポートの安心感が欲しい人にはおすすめです。

▼公式サイトから申し込む▼

Millen VPN

\30日間返金保証あり/

MillenVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

MillenVPN メリット・デメリット
Millen VPN(ミレンVPN)【メリット・デメリット】評判【日本発サーバー数の多さとノーログポリシーが魅力】 そんなときに、便利なサービスがVPNサービスです。 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開していま...

 

VPNを使ってIPアドレスを変更する方法

VPNを使ってIPアドレスを変更する手順は以下です。

  1. VPNサービスにログインする
  2. VPNに接続したまま、各サイトにアクセスする

VPNへの接続が切れると、IPアドレスが切替わってしまう(インターネットプロバイダに戻ってしまう)ので、注意しましょう。

実際に、NordVPNを使って、IPアドレスが変わる様子を見てましょう。

以下の情報は、VPNを使う前のIPアドレスです。

日本からアクセスしたときのIPアドレス

ダウンロードしたNordVPNアプリを開き、ログインします。

NordVPNログイン画面

ログイン完了後、サーバー選択画面で、「Turkey(トルコ)」を検索し、選択して接続します。

NordVPNでニュージーランドに接続する

トルコにつなぐと、以下のようにIPアドレスがトルコとして表示されるようになります。

VPNを使ってトルコのIPアドレスを表示させた状態

このようにVPNは、IPアドレスを隠す(変える)のに役立つことがわかります。

 

まとめ

以上、IPアドレスを隠して(変えて)インターネットに接続する方法の解説でした。

  • ネット上でのプライバシー保護を強化したい場合は、VPNサービスを使って、IPアドレスを隠す(変える)のがよい。
  • Pアドレスを隠す(変える)メリットとして、「フリーWI(パブリックWIFI)を安全に利用できる」「海外から日本のサービスにアクセスできる」「日本から海外のサービスにアクセスできる」「YouTube PremiunやNetflix などを安く利用できる」「検閲と監視を回避できる」と言ったことが挙げられる。
  • VPNサービスの中でも、ノーログポリシーを掲げているサービスを使うと更に安心できる。「価格と使い勝手を求めるなら:NordVPN」「通信速度を重要視したいなら:ExpressVPN」「日本語対応の安心感を求めるなら:Millen VPN」がおすすめ。
  • VPNを使ってIPアドレスを変更する場合は、VPNへの接続が切れると、IPアドレスが切替わってしまう(インターネットプロバイダに戻ってしまう)ので、注意が必要。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です