Webデザイン

TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ【徹底調査】

テックアカデミー メリット・デメリットは?

 

オンライン完結型のWeb・IT系のスクールの最大手がTech Academy(テックアカデミー)です。

テックアカデミーを検討しているけど、転職や独立につながるスキルアップができるのだろうか?

この記事では、こんな疑問を持っている人に向けて、テックアカデミーのメリット・デメリット、口コミや評判を解説していきます。

 

テックアカデミーとは?

テックアカデミー ホームページ

テックアカデミーは、キラメックス株式会社が運営する、Web・IT系のスキル習得のためのオンラインスクールです。

会社の設立は2009年で、Web・IT系のスクールの中では老舗の部類に入ります。

テックアカデミーのコース

テックアカデミーには、プログラミングをはじめ、アプリ開発、Webデザインなど多種多様なコースがあります。

テックアカデミー コース一覧

それぞれのコースには、それぞれの学習期間と価格が設定されています。

標準価格は、以下のようになっています。

  • 4週間:174,900円
  • 8週間:229,900円
  • 12週間:284,900円
  • 16週間:339,900円

(税込、コースによって学生割引あり)

受講期間が異なってもカリキュラムは同じで、異なるのはメンタリングや、チャットサポートの期間です。

したがって、詰め込んで短期間でやりたいという方は4週間コースで十分ですし、メンターに相談しながらじっくり学びたいという方には16週間コースが適しています。

いずれのコースも、分割払いに対応しています。

主なコースと、価格は以下のとおりです。

コース価格(税込)
はじめての副業コース標準価格と同じ
エンジニア転職保証コース16週間:437,800円
Webアプリケーションコース標準価格と同じ
PHP/Laravelコース標準価格と同じ
フロントエンドコース標準価格と同じ
Javaコース標準価格と同じ
iPhoneアプリコース標準価格と同じ
Androidアプリコース標準価格と同じ
Webデザインコース標準価格と同じ
UI/UXデザインコース標準価格と同じ(16週間コースはなし)
WordPressコース標準価格と同じ
Pythonコース標準価格と同じ
AI(人工知能)コース標準価格と同じ
データサイエンスコース標準価格と同じ
Unityコース標準価格と同じ
Webマーケティングコース標準価格と同じ
はじめてのDXコース料金不明
はじめてのプログラミングコース標準価格と同じ

この他に、上記コースを複数組み合わせたセットコースもあります。

2022年6月から動画編集コースは、同会社が運営するMOOCRES(ムークリ)の講座に集約されました。

 

テックアカデミーのメリット・デメリット

テックアカデミーのメリット・デメリットを解説していきます。

 

テックアカデミーのメリット

テックアカデミーのメリットは、以下3つです。

  • スクール型の中では価格が安い
  • 教育訓練給付金の対象コースがある
  • メンタリングとチャットサポートが手厚い
  • 働きながら受講しやすい

それぞれ詳細を見ていきましょう。

スクール型の中では価格が安い

Web・IT系のスキル習得のオンライン講座には、決められた期間学習する”スクール型”と講座を買ったらある程度自分のペースで勉強できる”講座買い切り型”があります。

テックアカデミーは、スクール型になりますが、スクール型の中では価格が安いことが特徴です。

実際に、主要スクールのWebマーケティング講座と動画編集講座の価格と受講期間をマッピングしたのが以下の図となります。(2022年1月時点)

テックアカデミー価格比較

教育訓練給付金の対象コースがある

2020年10月から一部のコースが教育訓練支援給付金の対象となりました。

条件があえば、受講料金の50~70%が返金されることになります。

対象コースは以下のとおりです。

AI(人工知能)コース
8週間プラン 199,000円(税別)
12週間プラン 249,000円(税別)
16週間プラン 299,000円(税別)

データサイエンスコース
8週間プラン 199,000円(税別)
12週間プラン 249,000円(税別)
16週間プラン 299,000円(税別)

Python+AIセット
8週間プラン 268,000円(税別)
12週間プラン 308,000円(税別)
16週間プラン 348,000円(税別)
24週間プラン 438,000円(税別)

Python+データサイエンスセット
8週間プラン 268,000円(税別)
12週間プラン 308,000円(税別)
16週間プラン 348,000円(税別)
24週間プラン 438,000円(税別)

Python+AI+データサイエンスセット
479,000円(税別)

テックアカデミーの運営会社キラメックスのリリースより引用

メンタリングとチャットサポートが手厚い

テックアカデミーでは、各受講生に1人の専属メンター(パーソナルメンター)がつきます。

パーソナルメンターとは、週に2回、1回25分のメンタリングがあり、わからない点は、業務への生かし方などを相談できます。

また、毎日15時〜23時の間は常時オンラインで質問を受ける、チャットサポートがあります。

他のスクールでも、メンタリングやチャットなどのサポートはありますが、テックアカデミーは受講期間中のメンタリングやチャットサポートの頻度が他に比べて高いのが特徴です。

その結果、受講生からは手厚いサポートだという評価になっています。

働きながら受講しやすい

学習は各自のペースで進めていき、週2回のメンタリングだけ事前に予定を決める形なので、働きながらでも学習しやすい形になっています。

メンターも副業で講師をやっていて、平日夜にメンタリングすることも多く、昼間に仕事をしている受講生にとっては好都合です。

テックアカデミーのデメリット

テックアカデミーのデメリットは、以下2つです。

  • チャットサポートの対応時間に限りがある
  • わからないことは自力で解決する努力が必要になる

それぞれ詳細を見ていきましょう。

チャットの対応時間に限りがある

手厚いチャットサポートが売りのテックアカデミーですが、そのチャットサポートは残念ながら24時間ではありません。

講座によって異なりますが、15時~23時など時間が限られているので、困ったことや悩んでいることがあるなら、その時間に集中的に質問をする必要があります。

事前にわかっていて準備ができれば、十分に克服できるデメリットと言えるでしょう。

わからないことは自力で解決する努力が必要になる

サポートが充実しているからといって何でもかんでも聞いて解決できるわけではありません。

むしろ、受講生の考える力を養ってもらえるように、質問をされても懇切丁寧に答えを教えてくれるわけではありません。

メンターから与えられるヒントを元に、わからないことを自力で解決する努力が必要になります。

テックアカデミーには1週間の料体験があるので、使ってみて判断するのも良いでしょう。

テックアカデミー はじめての方へ

\無料体験実施中/

テックアカデミー 公式サイトへ

 

テックアカデミーの口コミ・評判

テックアカデミーの口コミ・評判です。

口コミ・評判1:未経験からWebマーケティングでキャリアチェンジできた

口コミ・評判2:初心者が自社開発のプログラミングをできるようになった

口コミ・評判3:Web制作会社やアカウントプランナーに転職できた

口コミ・評判4:チャットでの質問がすぐに返ってくる

口コミ・評判5:講師によっては当たりはずれがある

\無料体験実施中/

テックアカデミー 公式サイトへ

 

テックアカデミーがおすすめの人

テックアカデミーは、以下の人におすすめです。

  • 講座買い切り型ではなくスクール型で手厚くサポートしてもらいたい人
  • 自分1人で勉強しているとすぐに挫折してしまう人
  • 学習する時間を自由に決めたい人
  • 豊富な実績のあるスクールで学びたい人

 

テックアカデミーの無料メンター相談

ここからは、テックアカデミーのメンター相談について解説していきます。

無料メンター相談への申込方法【5分で完了】

テックアカデミーの公式ホームページにアクセスして、トップページの「無料体験」、または、右上の「無料体験」をクリックします。

テックアカデミー無料体験申し込み

無料体験のページが表示されるので、「氏名」「氏名(カナ)」「メールアドレス」を入力して、「勉強を始める(無料)」クリックします。

テックアカデミー無料体験申し込み

必要事項を入力して「勉強を始める(無料)」のボタンを押すと、以下の画面になります。

テックアカデミー無料体験申し込み

同時に入力したメールアドレス宛に、TechAcademyからログイン情報が記載されたメールが届きます。

テックアカデミー登録情報のメール

先ほどのガイダンスを閉じると、無料メンター相談を選べるようになります。

「日時のみで申請する」、「担当メンターを選んで申請する」、「メンターの担当職種を選んで申請する」から選択してメンター相談の日時を決定します。

以下の画面は、「日時のみで申請する」を選択した場合です。

テックアカデミー無料メンター相談申し込み

以下の画面は、「メンターの担当職種を選んで申請する」を選択した場合です。

テックアカデミー無料メンター相談申し込み

自分の磨きたいスキルに合わせて、メンター相談の申し込みをしましょう。

職種・日時を選択したら、以下のように「電話番号」、「興味のあるコース」、「学習の目的」、「希望するメンタリングスタイル」、「メンターへの質問」を入力する画面になります。

TechAcademy無料メンタリングの申し込み

入力して「申請する」を押すと、申請完了。

あとは1分間の簡単アンケートに答えて終了です。

 

実際に無料メンター相談を受けた結果

私が実際にメンタリングを受けた感想は、以下のとおりです。

  1. 質問に対して丁寧に答えてくれる
  2. カリキュラムの中でできることと、できないことを明確に話をしてくれる
  3. 他社と比較して、客観的にTechAcademyの良し悪しを教えてくれる

2番目、3番目は重要で、「TechAcademyでは、副業として仕事をとってこれるレベルの知識とスキルにはなるものの、実務面を手取り足取りフォローする部分は弱い」とはっきりデメリットを伝えてくれたところも好感が持てました。

受講生が、カリキュラムのミスマッチを起こして、不幸な結果にならないように努めていることがよくわかりました。

「自分はどのように学習を進めればよいかわからない」

と悩んでいる方は、まずはメンターに相談をしてみましょう。

\無料体験実施中/

テックアカデミー 公式サイトへ

 

無料体験でできること

申込みから1週間の間は、オンライン教材・メンターによるサポート等の学習システムを無料で体験できます。

実際に、アカウント登録後にログインしたマイページ上で学習方法を理解したり、サンプルテキストを読んだりすることができます。

TechAcademyの無料体験

カリキュラムを読むを選択すると、以下のようにサンプルテキストを読めます。

TechAcademyの無料体験用のテキスト

このようにメンタリングやチャット、テキストの雰囲気などを体験することで、TechAcademyが本当に自分に合ったスクールなのか?を判断できるようになっています。

 

まとめ

以上、テックアカデミーのメリット・デメリットや口コミ・評判の解説でした。

  • テックアカデミーのメリットとして、スクール型の中では価格が安いこと、教育訓練給付金の対象コースがあること、メンタリングとチャットサポートが手厚いことが挙げられる。
  • 一方でデメリットとしては、チャットサポートの対応時間に限りがあること、わからないことは自力で解決する努力が必要になることが挙げられる。1週間の無料体験があるので、使ってみて判断するのも良い。
  • テックアカデミーは、講座買い切り型ではなくスクール型で手厚くサポートしてもらいたい人、自分1人で勉強しているとすぐに挫折してしまう人、豊富な実績のあるスクールで学びたい人におすすめである。

\無料体験実施中/

テックアカデミー 公式サイトへ